2010年 05月 30日 ( 2 )

さあ、ダービーだ。
今のところ、雨は降っていないようなので、馬場もなんとか持つだろう。
是が非でも逃げたい馬がいないので、展開はスローで流れるか。
そうなると直線入ってからの瞬発力勝負だろう。

そして本命はルーラーシップだ。
この馬はPOGで指名した馬で、早くから期待していた。
なにしろキングカメハメハにエアグルーヴという血統だ。
新馬戦の後は、毎回不利を被って皐月賞には間に合わなかった。
だが前走のプリンシパルSでは、相手が弱かったとはいえ完勝。
ダービーは重賞未勝利馬の連帯はない、テン乗りでの連帯はない、などのデータも承知の上だが、可能性に掛けて本命に推す。
これまでのデータをすべて覆してもおかしくないほどの良血でもある。

対抗はやはりトライアル勝ち馬のペルーサ。
4戦4勝で、権利のあった皐月賞には目もくれずダービーに駒を進めてきた。
最近後輩の追い上げが厳しく影の薄くなってきた藤沢和厩舎だが、そろそろ本気でダービーを取りに来る頃だ。
鞍上もノリなら心配はいらない。

3番手は皐月賞馬ヴィクトワールピサ。
この馬を本命にするかどうかは、武豊の復調次第だと思っていた。
ところが、復調どころか間に合わず。
結局引き続き岩田が騎乗することになったが、やはり大一番での岩田はやや信頼性に欠ける。
今日になってペルーサを抜いて一番人気になった事もあり、さらにプレッシャーがかかるのではないか。
実力はもちろん認めるが、レベルの高い今年のダービーでは一瞬の迷いが勝負の分かれ目となるだろう。
連はあっても勝ち切るまではないとみての3番手評価だ。

4番手はローズキングダム。
この馬もPOGで指名した馬だ。
2歳チャンピオンでヴィクトワールピサとも1勝1敗の成績である。
年明けが3、4着と振るわず、かつ馬格もないのでやや評価を下げているが、この馬も切れ味で勝負する馬であり、休み明け3戦目、芝の状態がいい東京では見限る事はできない。

5番手はヒルノダムール。
この馬も重賞勝ちはない。
しかし新馬戦で負けたアリゼオをはじめ、その後もヴィクトワールピサ、コスモファントム、ダノンシャンティ、ペルーサと、負けた相手すべてがダービーに駒を進めている。
さらにルーラーシップには先着。
戦ってきたレースの内容の濃さではメンバー中でも1番である。
鞍上藤田も本気モードで、正直、本命~3番手評価にするかとも考えたが、善戦して勝ち味に遅いタイプとみてやや評価を下げた。

最後は本当に迷った。

まずエイシンフラッシュ。
エリカ賞、京成杯と連勝し、ぶっつけで挑んだ皐月賞で3着。
鞍上のウチパクも魅力だ。
だが、昨秋の萩Sではコスモファントムに敗れている。

ではそのコスモファントムはどうか。
芝で言えば、4戦1勝2着3回、リルダヴァル、ヴィクトワール、ゲシュタルトにしか先着を許していない。
休み明けの前走京都新聞杯を2着。
先行して粘るという自分のレースが出来ており、やや妙味がある。
だが新潟、札幌では走っているものの、東上は初体験。
未知数な部分が多いのでこちらも評価を下げる。

コスモを負かしているリルダヴァルとゲシュタルトにも、やや惹かれる。
リルダヴァルは順調に来ていたら、上位候補に間違いなく入った。
しかし皐月賞に間に合わせるために毎日杯、そしてダービー出走権を掛けてNHKマイルCと出走している部分に不安を感じる。
1か月半で3回の東上は、やはり疲労が残るのではないか。

一方ゲシュタルトは、スプリングSと皐月賞で2度アリゼオに先着を許している。
現段階ではアリゼオより能力は下と見るべきか。

そこで6番手はアリゼオにする。
今回は明確な逃げ馬がいないのでおそらく1~2番手につけるだろう。
どの騎手も直線まで脚を溜めて一気に爆発を考えるだろうが、そこで鞍上のウィリアムズの出番だ。
オーストラリアNo.1ジョッキーが、絶妙の逃げで直線追いすがる他馬を引き離す。
流石に勝ちきるまでは難しいだろうが、3着までに粘り込む可能性は十分ある。


◎ルーラーシップ
○ペルーサ
▲ヴィクトワールピサ
△ローズキングダム
×ヒルノダムール
×アリゼオ

馬券は◎○1着固定、◎○▲△2着固定、◎○▲△×3着の3連単フォーメーションで24点勝負。

さあ頼むぞ、我がPOG指名馬たちよ!



[PR]
週初めは晴れの予想だったのに、先週、そして去年に続いての雨模様。
しかもどれだけ降るのか見当もつかない。
ただでさえ難解なところに、さらに頭を悩ませる要素が増えてしまった。

今年のダービーはどの馬にも芽がありそうだ。
年明け重賞を2勝しているのは、G1勝ちのあるヴィクトワールピサと取り消してしまったダノンシャンティだけ。
重賞とオープン特別まで含めてもペルーサとハンソデバンドまで、さらに言えば、年明け2勝以上している馬まで入れてもルーラーシップとトゥザグローリーしかいない。

そもそもトライアルの勝ち馬がコロコロ変わる年は、レベルが低いと言われている。
突き抜ける強さを持つ馬がいないという事である。
では今年はどうなのか。
答えは否である。

一番わかりやすいのがダノンシャンティのNHKマイルCだ。
時計の出やすい今開催と言えども、3歳馬がマイルで日本レコードを出すのはたやすいことではない。
実際ダノンは骨折で戦線離脱した事を考えると、かなり激しいレースであったと考えられる。

また、なぜ2勝以上している馬が少ないのかと言えば、順調さを欠いてトライアルをスキップした馬が多いからだ。
皐月賞までに年内2走以上している馬は12頭いるが、そのうち条件戦を含まないのはアリゼオ、ハンソデバンド、シャインの3頭、皐月賞未出走馬を入れてもダノンシャンティまでの4頭だけ。
つまり、賞金的にある程度権利が確保できていた馬は、休み明け1回しか使わずに皐月賞に挑んでいるのだ。
さらにダービーに駒を進めてきた出走馬の直接対決を見ると、実力が拮抗している。
ダノンシャンティとヴィクトワールピサ、さらにローズキングダムまで含めたG1馬を物差しにすると、他の馬もかなりの実力馬である事がわかる。

だから今年はレベルが非常に高いのだ。
まあ、実際に育成に当たっている関係者が「例年より上」と言っているのだから、私が言うまでもないんだけど。

そして順調さを欠いて1回しか走らなかった馬でも、復帰戦でなかなか内容の濃いレースをしているので、休み明けが未勝利だと言ってそう簡単に見限る事ができない。
リルダヴァル、コスモファントム、エイシンフラッシュあたりはこれに該当する。
また、トライアルで権利を掴んでギリギリ間に合ったルーラーシップ、トゥザグローリーも、レースっぷりと上昇度と言う点では有力視されるだろう。

そういう意味で、どこから入ってもおかしくないダービーとなった。

そんな中、前日発売の1番人気はペルーサだ。
4戦4勝でトライアルを圧勝。
鞍上のノリは2週続けてG1制覇中なので、1番人気になっても不思議ではない。

2番人気は差がなくヴィクトワールピサ。
皐月賞馬で3冠の権利を持っているのはこの馬なので、これも順当であろう。

ダノンシャンティが取り消して、代わりに3番人気になったのがヒルノダムール。
倍率は上位2頭とやや開きがあるが、皐月賞2着だが重賞勝ちがない事を考えると、まあ妥当なところか。

以下についても、人気順はほぼ順当と言えるだろう。
さすがダービー、みなさんよく研究していらっしゃる。

ちなみに、週半ばまではダノンシャンティをどう扱うかの研究をずっとしていた。
取り消しちゃったので参考にはならないが、備忘録として結論をアップしておく。

まず、NHKマイルCを勝ってダービーもしくはオークスに駒を進めた馬を調べると、惨敗したのはテレグノシスとジョーカプチーノの2頭だけだ。
ロジックやピンクカメオも、それぞれ5着と健闘している。
テレグノシスがトニービン、ジョーカプチーノがマンハッタンカフェ産駒である事を考えると、血統に直結しているという事でもなさそうだ。
これを考えると、ダノンシャンティは馬券対象から外すわけにはいかない。

次にNHKマイルC出走からダービーを制した馬を見てみる。
これは3頭で、3着だったタニノギムレットと勝ったキングカメハメハ、ディープスカイだ。

まずタニノギムレットが勝ったダービーは、2着がシンボリクリスエス、5着にゴールドアリュール、6着にアドマイヤドンと、後のG1馬が3頭もいる。
次にキングカメハメハが勝ったダービーだが、2着にハーツクライ、6着にダイワメジャーのG1馬2頭がおり、海外G1まで含めるとコスモバルクもいた。
どちらもかなりハイレベルなレースを制したと言えるだろう。

それに引き換えディープスカイが勝ったダービーは、その後のG1馬はサクセスブロッケンしかいない。
しかもダービーではドンジリ負けで、芝の適性のなさを露呈している。
つまりややレベルが低かったレースと言えるだろう。
ディープスカイ自体は秋にウオッカと同レベルのレースを行っているので実力はあると思うが、この馬自体はステイヤーではなく2400mがギリギリ限界だったのではないかと思われる。
それでもレースのレベルが低かったのでダービーは楽勝した。
そう考えられるのではないか。

ダノンシャンティは、どうしても距離の不安が付きまとう。
さらに毎日杯は勝ったものの、共同通信杯は取りこぼしている。
それを考えるとこの馬も2400mは限界値ではなかろうか。
さらに今年はレベルが高く、ダノンシャンティ自身が大外に回ってしまった。
先週のアパパネも距離不安で外枠にもかかわらず能力の違いで勝ったが、サンテミリオンとともに同期から頭一つ抜け出しているアパパネに比べ、ダノンは抜け出しているとは言えないのではないか。

なのでダノンは馬券対象に入れるものの、3番手以下にする事にしていた。
でも取り消しちゃったから意味ないんだけどね。

なお、最終予想は明日アップするが、今日の段階ではヴィクトワールピサは3番手以下にする事を決めている。
最近私が消したり評価を下げた有力馬が来る傾向にあるので、ある意味ヴィクトワールピサの頭を狙うのもいいかもしれない。



[PR]