2018年 10月 14日 ( 1 )

アーモンドアイの三冠がかかる秋華賞。
歴史的名馬の可能性が高いこの馬の三冠の可能性は、限りなく100%に近いだろう。
オークスから直行だが、これは最初から予定されていたもの。
今週の追切は超絶の一番時計を叩き出しており、臨戦過程も万全だ。
ほぼ死角はない。
ただ、重箱の隅をつつくとすれば、京都内回り2000mのコースだ。
二冠馬も、無敗馬ではない。
唯一の敗戦は、デビュー戦の新潟内回り1400m。
桁違いの上りを使ったが届かず2着だった。
京都の内回りは新潟の内回りよりさらに直線距離が短い。
競馬センスのある馬なので多少包まれても抜け出してくるとは思うが、一瞬手間取って届かないこともなくはない。

そしてアーモンドアイに勝てる可能性があるとすれば、ラッキーライラックしかいない。
アーモンドアイとは2戦2敗、すでに勝負付けは済んだ感もある。
さらに一頓挫あって、ステップレースを使えなかった。
しかし春からの成長で馬体は20kg増、調教でも破格のタイムを出しているので太目残りではない。
枠順も良いので無理なく好位に付けられるだろうし、オルフェーヴル産駒の底力を発揮しての逆転もあり得る。

ラッキーライラック以外で上位に来そうなのは、京都で好成績を残すディープインパクト産駒か。
中でも重視したいのはミッキーチャームだ。
北海道の3戦を逃げて3連勝、しかも付けた着差がそれぞれ8、3+1/2、3+1/2である。
条件戦とは言え、逃げてこれだけの着差を付けるのは非凡だ。
鞍上はイギリス武者修行帰りの川田で、思い切った騎乗をしてくれるだろう。

同じディープ産駒の逃げ馬カンタービレも面白い。
前走のローズSを鮮やかに逃げ切っている。
2番枠を引いた点も強調材料だ。
外枠のミッキーチャームとの先行争いがどうなるかは微妙だが、4000勝ジョッキー武豊がこの馬の実力を引き出してくれるだろう。

同じローズSで2着だったサラキアにも注目だ。
この馬もディープ産駒らしく、好位から最後は必ず脚を伸ばしてくる。
春はあとちょっとでクラシック路線に乗れなかったが、夏の小倉でコースレコードを叩き出しており、成長著しい。
モレイラが騎乗停止になったのは痛かったが、鞍上は引き続き池添を確保できたので割引材料にはならないだろう。

プリモシーンは関屋記念で古馬相手に重賞を勝ち上がった。
ディープ産駒らしい切れ味で妙味はある。
しかしこれまで1600mまでしか経験がない。
G1でいきなりの2H延長に対応できるだろうか。
しかも今回は外枠に回ってしまった。
包まれる不安はないだろうが、位置取りがかなり難しくなるだろう。
どの馬もアーモンドアイより前で競馬をしたいと考え、かつアーモンドアイも直線だけでは届かないことがわかっているから中段より前に付けようとする。
そうなると、アーモンドアイより外枠の馬はかなり不利だ。

であるならばパイオニアバイオか。
春のフローラSはサトノワルキューレのクビ差2着。
サラキアや紫苑Sを勝ったノームコアより先着している。
オークスは7着だったが、6着のサトノワルキューレとは同じくクビ差だった。
休み明けの紫苑Sは4着だったが、終始外を回らされての4着で、力負けではない。
鞍上はフローラS2着時の柴田善臣に戻り、今回は好位からの競馬ができるだろう。


◎アーモンドアイ
〇ラッキーライラック
▲ミッキーチャーム
△カンタービレ
×サラキア
×パイオニアバイオ

アーモンドアイから人気どころで決まるとトリガミになる可能性もあるが、ここはラッキーライラックに期待をして、馬券は◎○1着、◎○▲△2着、◎○▲△×3着の、3連単24点で勝負。

※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]