人気ブログランキング |

2010年 06月 29日 ( 1 )

さあ、いよいよパラグアイ戦だ。
ここまできたら勝つ事を信じるのみなんだけど、ちょっと気になる事もある。
どうも、ウルグアイと闘った韓国のようになりそうな気もする。

南米はテクニックがあるとか巧いとか言われているが、どちらかと言えばウルグアイとパラグアイはヨーロッパ型のように思える。
メキシコのように細かいパスとドリブルを巧みに操り、中盤から押し上げてゴールを狙う、という戦術ではない。
ゴール前を固めて、ロングパス1本、カウンターでFWを走らせて仕留める。

韓国もウルグアイ相手に攻め込んでいたように見えたが、NHKの解説の山本さんは「韓国はボールを持たされている」と表現していた。
押し込んでいるうちにDFラインも引きずり上げられ、ラインギリギリに構えていたフォルランとスアレスにやられていた。
Jリーグ開幕当初のマリノスがこの戦術で、ライバルのヴェルディは技術を駆使して常にマリノスサイドで試合を進めるものの決してゴールを割る事はできず、ラモン・ディアスのカウンター一発でやられていた。

今日の日本も慢心は禁物だ。
デンマーク戦で3点取っていることもあるし、遠藤、長谷部、阿部の3人が相手の思うツボにハマってずるずると前に引きずり出されると、手痛いカウンターを浴びる可能性がある。
まあ、中澤と闘莉王の集中力が切れていないから、そう簡単にはやられないと思うけどね。

ただウルグアイだけじゃなく、ドイツもオランダも、みんなカウンターから先制点を挙げている。
ゴール前を固めるサッカーはつまらないとよく言われるが、やっぱりノックダウン方式の決勝トーナメントでは堅実な戦術が重要だ。
特に足の速いFWがいれば、カウンター狙いで来るよね。
だからサンタクルスはやっぱり怖い。
それと運動量豊富なベラだ。
この人については何の知識もなかったが、試合を見てるとやたらいい動きで勝負所では必ず13番がウロチョロしている。

でも、もうあれこれ考えていてもしょうがない。
後はみんなで少しずつ元気を南アフリカに送り込むだけだ。
そうすれば日本代表が元気玉を出してくれるだろう。

さあ、パラグアイを撃破したら、いよいよベスト4をかけてポルトガルorスペインだ。
なんかすべてうまくいけば、優勝しそうな気までしてきたぞ。

It is possible to go even where!

どこまでも行けるさ!