先週の秋華賞に比べて非常に難解な菊花賞。
牝馬にダービーを取られたドングリたちの背比べレースだ。

その中で注目は4連勝中のロックドゥカンブ。
南半球生まれでデビューも遅く、春シーズンは間に合わなかった。
秋を目標に乗り込まれ、4連勝で駒を進めてきた。
斤量も他馬より2kg恵まれている。

しかし戦後無敗で菊花賞を制したのは、シンボリルドルフとディープインパクトしかいない。
セントライト記念は完勝だったが、ダービー6着のゴールデンダリアまで切り捨てた感はなく、上記2頭のレベルではないと見て評価を下げる。

本命は迷ったが、ダービー2着のアサクサキングス。
宝塚記念は古馬相手に惨敗しているが、前走の神戸新聞杯もドリームジャーニーの鬼脚がなければ勝っていたレースだ。
ここ数年の菊花賞は、ペースにかかわらず先行馬が前残るケースが多く、今年もノリ鞍上のホクトスルタンをはじめ、先行馬が緩みのないペースを作るだろう。
ヴィクトリーあたりがかかって飛び出しとんでもないハイペースになった時の不安は残るが、平均やや早めのペースなら、直線この馬が残る展開が予想される。

対抗はアルナスライン。
京成杯でサンツェッペリンの後塵を拝しているが、その後のすみれSでベッラレイアを完封。
故障で春シーズンを棒に振ったが、「この世代は低レベル」と言われる中、前走の京都大賞典では歴戦の古馬を相手に3着と好走。
今週の追い切りも絶好の動きで、アサクサとどちらを本命にするかかなり迷った。

三番手はヴィクトリー。
皐月賞の予想でも書いたが、この馬はまともに走ればかなり強い馬だ。
今回はしっかり追い切れて、春当時からの精神的成長も見られたのだが、いかんせん坂を2回登り降りする京都の3000m、我慢がきくかどうかは微妙なので三番手評価にした。

2番人気になっているドリームジャーニーも怖い。
先週、ベッラレイアの4角最後方で直線届かずの武豊だが、今週はどう乗るか。
そもそもドリームは、道中で脚を使うと直線の切れが鈍るタイプ。
前走同様、直線の長い外回りならギリギリまで追い出しのタイミングを遅くしたいが、名手といえども先週のことがあったうえで、どこまで我慢ができるか。
一応は押えるものの、評価は4番手。

そのほかでは、ハマった時の末脚鋭いヒラボクロイヤルとフサイチホウオー、距離に不安あるも侮れないサンツェッペリン、京都コースに実績があり調教動いたタスカータソルテ、この舞台で実力を見せつけそうなホクトスルタンまで。

◎アサクサキングス
○アルナスライン
▲ヴィクトリー
△ドリームジャーニー
△ロックドゥカンブ
×ヒラボクロイヤル
×フサイチホウオー
×サンツェッペリン
×タスカータソルテ
×ホクトスルタン

◎○の馬単裏表と、先週3連複なら取っていたので、◎○固定でそのほかの馬への3連複8点、◎○1-2着固定でそのほかの馬への3連単16点。
手広くなったが、配当に妙味があるので薄目で勝負する。
[PR]
金曜日、「交渉人 真下正義」と「おもひでぽろぽろ」どちらを録画予約するか迷った。
「交渉人」は「踊る」シリーズの中でも群を抜いて面白いが、劇場で観て昨年のTV放送も観たので「おもひでぽろぽろ」にした。

そもそもなんでこの時期に「おもひでぽろぽろ」なのかと思いきや、来月公開される「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のプロモだった。
どちらも高度成長期前後の話をモチーフにしている。

ただ以前日記にも書いたが、「ALWAYS 三丁目の夕日」は当時の世相や風景を強引に繋ぎ合わせた感が強く、非常に興醒めした。
一番興醒めしたのが、夏休みの登校日の話。
昼食後、昼寝をしないとおやつをあげないといわれ、暑い中無理やり昼寝をしようとしている時、その日が夏休みの登校日である事に気付いて慌てて学校に行く。
それが何時なんだか知らないが、他の子供たちはまだ平然と学校にいる。
たしかに、夏休みの登校日を忘れるヤツは稀にいたが、そもそも夏休みの登校日に給食があるわけないので、基本的には学校は午前中で終わる。
午後からそれに気づいても、普通ならもう遅いからと学校なんかに行くわけがない。
そして旅行中で休む子どもも結構いたので、たとえ欠席しても誰からも何も言われなかった。

また、夜遅く子ども二人で町をフラフラしているのに、周りの大人が誰も声を掛けない。
私の子供時代はその10年後くらいであったが、その当時でさえ日が暮れて子供だけで歩いていると、周りの大人からはかなり注目されたものだ。

当時の世相を断片的に無理にツギハギしたようで、残念ながらストーリーに引き込まれることはなかった。

一方、「おもひでぽろぽろ」は、当時の子供の気持ちをかなり的確に表現している。
特によかったのが、お姉ちゃんのエナメルバックを借りるシーン。
買い言葉で思わず「いらない!」と言ったものの、本当はどうしても貸して欲しくて、「お食事」に出かける時にグズって家族を困らせる。
第一子以外の人なら、少なからず同じような経験を必ずしている事だろう。
無理に世相全体を俯瞰しようとせず、あくまで子どもの視点のみで捉えているから、素直に共感できるのだ。

さてこの作品、公開されたのが1991年で、「現在」の設定は1982年。
高度経済成長期を振り返るのはもちろん、今観ると「現在」である1982年が振り返れて面白い。
東北新幹線はこの年に開業しているものの、出発点は大宮駅。
タエ子が出発する上野駅はまだ古いままで、横に何列も長く広がったホームに、常磐線方面、東北方面、上信越方面に向かう列車が何台も止まっていた頃だ。
ホームの頭上には列車ごとに車両の札が下がっていて、自由席であれば、何時間も前から順番待ちで座っている人の列ができた。
小学生の夏休み、父親の実家一ノ関に行くために何度も夜行電車に乗ったが、指定席が取れなかったときは冷凍ミカンを食べながら家族で並んだものだ。

ところでどうでもいい話だが、アニメの声だけとは言え、「交渉人」にも出演してる柳葉敏郎はダブルブッキング扱いにならないのだろうか・・・。


102.おもひでぽろぽろ(再)
[PR]
会社のメールアドレスをいくつか管理しているが、どれもサイト上で公開しているのでスパムメールが異常に多い。
ちなみに水曜の午後から1日半の間で、転送されてきたスパムメールが150~160件くらい。
仕事のメールは50件程度なので、だいたい3倍以上。

これ以外にも、自動フィルタ設定で転送されてこないメールが、多いアドレスで2週間で1300件、少ないアドレスでも200件くらい溜まっている。

だが以前にも日記に書いた事があるが、この大量スパムの中でも、なかなか面白いものがある。

似たような転送設定のため、同じようにスパムで迷惑している同僚のザル・アターマさん、ぬかみそさんと、面白いスパムの批評を行う事があるが、最近面白かったのがこれ。

-------------------------------------------
From: 加藤 事務所
Sent: 2007年10月16日 3:30:01
To:
Subject: 先週一週間のご報告致します。

先週一週間、若奥様がご自宅で浮気をしている様子は有りませんでした。
どうやら、ご自分で自慰行為しているみたいです。
その様子を、こちらにUPしております。
http://www.********.com/

今週は如何しますか?
-------------------------------------------


ちなみに、宛先アドレスとくっついていた出会い系サイトのURLは伏せた。

送り主の名前と簡潔な内容がなかなかいい。
タイトルだけ見ても、そのままゴミ箱ではなくいったんは開いてしまう、もちろん先方のサイトは開かないけど。


続いて今日話題になったのがコレ

-------------------------------------------
From: Manqu Qhapaq
Sent: 2007年10月19日 4:56:26
To:
Subject: インカ帝国より愛をこめて

13世紀にケチュア族の生み出した
インカ文明最高傑作の性交スタイルが今ここに!

↓詳しくはこちら↓

http://www.********.com/

近親相姦によって生まれた一族による世襲政治。
宗教観から、広く交雑する事で、「皇族」の血筋が汚されると考えたためである。
-------------------------------------------


パッと見もなかなか面白いが、よくよく見ると送り主が「Manqu Qhapaq」だ!

そう、この名前、見覚えのある人もいるだろう。
かつて「INCA」というMacintosh用のゲームがアメリカで流行ったのだが、その時に登場したのがインカ帝国の伝説の王「Manqu Qhapaq」だ。
そして当時、この「Manqu Qhapaq」を日本語でどう表現したらよいか、非常に困ったものだ。
「Manqu Qhapaq」を別表記にすると、どうやら「Manco Capac」となるらしい。
これで何が困ったかおわかりだろう。

よりによって、後ろに付くのが「カパック」だもんね。
インパクトで言えば、熊本県の「ボボ・ブラジル」の上を行くだろう。
結局どうしたかというと、カタカナ表記でそのまま活字にしちゃったんだけどね。
面白そうなんで、ちょっと確信犯的に(^_^;;


それはそれとして、この2通のスパムメール、ドメインが一緒なんでおそらく考えた人は同じだろう。
センスもいいし、それなりに学のある人が考えていると思われる。

ザル・アターマさん、ぬかみそさんといつも話しているのは、こんなところで才能の無駄遣いしないで、もっと活躍できるフィールドがあるんじゃないかという事。
なんだったら、ウチの会社に来てもらってもいいかもしれない。
[PR]
昨日はとんでもなく忙しい中、グループ本社ビルにて午後一杯、メンタルヘルス・マネジメントの講習を受ける。
そこでわかったこと。
メンタルヘルスが必要なのは自分自身だという事。

それはさておき、たびたび私の日記にも登場する隣に座っている大食君(仮名)と、しゃぶしゃぶを食べ放題に行く約束をしていたので、夕方会社に戻った。
ちなみに行ったお店はここ↓
http://www.gyuzen.com/kanda/index.html

味も良かったし、神田店はできたばかりでなかなか綺麗だった。

本来は19時には会社を出る予定だったのだが、お互いいろいろと立て込んで21時近くになる。

その時見たニュースがコレ↓、「すき家」の「メガ牛丼」。

すき家「メガ牛丼」を販売 牛肉が通常の3倍

http://www.zensho.com/


大食君(仮名)に「今度は『メガ牛丼』だってさ」と告げると、案の定食いついてきた。

「おおおおおおっ! コレ、いいッスねー! 今日しゃぶしゃぶじゃなくて、コレにしましょうか?」

俺は牛丼食うために、わざわざ会社に戻って来たわけじゃないっつーの!
[PR]
気になるオニギリ、と言っても芸人の「おにぎり」ではない。

今朝は朝7時に出社して仕事開始、なので朝食は途中でオニギリを買って、食べながら仕事をする事にした。

そこれで見つけたのが画像のオニギリ。

a0003588_1933026.jpg


包装パッケージまで、そろえているところがポイント。

思わず買いたくなったが、さすがに朝からラーメン味のオニギリというのはヘビーなのでやめにした。

でも覚えておいて、近いうちに試してみよう。

ちなみにコンビにはファミマだった。
[PR]
今月に入ってまだ一度も映画を観に行ってない・・・。
だからというわけではないが、昨夜「アルマゲドン」を観た。

公開当時、「スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス」を抑えて、1999年の日本の興行収入第1位だった。
その時は観てなかったんだけど、なるほど確かに面白いわ。

話の筋は突っ込みどころ満載。
小惑星の部分だけでも、墜落しても死なないA・Jをはじめ、壊れなかったアルマジロとか、偶然フリーダム号と乗組員を見つけちゃうとか、もう「無茶苦茶でごじゃりまするがな」と言う感じ。

しかし開始5分でいきなり小惑星接近へのカウントダウンが始まり、最後までテンポよくストーリーが展開する。
墜落シーンをはじめ、映像も迫力満点、ラストは涙を誘ってくれる。
正月映画として公開されているが、何も考えずに楽しむには最高の作品だ。

でも、家のテレビで観たのは失敗だった。
やっぱりこういうド迫力映画は、劇場のスクリーンで楽しまなくちゃ。

映画自体には満足したが、当時なぜ劇場に足を運ばなかったのかが、悔やまれた1本だ。


101.アルマゲドン
[PR]
秋のG1シリーズ第2弾、秋華賞。
牡馬と異なり、牝馬の勢力図はかなりはっきりしている。

ダイワスカーレットとウオッカの2強。
例年、秋のG1は春シーズンに活躍た馬と、夏の上がり馬との比較になる。
が、今年の場合、この2頭を負かす勢いの上がり馬は見当たらない。
ウオッカは宝塚記念で負けたとは言え古馬相手、同期の牝馬同士ではお互い以外に先着を許しておらず、2頭が無事1週回ってきたら、2頭の1-2着はほぼ間違いない。
配当を考えても、枠連、馬連で買うなら1点勝負だ。

どちらを上位に取るかは微妙だが、トライアルを使ったダイワより、距離適性でウオッカを上に取る。

しかし何が起こるかわからないのが競馬。
特に今回、ダイワが7枠13番、ウオッカは8枠16番に入った。
万が一を考えたとき、まず浮上するのがもちろんベッラレイア。
鞍上はリーディングを射程に入れた名手武豊。
しかし2頭のいなかったオークスを取りこぼし、前走ローズSでも切れたとは言えダイワを追い詰めたとは言えず、この2頭を一度に負かすとは考えずらい。
せいぜい2着までとみていい。

そのほかで言うと、ローブデコルテはオークスはまんまとハマッた感があり、かつ今回はアメリカ遠征後の休み明けぶっつけ。
大外と言うこともあり、思い切って無印。
調教が好調だったピンクカメオはフレンチデュピティ産駒。
血統的には2000mまではこなせるはずだが、オークス、ローズSをみると、この馬自身はマイルがベストと思われる。
よってこちらも無印。

そのほかの惑星では、春シーズンで健闘した、ミンティエアー、ザレマ、ラブカーナ、ハロースピード、ホクレレあたりと、紫苑Sを勝ったアルコセニョーラはどうか。
川田、吉田隼、松岡、藤岡佑など、現在売り出し中の若手、そして蛯名、中舘のベテランジョッキーは、ここにきて乗れている。
だが、ここまで手を広げると馬券妙味が薄い。

春勢力で抜擢したいのはレインダンス。
三面川特別で、のちに紫苑Sで2着に入ったラブカーナに完勝し、前走はダイワ、ベッラレイアに次ぐ3着。
17番なので道中どこにつけるか微妙だが、最後に大外から飛んで来てもおかしくはない。

もう1頭、上がり馬ではタガノプルミエール。
未勝利を勝ち上がるまで2着を3回繰り返したが、その後は3連勝でOPまで上り詰めた。
人気の盲点になっているが、こちらも大掛けする可能性は十分ある。


◎ウオッカ
○ダイワスカーレット
▲ベッラレイア
△レインダンス
△タガノプルミエール


◎○を1着、◎○▲を2着、3着にそれ以外を加えた3連単フォーメーション12点勝負。

京都内回り2000mなのに、全部6枠より外枠になってしまった事に、一抹の不安は覚えるが・・・・。
[PR]
今朝、朝食を食べながらテレビを点けたら、「ぶらり途中下車の旅」で出身地の篠崎が映っていた。
出演は目黒祐樹。

江戸川でハゼ釣りをした後、篠崎を歩いている。
よく見ると、実家があったあたりのすぐ近くだ。

やおら、とある家の敷地に挨拶しながら入っていったのだが、その家は元実家から100mくらいのところにある農家で、生まれてから結婚するまでの30年間、毎日のように前を通った家だ。
中に入って見学しているのがザル造り。

作っているのは江戸時代から伝わる「篠崎ザル」とやらで、これを作る人も、もうこの家のご主人しかいないそうだ。

えーっ!
生まれてこの方四十余年経つが、「篠崎ザル」なんて聞いたことねえよ!
そもそもそこのご主人、面識があるわけではないが、元々地主の一族の農家で、ザル職人が本職じゃないし。
まあ、テレビでもザル職人として紹介はされてなかったけどね。

ザル自体は、底が深い造りになっていて、裏返すと大人が乗っても壊れないほどしっかりした造りになっている。
元々農家が多かったせいか、子供のころからここそこの家の軒先でよくザルは見かけたけど、今考えるとそれが「篠崎ザル」だったのかもしれない。
でも、一個5000円~だって、たっかー!

それで思い出したのが、20年くらい前に放映されたフジテレビのスーパータイム。
地元の神社、浅間神社で毎年行われる祭りが紹介されていた。
この祭り、20m近い幟を8本も建てるため、地元の若い衆が何人も法被姿で参加する。
毎年6/30-7/1の梅雨時に行われるので、雨が降る事もしばしばあるが、その年もかなりの雨の中、幟を立てるシーンがニュースで流れた。
若い衆は泥まみれ、ニュースの画像としてはなかなか迫力があってよろしい。

その時、当時キャスターをしていた逸見さんの一言。
「毎年泥まみれになりながら幟を立てるので、地元では『どろんこ祭り』とも呼ばれています」

呼ばれてねーから!

その時点で私は20歳で毎年そのお祭り冷やかしに行ってたけど、「どろんこ祭り」なんて言った人、20年間一度も見たことねーから!

そしてその後の20年も、いまだに「どろんこ祭り」なんて話聞いたことねーから!

そもそも雨の降らない年もあって、「どろんこ」になる年の方が少ねーから!

というか、幟を建てるのも、2年に一度の本祭りだけだったような気もするが、これは記憶が確かではない。

一緒にニュースを見ていた母親も、逸見さんの一言には大爆笑してたね。
もちろん逸見さんはニュース原稿読まされただけで、何の罪もないんだけども。

まあ、テレビなんてそんなもんですよ。
[PR]
さすが楽天だなぁ・・・。

【食堂無料 「楽天タワー」で社員の“自走”に期待する三木谷社長】
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/rakuten/


楽天がまだ、碑文谷の小さなビルにいた頃、何度か仕事の話をしに行った事がある。

別ルートから聞いた話では、その時点で社内に無料のビールサーバーがあり、残業中は自由に使っていいとの事だった。
飲んでも仕事ができるならそれでOK、要するに社員の自己判断に任せるという事だ。

ニュースのタイトルにもなっているが、「自走」という部分が社員のモチベーションをあげているのだろう。

スタッフ一人一人の力量と人格を認め、与えられたミッションおよび責任を自覚させ、自ら判断し、責任を取れる社員にする教育だ。
言葉にすると簡単だが、一人一人成長の度合いが異なる中で、全幅の信頼をおき、成長するまで相当の我慢をしなければならない。
簡単にできる事ではない。

楽天の場合、リーダーの三木谷氏自身が見本を見せる事により、周りのメンバーからその周りのメンバーへと、前向きな姿勢が浸透しているのだろう。
「リーダーの資質」というヤツが、スタートになっているのだ。
そしてまずここからスタートしなければ、その後の「ポジティブ・スパイラル」は回らない。

小さい会社でくだらない権力争いしてたり、部下に呆れられながら自慢にもならない自慢話ばっかりする、あるいは言い訳をしてお互いの傷を舐めあってたりするだけじゃ、「ネガティブ・スパイラル」から抜け出せないよな・・・。
まず、他人が誰も認めてくれないのに後生大事に抱えている、そのくだらないプライドを捨てなければね。

それはそれとして、わが社もまず「ぼくらのラッキー」を社員食堂化し、そこから「ポジティブ・スパイラル」を目指すべきだ!
[PR]
撮っておいた「フラガール」をやっと観る。
3ヶ月前にギンレイで観ているのだが、何度観ても感動する。
人生で、一度は観ておきたい映画の1本だ。

一番感動するのは中盤の、親友の早苗が夕張に引っ越していくシーン。
その直前の高橋克巳が解雇されるシーンからのストーリー展開が巧くて、わかっていても涙がこぼれ落ちそうになった。

ギンレイで観たときに感想は書いたので、今日はあまり詳しく書かないが、一昨日発表された週間視聴率ではやっぱり1位。
数字自体は20%を下回っていたので、ちょっと低いかな、という気もしないではないが。

周知の通り昨年の日本アカデミー賞の主要部門では、最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀助演女優賞を獲得している。
最優秀助演女優賞は蒼井優が受賞しているが、主演が蒼井優で、助演が松雪泰子だったら、ひょっとしたら最優秀主演女優賞も取れたかもしれない。
でも、受賞しているのが「嫌われ松子の一生」の中谷美紀だから無理か。

ところで、今年の主演女優賞は誰が取るかなぁ・・・。
やっぱり「愛るけ」の寺島しのぶかなぁ、観てないからよくわからないけど。
あるいは「さくらん」の土屋アンナか、「サイドカーに犬」の竹内結子か。

個人的には、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」のサトエリに取ってもらいなぁ・・・。
[PR]