2009年 10月 24日 ( 1 )

娘は食べるのが大好きで、やや食べ過ぎの傾向すらある。
もちろん、甘いものは大好きだ。
なので将来ケーキ屋さんになったらどうかと勧めた。

すると横からカミサンが「ダメよ、有名なパティシエで女性っていないじゃない。だから女性が大成しないような仕組みになってるのよ」

おおっ!鋭い!

たしかに女性で有名なパティシエってほとんど聞かない。
それどころか、料理界で有名な女性ってほとんど聞かないぞ。
「料理の鉄人」に出た女性も、記憶にある限りでは小林カツ代さんだけだ。
どうでもいい話だが、以前隣の編集部に小林カツ代さんの娘さんがアルバイトに来ていたのだが、お母さんそっくりだった。

そんな事はどうでもいいのだが、やっぱり料理界はまだまだ女性が修行しづらい雰囲気があるのかもしれない。
まあ和食については、あっても不思議なはないよね、特に寿司職人あたりは。
中華はわからないけど、洋食、特にケーキのパティシエで女性が活躍できてないと言う事は、いわんやその他は、ってな感じなのかも。

特に大成する必要もないとは思うけど、一生懸命頑張っているのに女性と言うだけで差別されたら、修業のモチベーションも下がるだろうからなぁ。
10年後には、様子が変わっているかもしれないけどね。




[PR]