2018年 04月 29日 ( 1 )

G1勝ち馬が1頭しかいない、群雄割拠の天皇賞春。
ただ、本命はやはり唯一のG1馬シュヴァルグランか。

シュヴァルグランは本格化した3歳秋以降、18戦して4着以下に沈んだのはたったの4回だ。
そのうち3回は阪神コース、残りは一昨年の有馬記念6着である。
3回の阪神は宝塚記念2回と前走の大阪杯で、2200m以下のG1となる。
逆に言えば、2400m以上のレースは有馬記念以外4着以下に沈んでいない。
前走の大阪杯は休み明けで、完全に叩き台のレース。
今回は鞍上のボウマンも来日を1日早めて追切に騎乗した。
この後は休みに入るので、ここがメイチの勝負である。
大崩れはないとみて本命にする。

対抗はレインボーラインだ。
3歳春の菊花賞がサトノダイヤモンドの2着で、休み明けの阪神大賞典はハイペースを自ら動いて勝利。
昨年はG1に5回出走して連対が一度もないのは気になるが、JCは3着で、秋の天皇賞は不良馬場、有馬記念はスローペースと敗因ははっきりしている。
今回はヤマカツライデンが逃げ宣言をしているので、途中からレースは動く可能性が高い。
となると、ハイペースの長距離でも最速の脚が使えるこの馬が有利になる。

三番手はクリンチャーにする。
昨年の菊花賞を2着、休み明けの京都記念もアルアインを退けて勝った。
先週までは本命候補だったが、鞍上予定だった武豊が騎乗停止。
これまでの主戦の藤岡佑に戻れば本命にする予定だったが、藤岡佑はガンコに騎乗、三浦皇成に手綱が回ってきた。
前走の阪神大賞典も、1週目の4角で勘違いしてスパートしてしまうほど乗り難しい馬である。
そのため、今回はやや評価を落とした。

四番手はサトノクロニクル。
戦績はあまり目立っていないが、11戦して4着以下に沈んだのは3回、そのうち2回はG1だ。
昨年暮れのチャレンジカップも古馬相手に勝利しており、強い4歳世代を代表する1頭である。
前走は斤量が55kgだったものの、クリンチャーをはじめ今回出走している6頭に先着している。
兄のサトノラーゼンはまぐれでダービーを2着したが、弟の方が能力は高くこの後も活躍するだろう。

五番手はアルバートだ。
ステイヤーズSを3連覇しているうえに、ダイヤモンドS勝ちもある長距離のスペシャリストだ。
3000m以上の重賞を7戦して、掲示板を外したのは2016年の天皇賞のみ、しかも6着だった。
外枠に回ってしまったが、長距離では大崩れはなく、主役不在の今回も上位に進出してくるだろう。

最後はカレンミロティックにする。
10歳馬だがまだまだ元気で追切の動きもよかった。
去年こそ出走していないが、一昨年がこのレース2着、その前が3着である。
最後の勝利は2013年11月だが、この4年近くG1とG2しか出走していないので仕方がない。
その間も京都コースに限れば0.1.2.1である。
人気を落としている今回は狙い目だ。

日経賞1、2着の2頭も穴人気になっているが、昨年のシャケトラとイメージが被る。
そもそも、過去に日経賞から天皇賞春で連対した馬は、日経賞を走る前にすでに重賞2着があった。
ガンコもチェスナットコールも日経賞が重賞初挑戦だったので、経験不足と見て無印。

日経賞5着だったトーセンバジル、京都巧者のスマートレイアーも気になったが、今回は8枠に入ったので無印にした。


◎シュヴァルグラン
〇レインボーライン
▲クリンチャー
△サトノクロニクル
×アルバート
×カレンミロティック


馬券は◎○1着、◎○▲△2着、◎○▲△×3着の、3連単24点で勝負。


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス
http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9


[PR]