2018年 11月 04日 ( 1 )

毎年11月3日に地方競馬持ち回りで行われていたJBCだが、今年は4日に京都競馬場で行われることになった。
各レースとも元々JRAからの参戦も多かったが、今年はメインのクラシックに地方から参戦しているのは3頭だけ、スプリントとレディースもそれぞれ4頭で、それでいいのかなという気もしないではない。
とはいえ、あまり深く考えても仕方ないので予想する。

1日で3レース、しかも交流G1という事で、JRA所属馬も地方を転戦している馬が多い。
ふだんあまり地方競馬の映像は見ていないので、力関係がよくわからず予想も難しい。
3レースとも京都のダート適正を重視し、馬券も馬連にする。

まずメインのクラシック。
普通に考えれば一番人気になっているサンライズソアだ。
京都のダートは1.0.0.0で、ダート右回りは3.2.2.1の成績である。
前走は休み明けのシリウスSで3着だったが、勝ったオメガパフュームとは斤量差が4.5kgもあった。
叩き2戦目で良化は確実だし、鞍上はこの秋絶好調のルメールだ。
だが今回は、テイエムジンソクがいる。
5月の同舞台平安Sは、サンライズソアがハナを奪って勝ち切ったが、今回はテイエムジンソクも簡単には譲ってくれないだろう。
先行争いが厳しくなれば展開は速くなり、差し馬が有利になる。
そうなると、オメガパフュームが浮上する。

同期のルヴァンスレーヴが盛岡のマイルチャンピオンシップ、グリムが白山大賞典を勝っているように、3歳世代のダート馬はレベルが高い。
前走のシリウスSも中段に付け直線で差し切った。
過去6戦してレースの上り最速を記録したのが4回、2、3番目がそれぞれ1回ずつで、直線は必ず脚を伸ばしてくる。
短距離血統のスウェプトオーヴァーボード産駒であるが、距離はむしろ1800~2000mが適距離のように思える。
や外目の枠に回った点はマイナスだが、巧く好位に付ければ今回も抜け出してくるだろう。

相手はサンライズソアを筆頭に、サウンドトゥルー、ケイティブレイブ、ノンコノユメ、テイエムジンソク、アポロケンタッキーの6点。

続いてスプリント。

こちらは9月の韓国遠征で復活したモーニンを本命にする。
これまで左回りを中心に使われてきたが、ダート右回りは3.0.0.0の成績で、ダートの1400m以下は5.1.0.0である。
鞍上は昨日から短期免許で騎乗し、いきなり1勝2着2回3着1回のC.デムーロで、一発が期待できる。

相手はキングズガード、マテラスカイ、グレイスフルリープ、ウインムート、レッツゴードンキの5点。


最後はレディスクラシック。
ここもC.デムーロ騎乗のフォンターナリーリが本命だ。
重賞勝ちはないが、京都ダートは3.1.2.0、全成績も5.5.2.3でまだ底を見せていない。
まだあまり人気になっていない今回が狙い目だ。

相手はクイーンマンボ、ラビットラン、ファッショニスタの3点。


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]