2009年 06月 23日 ( 1 )

昨日の仙台出張、帰りの新幹線を待つ間にお土産を眺めていた。
一部で話題になった「戦国BASARA米」も売っていたよ。
当然買わなかったけど。

すると、定番のご当地キティ、ご当地キューピーに並んで、ゆるキャラストラップ、キーホルダー群が目についた。
キティやキューピーと一緒に並ぶ、数々のゆるキャラ軍団グッズ。

ゆるキャラ自体も早くから話題になっていたが、「まりもっこり」がマニアにブームになって以降、「ゆる」ければ「ゆる」いほど全国的に知名度が上がると言うヘンな状態が続いている。

宮城も数々のゆるキャラがいるが、まず目にとまったのが「ずんだ豆もっこり」。

http://www.strapya.com/products/30134.html

っつーか、そもそも「まりも」って、阿寒湖をはじめとした北海道の湖に生息しているという事で、「まりもっこり」が北海道のご当地キャラとして人気が出たんじゃないの?
なのに、それが北海道以外のご当地キャラになっているって、意味がわからん・・・。

ちなみに宮城だけでなく、「まりもっこり」は東北全域に進出しているらしい・・・。

http://item.rakuten.co.jp/datenashopping/c/0000000121/

アホらしいのでこれ以上は調べなかったが、すでに全国にはびこっているのかも・・・。

続いては、東日本放送のキャラらしい、「ずんだっち&ずんだり~な」と「ホヤーダ」。

http://khb.jp/html/newpage.html?code=6

よくわからないが「裏影」と言うバラエティ番組から誕生したキャラのようだ。
ずんだっちとホヤーダの、人を小馬鹿にしたような表情が、いかにも「ゆるキャラ」である。
「裏影」という番組を見ていなかった人が手に取る事は、まずないと思うが・・・。

さあ、ここまで書いたが、本日一番ビックリした「ゆるキャラ」は、表題の「うんこまさむね」と「おしっこまさむね」だ。
帰宅してすぐ検索してみたけど、引っかかったのは下のブログだけ。

http://kinekofu.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-33f7.html

画像を見ていただければわかると思うが、「うんこまさむね」のキャッチコピーは「うんこが飛び出るよ!」、そして「おしっこまさむね」の方は当然「おしっこが飛び出るよ!」である。

ネーミングもすごいが、商品開発のセンスはさらにその上を行く。
その昔、観光地のお土産には必ず般若のお面のキーホルダーがあり、目の部分の細い棒がびよよ~~~ん、と飛び出すギミックになっていた。
この「まさむね」シリーズも同じギミックを使っており、「まさむね」の肛門部分と股間部分から細い棒がびよよ~~~ん、と飛び出すギミックになっている。

いやはや・・・。

しかも上記のブログにも書かれているが、「うんこ」の方は「まさむね」が便器にまたがっているものの、肝心の「うんこ」が便器を無視して外に飛び出てくる。

開発する方もする方だが、これを仙台駅構内で堂々と発売する方もどうなの?ってな感じだ。
「いやー、なかなかかわいいでしょ、お土産に一つどう?」って考えているのかな、地元の人たちは。
そうは思えないんだけどなぁ・・・。

※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください


●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]