タグ:スカーレット・ヨハンソン ( 2 ) タグの人気記事

ちょっと前に観て日記を書きそびれていた歴史もの2本。

まずは「ブーリン家の姉妹」

出演がナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンという事で、それだけでこれはもう観るしかないでしょ。

ナタリー・ポートマン演じる姉アンは「黒髪、色黒、小柄、やせ形」で、スカーレット・ヨハンソン演じる妹メアリーは「金髪、色白、豊満」だったそうだ。
うーん、的を射たキャスティングだ。

賢いが自己中心的なアン、姉に裏切られながらも母親同様家族愛を忘れないメアリー。
ナタリー・ポートマンはキツい顔立ちで、スカーレット・ヨハンソンはいつもでは考えられないくらい地味だ。
メイクの効果もあると思うが(眉毛って重要だ)、二人の演技力も光っている。

史実がどうであったかわからないが、Wikiによるとヘンリー8世は姉妹の母エリザベス・ハワードにも手をつけていた可能性があるらしい。
その後姉妹の従兄弟とも結婚している。
ブーリン家って、よっぽど美しい一族だったのかもしれない。
歴史的に言えば、お市の方と淀君もそうだったかもしれないし、あるいは三国志の大喬、小喬あたりもか。

ヘンリー8世の「ご活躍」は、ローマ教会と決別し、結果的にプロテスタント革命の後を推すことになった、くらいしか歴史認識はなかった。
だからエリザベス1世のお母さんに姉妹がいて、まるで「真珠婦人」か「ボタバラ」みたいなドロドロの愛憎劇が繰り広げられていたなんてまったく知らなかった。
処刑されたのも最初の王女キャサリンかと思っていたけど、アンの方だったしね。
まったくの記憶違いだ。
その後もヘンリー8世がとっかえひっかえ妃を変えてる事も知らなかったし、ヘンリー8世のあとすぐエリザベス1世が戴冠したと思っていたが、その間に王と女王が一人ずついた事も知らなかった(「ブラッディ・メアリー」の名前は知ってたけど)。
社会科の教師の免許を持っているのに情けない。
ただメアリーの存在自体は、この原作が発表されるまでイギリス人にもほとんど知られていなかったらしいけどね。

ストーリーは、このブーリン家の姉妹とテューダー朝ヘンリー8世の愛憎劇だ。
原作者が史実をいい意味でメロドラマに仕上げており、見ごたえがある。
衣装をはじめとした、当時の宮廷内や世俗をきちんと再現しており、歴史好きにもオススメできる。


続いて「レッドクリフ PartI」

こちらはもっと情けない。
「三国志」はまともに勉強したことがないので、知識の源は横山光輝の「三国志」と片山まさゆきの「スイート三国志」のみだ。
どちらもマンガ。
しかも横山版は後輩から借りて読んだので、記憶がかなり曖昧(あんな60巻もある作品、一度読んで全部記憶などできるわけない)。
なのでほとんどが、片ちんの「スイート三国志」で覚えた記憶である。
でもこの漫画、なかなかツボを突いているんだけどね。

それはそれとして、やはり横山版の影響で「三国志」と言えば「黄巾族の乱」と「桃園の誓い」から始まり、イメージとしては劉備が主役と思いがちだが、今回は「赤壁の戦い」という事で劉備は脇役。
出番は冒頭の長坂で曹操にコテンパンにやられるシーンと、途中で孫権の妹に手厳しく打ちのめされるくらい(劉備に非はないんだけど)。
メインは、曹操vs孫権&周瑜&魯粛と言う図式だ。

曹操が赤壁の対岸に大軍で押し寄せるまでで、PartIは終了。

この後PartIIでは諸葛亮とほう統の謀略合戦が続いて、曹操が人生最大の敗戦を経験するんだろうけど、どこまで描くのかもちょっと興味がある。
関羽が曹操に恩を受けたというくだりがなかったから、退却の時に見逃すシーンまで入れるかどうかだね。

先の話は置いておくとして、今回の作品も見どころ満載だ。
特に注目は戦闘シーン。
「亀甲の陣」という古来からの戦法が使われるのだが、この戦法が戦においてどのような効力を発揮するかがよくわかった。

日本の戦国モノでもよく、「鶴翼の陣」だの「魚鱗の陣」だのよく聞くけど「そんなもの適当に横から突っ込まれたら意味ねーんじゃねーの?」と今までは思っていた。
しかし陣形にはそれなりの意味がある事が、この映画を観るとわかる。
その部分だけでも、この映画を観る意味がある。

それとちょっと興味が沸いたのが、曹操が劉備に追い打ちをかけずに呉に進軍した理由。

いろいろな理由はあるんだけど、そのうちの一つが、曹操が周瑜の妻小喬を狙っていた事。
まあ、三国志もいろいろな諸説があったりさまざまな物語としてドラマチックなエピソードが付け加えたりされているので、どこまで本当かわからないけどね。
ただ映画の小喬の美しさは際立っており、曹操が彼女を狙ったという設定も非常に説得力がある。
この小喬の美しさだけでもまた、この映画を観る意味がある(かもしれない)。


いやいや、どちらの作品もいろいろと勉強になって、映画としても満足させていただきました。


118.ブーリン家の姉妹
119.レッドクリフ PartI
[PR]
就職に失敗したアニーは偶然ナニーの職に就くが、金融業界への就職を強く希望していた母にその事実を告げられない。
雇い主はN.Y.のアッパー・イーストに住む超セレブ家族だが、父親は仕事と愛人に夢中、母親は社交活動に忙しく、子どもの面倒をまったくみない。
親の愛情を受けられない息子グレイヤーは当然、アニーになつく事もなかった。
挙句の果てに母親は、アニーを奴隷のように24時間拘束し、友人と会う時間さえままならない。

しかし、それでもアニーは頑張る。
本音で接する事によりグレイヤーの信頼を勝ち取り、ちょっぴりではあるが、隣家のセレブ学生と禁止されている恋愛さえしてしまう。
恋人からはナニーを辞める事も勧められるが、グレイヤーが心配な彼女は、決して仕事を放り出そうとはしなかった。

だがアニーの頑張りもむなしく、夫婦仲のこじれで逆ギレした母親から一方的に解雇されてしまうアニー。
別れは突然で、グレイヤーにお別れさえ言う暇もなかった。
グレイヤーのためにすべての不満を我慢していた彼女だが、ついに怒りが爆発! 彼女は子供部屋のクマに向かって、思いのたけをブチまけるのであった。

普段だったらこのテの映画はまず観ないのだが、観に行った理由はもちろんスカーレット・ヨハンソンが出ているから。

うーん、色っぽい。

個人的には好きなジャンルではないが、OLにはウケそうな感じ。

「ああ、こんなはずじゃなかったのに…」
「もっと自分にあった仕事が、他にあるのでは…」

現代に生きる女性なら、誰もが感じている仕事や人間関係へのストレス。
ともすればブチ切れそうになるのを必死に堪えるアニーの姿を見ると、なんとなく自分も元気になれそうだ。

スカーレット・ヨハンソンはやっぱりいいなぁ。
ナタリー・ポートマンと姉妹役の「ブーリン家の姉妹」も観に行こうっと!


106.私がクマにキレた理由(わけ)
[PR]