2018年 02月 18日 ( 1 )

今年最初のG1、逃げ馬が内枠、追い込み馬が外枠と、なかなか面白い枠順になった。
ノボバカラが逃げ宣言をしているが、最内枠のニシケンモノノフが追いかければペースは早くなる。
もちろん、ケイティブレイブも先行するだろう。
ペースが速くなればゴールドドリームに差し切られてしまうが、スローでもテイエムジンソクが好位から抜け出してくる。
ジョッキー的には非常に難しい展開となりそうだ。

ただ、本命はやはりゴールドドリームでいいだろう。
東京ダートは3.1.0.0で、唯一の負けはやや重の高速馬場で逃げ馬をとらえきれなかったもの。
調教でも絶好の動きを見せているので、今なら多少出遅れたとしても、ペース不問で力でねじ伏せてくるだろう。

対抗はサンライズノヴァだ。
強い4歳世代と言われながら、今年初G1に駒を進めてきたのはこの馬だけ。
だが中央の重賞初挑戦だった武蔵野S以外は、この馬も東京のダートは連帯率100%。
前走は1kg重いノンコノユメに切れ負けしたが、逆に58kgでレコードタイムを出したノンコノユメより消耗が少ないと考えられる。
ゴールドドリーム同様、東京ダートに強いゴールドアリュール産駒だけに、さらなる上積みも期待できる。

三番手はテイエムジンソク。
チャンピオンズCはゴールドドリームに差されたものの見事な粘り腰を見せ、前走の東海Sは逃げて完勝だった。
ただ、距離の1600mと東京ダートが初めて、かつクロフネ産駒はこのレースで相性が悪いなど、不安点も多い。
目標にされてしまう点もやや不利であり、今回は3番手評価とする。

四番手はノンコノユメだ。
去勢手術をしてからやや成績が低迷していたが、前走で復活を遂げた。
ただ追い込み一辺倒で展開に注文がつくうえ、58kgでレコード勝ちした前走の反動も気になる。
勝ちきるまでは難しいとみて4番手評価だ。

5番手はベストウォーリア。
昨年の2着馬だが、昨秋からはやや精彩を欠いた感じになっている。
すでに8歳馬であるが、調子さえ取り戻せばこの馬も上位争いだ。
ルメールも2戦目でこの馬を手の内に入れていれば、一発もありうる。

最後はレッツゴードンキにする。
基本的には芝の短距離馬だと思うが、川崎のJBCレディスクラシックでホワイトフーガの2着という成績もある。
調教の動きを考えればダートをこなしても不思議はなく、人気を落としている今回はちょっとねらい目だ。


◎ゴールドドリーム
〇サンライズノヴァ
▲テイエムジンソク
△ノンコノユメ
×ベストウォーリア
×レッツゴードンキ


馬券は◎○1着、◎○▲△2着、◎○▲△×3着の、3連単24点で勝負。


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]