「GODZILLA 星を喰う者」

アニメゴジラ3部作の最終章だ。
2作目でそこそこ持ち直したので最終話も期待したが、期待したほどではなかった。

前作で対ゴジラ兵器として有効だったメカゴジラシティは崩壊、ゴジラは一時的に沈黙しているものの、有効な解決策を見出せない状況だった。
しかも人々とナノメタルの融合を主張したビルサルドは、その主張を否定されたことに抗議して移民船の機関部を占拠。
さらに地球上でのナノメタル融合作戦を阻止したハルオ・サカキの処刑を求めて、居住区館への電源供給をストップした。
地球人とビルサルドの軋轢が大きくなる中、エクシフは地球人を自分たちの宗教へと取り込み始める。
特に地球に降りたメトフィエスは、ハルオを擁護する立場をとるように見せかけながら、エクシフ本来の目的を遂行し始めようとした。
そしてその時、ゴジラが再びエネルギーを発して動く前兆を見せ始める。

一応、3部作でストーリーの整合性は取れる作りにはなっている。
だがやはり、構成が巧くない。

元々エクシフが地球に飛来してきた目的はこの3作目ではっきりわかるようになり、そもそもゴジラがなぜ地球上に現れたのか、その理由もはっきりする(物理的、進化学的ににあり得るかどうかは別として)
だが、1作目できちんとその布石を打っていないため、3作目の途中まで話がゴチャゴチャしている。
エクシフが最初から常に、「『ゲマトロン演算』が答えを出していないのなら、まだ時は満ちていないと言う事だ」的なセリフで、何もしない種族として強く位置付けていれば、3作目への布石となっていただろう。
そしてエクシフにとっては、おそらくビルサルドは偶然同時期に接触してきた種族であり、歓迎できる出会いではなかったはずだ。
その事も強調しておけば、エクシフの企みにも布石が打てたはずだ。
そして3作目のメトフィエスの目論見がはっきりするまでも、無駄に長すぎて飽きてしまった。
もっと簡潔にまとめられたはずだ。

またこの3作目で一番残念だったのは、ゴジラ vs ギドラのバトルである。
1作目の対ゴジラバトル、そして2作目のゴジラ vs メカゴジラシティのバトルはかなり見応えがあった。
それに比べてゴジラ vs ギドラのバトルはあっさりすぎて、拍子抜けしてしまった。
メトフィエスとエクシフの想いをダラダラ語るならば、もっと迫力あるバトルシーンを展開して欲しかった。
さらにモスラについても、期待させておいてこれかよ、的な扱いだった。

繰り返しになるが、全体の設定はまずまず面白い。
だから構成次第ではもっと面白くなったのではないかと思う。
途中でストーリーを捻り過ぎて、観客よりも制作陣の思いが主役になってしまった感がある。



132.GODZILLA 星を喰う者



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]
by ksato1 | 2018-11-20 00:05 | 映画 | Comments(0)