W杯は出るのが大変だ

サッカー日本代表はめでたく本戦出場が決まったが、その他の大陸は、ちょっと大変なことになっている。

まずは他大陸ではないが、アジア予選のグループB。
韓国がトップ抜けをしたが、残り1枠は混戦。
1試合早く消化している北朝鮮が勝点11で暫定2位に付けているものの、3位サウジが10点でピタリと追う。
サウジはこの後アウェイの韓国戦とホームの北朝鮮戦を残しているが、韓国戦は引き分け、ホームで直接対決の北朝鮮を下して2位抜けを狙ってくるだろう。
イランはやや苦しい立場だが、次戦ですでに敗退が決まっているUAEをホームに迎える。
ここで着実に3点を加えれば、勝点は10まで積み上がる。
最終戦はアウェイで韓国戦だが、これを撃破してサウジ-北朝鮮が引き分けに終わると2位で勝ち抜けできる。
それを避けたいサウジ、北朝鮮が死力で戦って勝敗が付いても、どちらかが勝点11にとどまるので3位のプレーオフの芽が出てくる。
いずれにしろ、最終韓国戦を勝てば道が開ける状態だ。

続いてヨーロッパ。
こちらはFIFAランク2位のオランダが、比較的ラクなグループに入っていた事もあり順当にトップで本戦出場を決めた。
そのほか、イタリア、イングランド、ドイツ、スペインあたりも順当に勝ち抜けそうである。
フランスもやや苦戦しているものの、なんとかプレーオフに回らずに勝ち抜けできるか。

そして問題はグループ1だ。
ここには2大会連続出場中のポルトガル(FIFAランク11位)とスウェーデン(同31位)が同居した。
どちらも実力国だが、今予選は苦戦している。
6/6の試合でポルトガルは順当にアルバニアに勝ったものの、スウェーデンはホームの直接対決でデンマークに負けてしまった。
これでデンマークが勝点16、ハンガリーが勝点13に対し、ポルトガルは9、スウェーデンは6。
スウェーデンは残りを1試合多く残しているものの、デンマークが残り4戦で2勝すると両国とも追い付くことができなくなる。
2位のハンガリーとも4点差なので、直接対決で下しても追いつけない。
このまま行くとラーション、イブラヒモビッチ、デコ、そしてC.ロナウドまで、本戦に出られなくなる。

さらに北中米。
6/3にコスタリカがアメリカを下し、現在首位に立っている。
問題はメキシコだ。
6/6にアウェイでエルサルバドルに負けてしまったため、現在4戦して勝ち星なしの5位。
勝点差は1とは言え、南米5位とのプレーオフ圏内である4位からも滑り落ちた。
1-2位はコスタリカ、アメリカで抜けた感がある。
南米5位とのプレーオフは避けたいので、なんとしても3位を死守しなければならないが、他国にもまだチャンスがある分、逆に熾烈な戦いとなりそうだ。

いやー、W杯って、本当に出るのが大変なんだよね。
日本は最終予選でクジ運に恵まれて、本当に良かったよ。




[PR]
by ksato1 | 2009-06-08 22:20 | 日記 | Comments(0)