タグ:カネヒキリ ( 2 ) タグの人気記事

今年最初のG1フェブラリーS。

先々週まで本命にしようと思っていたダイワスカーレットが引退してしまった・・・。
最初のG1でいきなり出鼻を挫かれたが、気を取り直して予想を。

ダイワスカーレットが出走しないのなら、JCDからほぼ同じメンバーと言える。
おそらく今の力関係なら、何回走ってもカネヒキリとヴァーミリアンの一騎撃ちだ。
そしてどちらかと言えば、やはりカネヒキリ方が上か。

この2頭に割って入りそうなのは、2頭と同じくこのレースを勝ったことがあるサンライズバッカスか。
この3年間は同期のこの3頭が順番に勝っている事を考えると、この世代の強さが際立つ。
しかしJCDは4着と頑張ったものの、その後急激に調子を上げているようには見えない。
しかも今回は内枠に入った。
カネヒキリはさらに内枠だが、力関係を考えるとやや割り引きが必要か。

カジノドライヴとサクセスブロッケンは、現段階では勝負付けが済んだと見る。
そうなると注目は、2頭とはまだあたっていない新興勢力だ。

その中で上位に取りたいのが、今週の追い切りで動いた2頭。
まずエスポワールシチー。
ダートに主戦場を移してからは、4連勝して前走が2着。
血統もゴールドアリュール×ブライアンズタイムで魅力がある。

もう1頭はフェラーリピサ。
ここに来て本格化し、前走は休み明けで顔面神経痛の不安が残るも快勝。
場合によっては勝ち負けまであるかもしれない。


◎カネヒキリ
○ヴァ―ミリアン
▲エスポワールシチー
△フェラーリピサ

馬券は◎○を1着固定のフォーメーション12点。

それに加えて◎から「またまた川田ぁ~!」のアドマイヤスバルと、「俺だって7歳馬」のオフィサーの馬連2点まで押さえる。
[PR]
競馬ファンにとっては、オーラスのオーラスG1、東京大賞典だ。
ほぼJCダートの再戦と考えていいだろう。

しかし中央のダートと大井のダートでは、砂の重さが異なる。
カネヒキリはおよそ30か月前に帝王賞を2着しているが、はたして今回対応できるだろうか。
また、鞍上のルメールが大井のダートの重さをどこまで認識しているだろうか。

そこで本命は、サクセスブロッケンにする。
JCダートは直線失速したが、中間も順調だ。
夏のJDDを制しており、大井の砂の対応もOK。
そして、鞍上を横山典からウチパクにスイッチした事に、陣営の本気度がうかがえる。
今回は人気も落としそうなので、楽に逃げることができるだろう。

対抗はヴァーミリアン。
ここ数年、JCダートと帝王賞を連覇したのは、唯一この馬だけ。
武豊が騎乗した時の成績は9.3.0.1で、連帯率.923、勝率も.692、唯一の着外はなんとドバイワールドCだけだ。
安定性から考えも、対抗以下には落とせない。

三番手はカネヒキリ。
カギは地方の砂に対応できるかどうかだけ。

以下、地元の利があるフリオーソまで。

◎サクセスブロッケン
○ヴァーミリアン
▲カネヒキリ
×フリオーソ


◎から馬連3点流しで、本年最後の勝負!
[PR]