天皇賞(秋)

先週の日曜日まで、やはり3強の決着かと思っていた。
G1で3強と言われるパターンの場合、だいたいそのうちの2頭、もしくは3頭で決着するパターンが多い。

しかし今年は荒れそうな予感。
なぜかと言うと、前年の有馬記念馬、春の天皇賞馬、宝塚記念馬ともみんな不在で、人気の3頭のうち2頭が牝馬、残り1頭が3歳馬だからだ。
秋の天皇賞では、どちらもあまり勝率がよくない。

そこでいろいろと検討をする。

まず世代のレベル。
昨年以降のレースを見ると、4歳のトップクラスはレベルがかなり高い。
また、5歳はマツリダゴッホ、メイショウサムソン、アドマイヤジュピタなどがいるが、今回出走しているのはサクラメガワンダーのみ。
6歳勢はエイシンデュピティ、インティライミとも不在でやや力不足か。
7歳は一時期最強世代とも言われ、今回もエアシェイディ、カンパニー、ポップロックなどクセモノが揃っている。
8歳以上はエリモハリアーのみだが、パンパンの良馬場では苦しいか。

そして3歳馬だが、夏以降の混合重賞での勝鞍がゼロ。
ディープスカイ1頭がズバ抜けて強いという可能性もあるが、NHKマイルC、ダービーとも水準的には平凡と言わざるを得ない。
したがって、ここはバッサリ斬り落とす。

世代では4歳vs7歳の戦いか。
そこでこの夏の重賞を見てみる。
ドリームジャーニーが小倉記念、朝日CCとG3を連勝、タスカータソルテも札幌記念でマツリダを撃破している。
なので7歳馬のレベルの高さは認めるものの、現時点では充実期に入った4歳勢がこれを超えたと見て、4歳馬で勝負。

続いて展開を考える。

行くのはおそらくダイワスカーレットだろう。
番手で抑える競馬もできるが、引っかかって暴走する馬がいない限り、おそらくラクラク鼻を奪えるだろう。

続いて行くのはウオッカか。
ただし今回の枠順発表で、一番苦虫を噛み潰したのは武豊に違いない。
プレクラス二―さえ抑えれば勝てると確信した、91年秋の天皇賞。
メジロマックイーンで外枠から強引に鼻を奪い、1着入選で失格した事は今でも忘れていないはずだ。
そう考えると、早く出すぎれば掛かる可能性もあるので、そろっと出して外を無理をせず流れに乗ることを考えるかもしれない。

こうなると、ダイワスカーレットを本命にするしかない。

半年以上の休み明け、初の東京コースと不安材料もたしかにある。
しかし、昨年の有馬ではマツリダ以外には完勝、春の大阪杯も休み明けで牡馬を蹴散らしている。
この馬が自分のペースで逃げたら、おそらく追い付ける馬はいないだろう。
エリザベス女王杯の選択肢もあったのに、名伯楽松田国がここを選んだという点でも、仕上がりは万全とみるべきだ。

対抗は思い切ってタスカータソルテ。
あまり話題になってないが、今週から参戦したルメールが鞍上。
過去人気薄で天皇賞を勝ったオフサイドトラップ、ヘヴンリーロマンスとも、夏の新潟記念、札幌記念を制してそのまま直行している。
しかもこの夏札幌記念で破ったのが、マツリダゴッホ。
ここにきて本格化したと考えてもいいだろう。

三番手はウオッカ。
本命でもいいくらいだが、やはり外枠が気になる。
前走は逃げて差しこまれた事を考えると、ダイワを追いかける事はしないだろう。
そうなると、追いこんで届かずになりそうな気がしてならない。

四番手はドリームジャーニー。
この馬も本格化をして充実一途、大外でなければもう少し評価を上げたいところだ。
出来も悪くないので、大外追いこんでくる可能性は高い。

アサクサキングスは勝味に遅いという点で、2000mではやや評価を下げる。
これに、ペリエが鞍上のトーセンキャプテンまで。

ちょうど、全部4歳馬で6頭だ。

◎ダイワスカーレット
○タスカータソルテ
▲ウオッカ
△ドリームジャーニー
×アサクサキングス
×トーセンキャプテン

馬券はいつもどおり、◎○1着、◎○▲△2着、◎○▲△×3着の3連単フォーメーション24点勝負。
[PR]
by ksato1 | 2008-11-02 14:32 | 競馬 | Comments(0)