2009年 06月 26日 ( 1 )

今年も新馬戦の季節がスタートした。
来年のダービー&オークスを目指し、先週から2歳馬がデビューしている。

一昨年から、「netkeiba.com」というサイトのPOG(ペーパー・オーナー・ゲーム)に参加している。

http://pog.netkeiba.com/

参加初年度は指名したキャプテントゥーレが皐月賞を取ってくれ、馬券でも美味しい思いをさせてもらった。
この年はいつからでも指名が可能だったんだけど(ただしポイントは指名した後に勝ったレース分しか加算されない)、昨年からルールが変わり、デビュー前にしか指名ができなくなった。

それを知らなかったので、昨年、というか今年になってから慌ててデビュー前の馬を指名したので、今年度はワールドコンパス、ネオレボルーション、サイオンの2勝が最高。
後はデビューはしたものの、半分が未勝利で終わってしまった・・・。

なので今年は早めに登録をする。
一昨年、アドマイヤテンカが登録後にデビューしないまま抹消されたので、きちんとデビューレースが決まってから登録しようかとも考えたが、さすがに毎週新馬デビューをすべてチェックはできないので、まとめて登録する事にした。

選べるのは10頭、今年は19頭をチェックして、その中からさらに絞り込んだ。
黄色に塗りつぶした馬が、選んだ10頭だ。

a0003588_185686.jpg


選んだ基準は、

1.母親が活躍している
2.父親の実績がある
3.すでに所属厩舎が決まっている

の順である。

「1」と「2」を優先したら、「3」は栗東の厩舎ばかりになってしまった。
本当は東を応援したいのだけれど、「1」を優先するとどうしもこうなってしまう。

理由は、牝馬のクラシックロードは関西のレースが中心で、元々西の厩舎所属の馬が多い。
すると「母親と馴染みの厩舎」という話になると、自然と西の厩舎への所属が多くなってしまうのだ。
ただし一番下のツルマルジュピターだけは今週デビューで、サンスポでの評判が良かったという理由で登録している。

その他の馬を19頭から10頭に絞り込むのは、かなり困難だった。
落とした中でも一番後ろ髪を引かれたのは「スカーレットブーケの2007」だ。
ダイワメジャーとダイワスカーレットの下になるのだが、どうやら軽い故障を発生したらしく、デビューが遅くなりそうなので、泣く泣く外した。
インペリアルマーチ、「バレークイーンの2007」も、デビューが遅くなりそうなので外した。
ゼンノロブロイ産駒、特に「ファビラスラフィンの2007」はかなり気になったが、同様の理由で外した。

指名した馬で、厩舎が決まっていないのは「エアグルーブの2007」だけ。
「ファレノプシスの2007」は、矢作厩舎に決まっているらしい。

父親で見ると、アグネスタキオン×3、キングカメハメハ×2、クロフネ×2、スペシャルウィーク、マンハッタンカフェ、EmpireMakerが各1で、サンデー系が5頭だ。
バランス的にはこんなものだろう。

この中で期待したいのはやっぱりアーデルハイトか。

前述の一昨年選んだアドマイヤテンカは全兄に当たるのだが、この年の一番人気指名馬だった。
父はスペシャルウィークで違えど、今年ブエナビスタがあれだけ活躍したのだから、アドマイヤテンカもデビューしてたらクラシックロードに乗れたと思うんだけどな。
兄の無念を晴らす意味でも、妹には頑張って欲しい。

●指名馬(順不動)

エアグルーヴの2007
マシュケナーダ
ローザミスティカ
ローズキングダム
アルバマキシマ
スクーデリアピサ
ファレノプシスの2007
アーデルハイト
フェデラリスト
ツルマルジュピター





[PR]