2018年 05月 13日 ( 1 )

G1勝ち馬5頭に加えてG1で2着3回のリスグラシューもいるため、非常に難しいレースとなった。
前日発売から、そのリスグラシューとアエロリットが代わる代わる1番人気となっているが、天気が雨予報になってから昨年の勝ち馬アドマイヤリードがじわじわ人気を上げてきている。
雨は降りそうだが馬場発表は良馬場のままだろう。
しかし逆に表面が濡れた芝の方が滑りやすい。
元々得手不得手がはっきり出る東京マイルだが、馬場状態も影響が出るかもしれない。
だが、13時現在でも発表は曇りなので、このまま早い時計の出る馬場で予想をする。

そして、人気上位に来ている馬は強い4歳世代が多い。
予想も4歳世代を中心に考えたい。

まず、アエロリットが人気になっている一番の理由は、昨年のNHKマイルCを勝った時の時計が優秀だからだ。
ミドルペースを先行したうえに、3番目に早い上がりの脚を使って押し切っている。
距離が長かった桜花賞が5着、重馬場の秋華賞は7着だったが、休み明けの前走中山記念は牡馬相手にハイペースを追走して2着に粘っている。
しかも、斤量は55kgだった。
普通に考えればこの馬が本命だろう。

しかし今回は、POG指名馬でもある昨年のオークス馬ソウルスターリングの復活に期待したい。
昨秋は毎日王冠で復帰し、天皇賞秋、JCと、古馬、牡馬たち相手に善戦した。
休み明けの前走は10着と惨敗したが、一叩きされて体調は良化している。
昨春の強さは世代トップクラスで、人気を落としている今回が狙い目だ。

対抗もちょっと捻ってラビットランにする。
芝2戦目だった昨秋のローズSを、強烈な末脚で差し切った。
秋華賞は馬場に末脚を殺されながら4着、その後2戦は古馬と戦って一息の成績だった。
だが前走の阪神牝馬Sは、スローペースにはまって着順こそ9着だったが、メンバー最速の上がりを記録した。
今回はハイペースが想定されるので、長くいい脚が使えるこの馬の末脚が魅力となる。

3番手はアエロリットだ。

4番手はリスグラシュー。
安定度は抜群ながら、武豊をもってしてもなかなか勝ちきれない。
東京新聞杯を勝っており、東京は2.0.0.1の成績ではある。
だがハーツクライ産駒でありながら、2000m以下の成績が3.4.3.0であるのに2200m以上の2戦は0.0.0.2。
惨敗はないと思うが、今回はハイペースの消耗戦で、最後はスタミナと底力を要求される可能性が高いので、少し評価を下げた。

そのほかの4歳世代は、ミスパンテールが人気になっている。
現在4連勝中で、横山典がアエロリットではなくこちらを選んだ点も気になる。
しかしスローペースをそのまま先行して押し切る脚質は、今回のレースでは通用しないと思われる。
カワキタエンカも同様だ。
レーヌミノルは昨年の桜花賞馬で、秋のマイルCSも4着だった。
マイルは得意レースとしているが、この馬も先行タイプなので直線捕まる可能性が高い。
リエノテソーロは昨年のNHKマイルCで最速の脚を使い2着入っているが、その後は先行したり追い込んだりで、戦い方が安定しておらず信頼性に欠ける。
デアレガーロはここ2戦どちらも上がり最速の脚を使っている。
1600mの持ちタイムも優秀だが、まだ重賞2戦目でありキャリア面で不安が残る。
さらにオープン入りしたばかりのメイズオブオナーもまだ家賃が高いか。

それでは古馬はどうか。
昨年の勝ち馬アドマイヤリードは、昨年の勝利が稍重によるものだと思われている。
実際、その後4戦して稍重の府中牝馬Sが3着、それ以外は4着以下に沈んでいる。
とは言え、12着だった東京新聞杯は直線不利があり、前走の阪神牝馬Sは56kgを背負っての4着で、道中挟まれる不利もあった。
ハイペースへの対応がどうか、やや不安点はあるものの、鞍上がデムーロだけに道中巧くさばければ上位進出もあるだろう。

3年前の桜花賞馬レッツゴードンキも面白い存在だ。
1200~1600mのレースでは、芝、ダート問わず上位進出するレースが多い。
だがヴィクトリアマイルに限って言えば、過去2年で10着、11着だ。
東京芝は0.1.0.3で、唯一の2着は2歳時のアルテミスS。
東京芝コースは不得手としていると考えざるを得ない。

レッドアヴァンセは、半弟のレッドヴェイロンが先週のNHKマイルCで3着に入っている。
兄のリディル、クラレント、レッドアリオンもマイル戦で重賞を勝っており、まさにマイル血統の一族である。しかし前走は同斤量のミスパンテールを捕まえ切れなかった。
相手なりに善戦するタイプで、上位進出は苦しいだろう。

昨年の2、3着馬で言えば、3着だったジュールポレールの方が妙味があるか。
デンコウアンジュは切れる脚があり、鞍上の蛯名も魅力だ。
包まれない外枠を希望しており、巧くさばけば上位進出もあり得る。
一方、ジュールポレールは前走不利がありながらも5着。
こちらもディープ産駒らしい切れ味がある。
微妙な選択であるが、希望していたとは言え外枠はやはり不利になると考え、ジュールポレールを上に取ることにする。


◎ソウルスターリング
〇ラビットラン
▲アエロリット
△リスグラシュー
×アドマイヤリード
×ジュールポレール

馬券は◎○1着、◎○▲△2着、◎○▲△×3着の、3連単24点で勝負。

※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]