2010年 06月 15日 ( 1 )

【日本、海外W杯で初勝利=堅守で逃げ切る―カメルーンに1―0】
http://www.excite.co.jp/News/soccer/20100615/Kyodo_SP_CO2010061401000987.html


まさかまさか、本当に勝っちゃったよ。
そして昨夜の勝因は、やはりA.ソングの欠場だろう。

試合を見ていると、長友はほとんどあがらず終始エトーのマーク。
遠藤も含めて左サイドは完ぺきにエトーを封じ込め、仕事をさせなかった。

そして日本の攻撃は、右の松井を軸に攻め上がっていた。
だがもし、A.ソングが万全の状態で出場していたら、あんなにも松井にボールが渡る事はなかっただろう。

松井はかなりいい仕事をしていたが、それは阿部、長谷部が中盤で楽にボールをキープできていたから。
その結果松井も楽にポジションを取れ、効果的に攻め上がれていた。

NHKで試合終了後に解説されていたが、本田のゴールの時も、松井が切り返した瞬間カメルーンのDFはすべて松井に集中し、一瞬本田のマークが外れている。
この瞬間に後ろに回った本田と、そこにクロスを合わせた松井は素晴らしかった。
アフリカの選手は、自分の頭を超えたボールには淡泊って情報もあったらしいから、おそらく本田もそれを考えてファーに動いたんだろうね。
そしてその戦術が出来たのも、常に松井がいい攻め上がりを見せていたからだ。

残り15分になってイドリスーが出てきてからは、カメルーンの攻撃もかなり厚みが出てハラハラしたが、なんとか逃げ切った。
この形でキッチリ逃げ切る事が出来たのは、日本に取って大きな財産になるかもしれない。

それにしても、A.ソングはよっぽど状態が悪いのかな。
クロスバーを叩いたり川島の好守があったりと、かなりカミカゼの吹いた日本だが、一番のカミカゼはやっぱりA.ソングの欠場だよ、繰り返しになるけど。
意外とこういうツキに乗ったチームが、するすると勝ち上がったりするんだよね。

ちなみに昨日の最後の試合は、イタリアとパラグアイが1-1で引き分けた。
得失点差でグループFをパラグアイが1位通過したりしないかね。
パラグアイももちろん強いけど、イタリアよりは戦いやすそうだし。
そうすりゃ、もしグループリーグ突破した後も、ちょっと楽しめそうだ。

過度な期待はしないけど。



[PR]