「ウインド・リバー」

もう終了してしまったが、ギンレイで鑑賞。
併映の「search/サーチ」も面白いのだが、すでに観ており時間がないこともありスルーした。
ジェレミー・レナーとエリザベス・オルセンは、アベンジャーズ・コンビでもある。
アベンジャーズで両者の共演シーンはほんとどないが。

舞台は、冬は極寒の地となるワイオミング州ウィンド・リバー保留地。
コリー・ランバート(ジェレミー・レナー)はここでFWS(合衆国魚類野生生物局)の職員をしていた。
地元の先住民から害獣の駆除を頼まれれば、雪深い山に入ってハンターの仕事もこなす。

コリーにはかつて先住民の妻がいたが、今は離婚している。
元妻は養育している息子と共に、南の地への移住を考えているが、コリーはそれを止めようとしなかった。
元妻が移住先の下見をしている間、コリーは息子を預かり元妻の実家へ行った。
コリーは先住民にも信頼されており、元妻の両親とも変わらない付き合いをしている。
そしてそこからハンティングの仕事をするために山に入るのだが、途中で凍死体を発見する。
コリーも良く知る先住民の娘ナタリーだ。
コリーは保留地の保安官であるベン・ショーヨとともにFBIに連絡、しかしやってきたのは、保留地について何の知識もない若い女性のジェーン・バナー(リザベス・オルセン)だった。
コリーとベンは現場までの道案内をするが、何もわからないジェーンにやや呆れてしまう。
そしてジェーンの要請もあり、コリーはベンと共にジェーンの捜査に付き合う事にする。

ナタリーの死因は、夜中に極寒の地を走ったことによる凍死だった。
冷えた空気で肺が凍結して出血、その血液で窒息してしまったのだ。
監察医はレイプの痕跡もあり、暴行を受けて逃げ出した結果の凍死だから、殺人事件だと言う。
しかしジェーンは直接の死因が凍死だとFBIが他殺と判断しないため、自分の捜査権の範囲ではなくなると主張。
結局FBIには死因を報告せず、応援もないまま3人で捜査を進める事にした。

3人は現場を検証するが、ナタリーの遺体があった場所から一番近い家屋まで5km以上あった。
ナタリーは裸足で、極寒の夜間に5kmも走れるか、疑問である。
だがナタリーを知るコリーは、メンタルの強いナタリーならその可能性もあると言った。
そこで3人は、周辺の家屋に住む怪しい人物を調べ始める。

ミステリーかと思って観に行ったが、ミステリー要素は強くなく、どちらかと言えばアメリカ社会での先住民の立場に焦点を当てた作品だ。
日本人には良くわからないが、保留地は先住民による治外法権があり、そこではいまだ白人との軋轢が少なくないようである。
広大な大地で、警官の応援や救急車を呼のでも到着に1時間以上要する。
そのエリアの広さと雪で捜査は難航するのだが、逆に解決への糸口にもなる。
そして治外法権のためか無法地帯の様相も呈しており、治安も決していいわけではない。
これらの状況を、ストーリーに巧く取り入れている。

実際に起こった、先住民のレイプ殺人事件を題材にしているようなので、面白いと言っていいのかどうかはわからない。
しかしコリーと元妻のバックグラウンドを行間で表現するなど、なかなか完成度の高い映画と言っていいだろう。
個人的には好きな作品である。


18.ウインド・リバー


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
by ksato1 | 2019-02-12 06:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ksato.exblog.jp/tb/239098809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]