2018年 10月 28日 ( 1 )

ワグネリアンとディアドラが回避したものの、13頭中G1勝ち馬が7頭も出走する豪華な天皇賞になった。
7頭はもちろんのこと、3頭のG2勝ち馬、そして過去にこのレースの2着があるステファノスを含めて、11頭は馬券圏内にあると言っていいだろう。

だが、軸となるのはやはり四歳馬で、中でもレイデオロとスワーヴリチャードの2頭か。
レイデオロは帰国初戦で休み明けの前走は、スローペースを上り最速の脚で差し切って完勝。
ダービーを勝っているものの、この馬の適距離は2000mと思われる。
一方スワーヴリチャードは前走の安田記念で3着。
とは言えこの馬の適距離は逆に2400m、ハーツクライ産駒のこの馬には1600mはあまりにも短すぎた。
安田記念からの直行となるが、中間のアクシデントではなく元々の既定路線であり、その点は問題ないだろう。
昨年のダービー1、2着馬が頭一つ抜け出ているとみる。
2頭の順列は甲乙つけがたいが、2000mの距離適性で言えばレイデオロの方が上か。

次に続くのはディープインパクト産駒の2頭か。
サングレーザーは2歳のホープフルS以降は1600mを中心に使われてきたが、前走の札幌記念はハイペースを中段で追走して抜け出し、マカヒキ、モズカッチャンのG1馬2頭を退けた。
2~4着の3頭は4角で9番手より後ろから追い込んできており、上り37秒を切ったのは上位4頭のみという激しいレースだった。
今回は明確な逃げ馬がいないためペースはそれほど早くならないと思われ、好位抜け出しのこの馬には有利な展開となるだろう。

アルアインは菊花賞で7着に沈んでいるが、その後の4レースは掲示板を外していない。
本格化した今は1800mあたりがベストだと思われるが、レベルの高い同期と戦って皐月賞を勝ちダービーも5着、ここでも十分勝負になるだろう。

5番手以下はかなり難しい。
残りの4歳馬はキセキとダンビュライト。
どちらもルーラーシップ産駒で、先行してスタミナを活かす競馬が得意だ。
ただどちらも自ら逃げるタイプではなく、特にキセキは気性が難しい。
スローペースになると、逆に掛かってしまう可能性がある。
2000mも対応は可能かと思うが、この距離で上記4頭を負かすことはないと思われれる。

それ以外では宝塚記念からの直行組のヴィブロスとミッキーロケットを上位に取りたい。
ヴィブロスはドバイターフを2年走って連対率100%。
前走の宝塚記念は馬場に泣かされ距離も長かった印象があるが、それでも勝ったミッキーロケットに0.5秒差の4着だ。
明らかに前走より条件は良くなっている。
ミッキーロケットは2000m以上を中心に使われてきているが全成績5.6.0.11のうち、2000mに絞れば2.2.0.3で連対率は50%を超える。
着外に沈んだ3レースがいずれもG1という部分はやや気になるが、本格化した今なら惨敗はないだろう。

マカヒキはまだ復活途上と見て今回は無印。
昨日から騎乗していきなり2勝、2着1回、3着1回のオドノヒューが乗るステファノスも怖いが、7歳馬という事を考え無印。


◎レイデオロ
〇スワーヴリチャード
▲サングレーザー
△アルアイン
×ヴィブロス
×ミッキーロケット

この後のオッズの変動次第ではトリガミの可能性もあるが、11時現在では一応トリガミにはならなそうなので馬券は◎○1着、◎○▲△2着、◎○▲△×3着の、3連単24点で勝負。

※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]