2018年 08月 27日 ( 1 )

原作は最近連載終了が報じられた、「少年ジャンプ」の人気作品だ。
だが一度も読んだことはない。
それでも、昨年公開された前作はかなり笑わせてもらった。
そして今回も、原作を知らなくても十分笑わせてくれる作品になっていた。

万事屋(よろずや)には仕事が来ず、家賃も払えず食べる物もないない状態に陥っていた。
志村新八(菅田将暉)は渋る坂田銀時(小栗旬)を口説き落とし、神楽(橋本環奈)と3人でバイトを始めようとする。
頼ったのは新八の姉の妙(長澤まさみ)だった。
妙はキャバクラで働いていたが、そのキャバクラで風邪が蔓延し、店長(佐藤二朗)から応援を頼まれたのだ。
店長は、今日は上客が来るため銀時の顔の広さで女の子を3人集めてほしいと頼むが、急な要請で銀時も対応ができない。
そんな時、銀時のストーカーの猿飛あやめ(夏菜)と女装に自信があると言って桂小太郎(岡田将生)が現れる。
最後は銀時と新八まで女装して、その上客を迎えることになった。

上客として現れたのは、江戸幕府の警察庁長官の松平片栗虎(堤真一)で、連れていたのは将軍徳川茂々(勝地涼)だった。
そして茂々の護衛として真選組の面々が店を警護した。
だがその警護の最中、土方十四郎(柳楽優弥)が怪しい銃で撃たれ、性格が変わってしまう。
そんな土方が攘夷志士に囲まれ危ういところを救ったのが、伊東鴨太郎(三浦春馬)だった。

今回のストーリーは、将軍茂々、近藤勲(中村勘九郎)、土方の命が狙われる、である。
前半は、バイトをする3人の前に庶民の生活を知りたい将軍が現れ、そこでギャグが積み重ねられる、と言う展開である。
そして後半では、銃で撃たれて腑抜けになってしまった十四郎を銀時たちが奮起させ、真選組を護ることになる。

笑いの部分は、福田雄一の手腕が存分に発揮されている。
エッジを狙いすぎてダダ滑り状態になることも少なくない監督だが、この作品では役者が監督の意図をきちんと理解して笑いに挑んでいる。
しかも笑いだけではなく、殺陣のシーンも迫力満点だ。
また、三浦春馬の伊東鴨太郎、窪田正孝の河上万斉、堂本剛の高杉晋助など、一切笑いに走らないキャラを確立し、メリハリを作っている点も巧いと思う。

ただ前作でも思ったが、シビアなバトルシーンがほとんど後半に詰め込まれている。
前半は笑いが多い分、後半で締めるというメリハリを狙っているだと思うが、観ている側としては、全編を通して笑いと緊迫シーンがほどよく織り込まれ、ラストで一気に緊迫シーンを盛り上げて欲しいと思う。

前作同様、今作も興行収入的には成功しているようなので、おそらく次回作も作られるだろう。
次回はぜひ長澤まさみにも、橋本環奈レベルの笑いに挑んでほしい。


96.銀魂2 掟は破るためにこそある


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]