人気ブログランキング |

「ハンターキラー 潜航せよ」

久しぶりにアップする映画の感想。
まずは「ハンターキラー 潜航せよ」だ。
タイトルと予告編を観た段階ではよくあるB級サスペンスかと思ったが、ストーリーがしっかり練り込まれている作品であった。

北極海でアメリカ海軍の原潜がロシア海軍の原潜を追尾していた。
すると突然、ロシア海軍の原潜がミサイル攻撃を受け撃沈される。
追尾していたアメリカ海軍の原潜も、何が起きたかわからないうちに撃沈されてしまった。
米海軍は調査のために、反撃能力を持つハンターキラーの原潜「アーカンソー」を現場に向かわせることにした。
艦長は新任のジョー・グラス(ジェラルド・バトラー)、海軍兵学校を出ておらず、若い頃から原潜に乗り込み鍛えられた、叩き上げの艦長だ。

同時に統合参謀本部は、ロシアの大統領が現場付近の基地を訪れていることをキャッチする。
最初は事故の調査と収集のためかと思ったが、大統領が基地に向かったのは事故の前だった。
作戦本部はビル・ビーマン(トビー・スティーブンス)率いる特殊部隊に、現地の状況を調査させることにした。

現場を調査していたアーカンソーだが、いきなり魚雷攻撃を受ける。
ジョーの機転で危機を回避、逆襲して敵原潜を撃沈したが、それはおそらくロシア艦で、世界大戦勃発の可能性もはらんでいた。
その後アーカンソーは、海底からの音をキャッチ、沈没したロシア原潜に生存者がいる事を確認する。
副長の反対を押し切り、ジョーは生存者を救出、その中には原潜艦長も含まれていた。
状況を確認すると、沈没したロシア原潜は、アーカンソーを攻撃した原潜により撃沈された可能性が高い。
つまり、ロシア軍の原潜がロシア軍の原潜を攻撃したことになる。

そして、ロシア軍基地内では国防大臣が大統領を拘束、ロシア国憲法では大統領が指揮を取れない状況になった場合、その権力は国防大臣が引き継ぐことになっていた。
国防大臣はクーデターで権力を掌握、そしてアメリカとの開戦を目論んでいた。
アメリカの統合参謀本部はこの事をキャッチすると、本部長はDEFCON3を宣告、さらにDEFCON2を宣告しようとするが、海軍少将のコモンが待ったをかける。
潜入中の特殊部隊とアーカンソーに、拘束されたロシア大統領を救出させると言い出した。
しかし一歩間違えると、アメリカがロシア大統領を誘拐したことになり、開戦の原因を作ったのはアメリカになってしまう可能性もある。
統合参謀本部長が反対する中、コモンはなんとか周囲を押し切り、特殊部隊とアーカンソーにロシア大統領救出のミッションを伝える。

アメリカ軍がロシア大統領を救出するという、かなり斬新な発想の作品である。
しかも原子力潜水艦の内部の描写が非常にリアルで、かつ軍の内規を飛び越えてミッションを達成しようとするジョーと乗組員の戸惑いの描き方も見事だ。
サブストーリーとなる特殊部隊4人の扱い方も巧い。

日本語タイトルがイマイチなので目立たない作品になってしまっているが、最後の落とし方もよく、エンターテイメント作品としてはかなり完成度が高いと言っていいだろう。
この作品で、新艦長のもと一体となったアーカンソーの、次回作品も観てみたいと思った。


39.ハンターキラー 潜航せよ


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
by ksato1 | 2019-04-25 21:29 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ksato.exblog.jp/tb/239234245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]