人気ブログランキング |

「マスカレード・ホテル」

東野圭吾原作のミステリー作品だ。
だがミステリーと言っても、ガリレオシリーズや加賀恭一郎シリーズと比較すると、ミステリー要素はかなり薄い。
ホテルに来るさまざまな客の人物観察と言う点で、「有頂天ホテル」に近い印象を持った。

都内で起きた3件の殺人事件は、残された暗号によって連続殺人事件である事がわかった。
その謎を解いたのは捜査一課の新田浩介(木村拓哉)。
残された数字の羅列から日付を引くと、次の殺害現場の緯度経度になることを突き止めたのだ。
そして3件目の現場に残っていた数字は、次の現場がホテル・コルテシア東京であることを告げていた。
新田が所属する稲垣係長(渡部篤郎)のチームは、コルテシア東京に潜入捜査に入ることになった。
新田はフロント係を任され、フロント担当の山岸尚美(長澤まさみ)が教育係として付くことになる。

新田たちが潜入捜査を始めた後は、ホテルにやってくる様々な怪しい人物を楽しむ展開となる。
クレームを重ねて部屋をグレードアップしようとする男、備品を盗んだように見せかけて難癖をつけ、後からホテルを恐喝しようとするカップル、有名人と密会のために部屋を予約する女、などなど。
そしてその中に、連続殺人犯の犯人が紛れ込んでいるのだ。

冒頭にも書いたが、ミステリーとしての要素は薄い。
犯人が巧妙にステークホルダーを巻き込んで犯罪を成立させようとするのだが、この部分がかなり強引だ。
しかも事件全体の概要が、刑事のセリフだけで語られてしまう。

そしてキムタク演じる新田の青臭い正義感が、鼻に付いた。
「検察側の罪人」では正義のヒーローではなくその部分は評価できたが、今回はまた青臭いヒーローに戻ってしまった。
似たような役ばかりの連続で、もうキムタクのヒーローはお腹一杯なのだが、ここでもそれを貫き通した。
もちろん演技が下手という事ではないが、キムタクにはもっと別の役を見せて欲しいという気持ちの方が勝ってしまう。
一方、長澤まさみの生真面目で気の強いヒロインも定番に近いが、キムタクのマンネリ感の方が強かったせいか、あまり気になることはなかった。

この作品も、全般的には面白いとは思う。
原作は前日譚と続編もあるようだが、続編を作るにしてももう少し捻りを加えないと、さらにマンネリを積み重ねるだけのようにも思える。


15.マスカレード・ホテル



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
by ksato1 | 2019-02-09 00:09 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ksato.exblog.jp/tb/239095846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]