2018年 01月 30日 ( 1 )

監督は「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグロー、上映時間は2時間半で、内容はかなり重い映画だ。
1967年にデトロイトで起きたアルジェ・モーテル事件を再現した映画になっている。

1967年、アメリカの人種差別はなお根強く残り、それは当時のアメリカで5番目の大都市、北部のデトロイトでも顕著であった。
そんなある晩デトロイト市警が、黒人街にある夜間営業許可のない酒場を摘発した。
その店の客はほとんどが黒人で、警官も目立たないように客を裏口から連行しようとするのだが、裏口のカギが開かないため仕方なく表口から連行する。
しかし多数の客を車に乗せる行為は目立ち、その状況を見た黒人たちが暴徒と化してしまった。
そこからアメリカの歴史上でも最大級の暴動、12番街暴動が発生する。
州知事はすぐにミシガン州軍の派遣を決断、街は厳戒態勢となった。

夜が明けても街は混乱状況で、店から略奪を行う者もいた。
白人警官のクラウスも街の警備にあたっていたのだが、逃走する黒人の略奪者を見かけ、追走の際に銃撃してしまう。
クラウスはすぐに事情聴取されるが、混乱時と言うことで処罰は後回しとなり、再び警備の任務に就くことになった。

黒人のメルヴィンは石工だったが、時折頼まれて警備の仕事も請け負っていた。
暴動の後の夜も、連絡を受け店の警備をすることになった。
そこで暴動を起こそうとして若者を、自分の甥だと庇う優しい男であった。

ちょうどその夜、地元で圧倒的な支持を誇る人気バンド、ザ・ドラマティックスのコンサートが予定されていた。
しかしコンサートの最中にまた暴動が起きそうになり、市警はザ・ドラマティックスの出番となる前にコンサートを中止し、客に帰宅するよううながす。
そして、ザ・ドラマティックスのメンバーにも、早々にデトロイトを立ち去るように告げた。
モータウンと契約できるかもしれない期待があったザ・ドラマティックスのメンバーは、納得がいかないものの渋々街を出ようとする。
しかし乗車したバスが暴徒の攻撃を受け、メンバーは散り散りに逃げることになった。
メインボーカルのラリーとその友人のフレドは、取り急ぎ近くにあったアルジェ・モーテルに逃げ込み、そこで一夜を明かすことにした。

ラリーとフレドはモーテルで白人女性のジュリーとカレンと知り合う。
4人は同じモーテルの別館に泊まっていた黒人のカールの部屋に行くのだが、悪ふざけしたカールと仲間が陸上のスターター用のピストルを撃った。
カールの悪ふざけに呆れたラリーとフレドは自室に戻り、ジュリーとカレンも黒人の退役軍人グリーンの部屋に行った。
4人が去った後もカールの悪ふざけは止まらず、窓から見える警戒中の警官隊に向かって、スターター用のピストルを発砲してしまった。

カールの発砲により街は混乱に陥いる。
警官隊は発砲元と思われるアルジェ・モーテルに踏み込んだ。
主なメンバーは警官のクラウスと同僚二人、メルヴィン、州軍の兵士たちだった。
クラウスはまず、自分に向かってきたカールを射殺してしまう。
さらにラリーたち宿泊客を壁に並べて激しく訊問、一人一人を別部屋に呼び出し、あたかも殺害したような芝居をして宿泊客の口を割らそうとした。
だがその時、クラウスの同僚の一人が勘違いし、本当に宿泊客の一人を射殺してしまう。

映画は、12番街暴動の発生からアルジェ・モーテル事件の公判までを、時系列で描いている。
監督はおそらく観ている人間に誤解を与えぬよう、取材できた詳細をあますことなく丁寧に描写したのだろう。
ただその結果、映画としてはちょっと長くなってしまった感がある。
実際に起こった事件を追っているため、メリハリを付けづらいと言う事もわかるが、ザ・ドラマティックスの出番がなくなるシーンや、ラリーたちとジュリー、カレンの出会いのシーンなどはもう少しテンポ良くできたんじゃないかとも思う。
また現場にいたメルヴィンの役どころも最後までわかりづらかった。
途中、メルヴィンが容疑を掛けられて勾留されるのだが、かなり簡単に解放されてしまう。
その後、公判で重要な証言をするのかと思いきや、さにあらず。
せっかくスター・ウォーズでフィン役だったジョン・ボイエガを起用しているのに、生かし切れていなかった。

とは言え、人種差別と言ういかにもアメリカらしいテーマで、作品としても悪くない。
それなのに、アカデミー賞にノミネートされている様子がないのは、ちょっと不思議だった。
個人的には昨年の「ムーンライト」よりよっぽど面白かった。


14.デトロイト


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]