2018年 08月 31日 ( 1 )

珍しくEテレで放送されたので録画して見た。
公開は2016年秋で、同時期に「君の名は。」と「この世界の片隅に」も公開されていたため目立たなかったが、ファンの間では評判になっていた作品だ。
そのためかなり期待して見たのだが、正直「なんだこりゃ?」的な作品だった。

高校生の石田将也は身辺を整理して自殺しようとしていた。
しかし橋の上から飛び降りようとした瞬間、自殺を思いとどまった。

将也が6年生の時、クラスに硝子が転校してきた。
硝子は聴覚障がい者でしゃべることも不得手としており、筆談ノートでコミュニケーションを取ろうとしていた。
最初は硝子にやさしく接していた女子たちだが、リーダー格の植野直花が硝子を遠ざけはじめ、硝子と仲良くなろうとした佐原みよこも一緒に仲間外れにされ、登校拒否をするようになってしまった。
硝子は必死に友達を作ろうとして将也にも接触するが、6年生と言う微妙な年齢もあってか、将也はこれを拒否。
逆に黒板に悪口を書いたり、硝子の補聴器を壊すなどの行為を行った。
しかし将也が補聴器を壊したことによって、硝子の母親が学校に相談、ホームルームの時間に将也が吊るし上げを食い、今度は将也が仲間外れになってしまう。

将也は中学に進んでも仲間外れのままで、自分の殻に閉じこもるようになってしまった。
高校進学後もクラスメートとコミュニケーションができず、自殺を考えたのだ。
そしてその前に硝子に謝罪をするために、手話サークルを訪ねて硝子と再会。
同時に硝子を護ろうとする結絃とも知り合い、3人の不思議な関係が始まる。

ストーリーの訴えたい部分はわからなくもないが、とにかく何から何まで突っ込みどころ満載の作品だ。
まず、エンドロールに全日本ろうあ連盟と東京都聴覚障害者連盟の協力と表記されていたが、聴覚障がい者についてどれだけ調べたのか、ちょっと疑わしい。
学部の関係で聴覚障がい者についても大学時代に少々勉強したが、聴覚障がい者は声帯には問題がないものの、他人の発声を認識しづらいために自らの発声がうまくできないパターンが多いと聞いた。
ところが硝子は補聴器を使用していて、ゆっくりであれば他人の音声を認識できる。
その場合、発生に関してはもっと健常者に近くなるのではないかと思う。

それより、もっとすごいのは小学校の担任だ。
聴覚障がい者が一般学級に転入する場合、実際にはそれ相応の対応が必要となる。
発声がうまくできない聴覚障がい者に、他の生徒と一緒に音読させるなんてことはないだろう。
さらに酷いのはホームルームのシーンだ。
自分がさんざん硝子に対するいじめを野放しにしたのに、その場で将也を吊し上げてしまう。
こんな教員あり得ないし、私がその場にいたら担任の顔の形が変わるまでぶん殴っているだろう。
実際、将也と硝子をはじめ関係する全員が、このホームルームを契機に学校生活が大きく変わってしまっているのだ。
佐原みよこのその後の小学校生活がどうなったのか、まったく触れられていないのも不自然だ。

硝子が花火を見た後に自宅のベランダから飛び降りようとするのも、それ以前の布石がまったくなくあまりにも唐突で不自然。
自分の母親の誕生日に将也が参加し、将也と家族が近くなって喜んでいる状況ではないのだろうか?
将也の母親は、目の前で植野と硝子の母が殴り合いをしているのを見ているのに、その後の将也の看病を植野に任せている。
流れから考えれば、今まで会ったこともない植野ではなく、顔を知っている硝子にお願いするのが普通だろう。
植野は元々自分勝手なキャラ設定なのだろうが、あまりにも尖りすぎていて見ていてドン引きだ。
さらにその上を行くのが川井みきで、自分は何も悪くない、悪いのはあなたたちだと友人を批判することしかしないし、その彼の真柴はいきなり仲間に入ってきたくせに遠慮というものが一切なく、いつでも上から目線で将也たちに接し、「お前何者なんだ」と頭を叩きたくなってしまう。
その他にも、島田の絡み方や硝子の祖母のエピソードも中途半端。
魅力的なキャラが誰一人として存在しない。
みんな過去を忘れて仲良くしようと言う強引なエンディングは、昭和の時代のNHK教育テレビの道徳用ドラマかと思った。

6年生の時にびしょ濡れになった筆談ノートを5年間もそのままの形で持っていられるかとか、同じ学校の生徒の自転車を仮パクして田んぼに放置するかとか、細かい突っ込みどころは5分に1回くらい登場する。
とにかく「雑」以外に表現のしようがない、かなりいい加減な作品で本当にガッカリした。


100.映画 聲の形


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]