「人魚の眠る家」

原作は東野圭吾だが、カテゴリーとしてはミステリーでもサスペンスでもなく「手紙」のようなヒューマンドラマに近い感じがした。

播磨薫子(篠原涼子)は小学校入学前の娘、息子と暮らしていたが、夫の和昌(西島秀俊)とは夫の浮気が原因で別居していた。
ある夏の日、実母の千鶴子(松坂慶子)が子供二人と姪っ子をプールに連れて行ってくれた。
だがそこで事故が起こり、娘の瑞穂は脳死してしまう。
現実が受け入れられない薫子と和昌は、医師から臓器提供のための脳死判定の説明を受けるが、当然それを拒否する。
そして薫子は、意識の戻らない瑞穂を自宅で介護することにした。

和昌は引退した父の後を継ぎ、父の起こした医療機器メーカーの経営を行っていた。
そして自社の中に、電気信号を使った補助機器の研究をしているチームがあったことを思い出す。
和昌はそのチームの中心人物だった星野(坂口健太郎)に、意識のない娘が動けるようなシステムの構築を依頼した。

星野は優秀で、瑞穂の体が動くシステムを少しずつ開発していく。
事故の事を悔やみ、自分を責め続けていた薫子と千鶴子にとっては、それはうれしい出来事だった。
しかし星野が開発する技術は予想以上に精巧で、薫子以外はだんだんその技術が本当に瑞穂のためなのかと疑問を抱きだす。
一方薫子は、周りの微妙な反応を察知し、それまでよりいっそう瑞穂が生きているのだという事を強調しようとした。
そして瑞穂をことあるごとに車椅子で外に連れ出し、弟である生人の小学校の入学式にも瑞穂を出席させてしまった。
さすがに周囲の人間はドン引きし、そこから家族との関係が壊れ始めてしまう。

ストーリーはやや強引だが、篠原涼子と西島秀俊の演技が素晴らしい。
我が子の脳死を受け入れらない、いや受け入れようとしない薫子。
そして自分の浮気を負い目に感じ、娘と妻の心をなんとか救いたいと考える和昌。
娘の事故をきっかけにこの二人の気持ちが戻るのかと思いきや、星野のシステムが予想以上に優秀すぎたため、事態は思わぬ方向に進んでしまう。
二人のこの心の葛藤の描き方が見事だ。
また、終始自分を責める祖母の千鶴子役の松坂慶子、そして姉と母を気遣いながらも異常性に違和感を感じる薫子の妹役の山口紗弥加も良かった。
特に子供を持つ身であれば、薫子と和昌、そして千鶴子の気持ちに思わず共感してしまうだろう。

その一方で、星野とその恋人の真緒(川栄李奈)の描き方は中途半端だったかな、という気もする。
研究に没頭する星野を描くことは、進化するシステムを表現する上で重要なのだが、この二人の関係がややステレオタイプな描き方なので、ちょっとインパクトが薄かった。
川栄李奈はいい演技ができるのだが、少々もったいない使い方になってしまった。
彼女が感情的ではなく正論で厳しく、星野の研究が異常であることを指摘していたら、いいアクセントになっていたんじゃないかとも思った。


140.人魚の眠る家


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]
by ksato1 | 2018-12-05 00:05 | 映画 | Comments(0)