「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」

ローワン・アトキンソンの人気シリーズの第三弾だ。
と言っても実は前2作は観ていない。
ただローワン・アトキンソンだけに、それでもそこそこ楽しめる作品だった。

かつてのMI7のエージェント、ジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)は、引退して小学校の地理の教師をしていた。
しかし勝手に、新たなるエージェントの発掘が自分の使命だと考え、授業そっちのけで子供たちにエージェントとしてのテクニックを教えていた。
そして当然、彼が教える技術はかなり間の抜けたものであった。

そんなある日、MI7のサーバがハッキングされ、エージェント全員のデータが盗み出されてしまう。
現役エージェントのデータは相手に筒抜けなので、ハッキングの調査を依頼することができなかった。
そこで引退したエージェント達が呼びされるのだが、ジョニーのとある行動で他のエージェントは事故に巻き込まれ、ジョニーがこの任務を受けることになった。
かつての相棒ボフと一緒に調査を始めるジョニー。
高級ホテルのレストランを火事にしてしまうのだが、なんとかハッキング元となるIPを遡って怪しい豪華客船を突き止める。
二人はすったもんだしながらも、なんとか豪華客船のサーバルームに発信器を取り付けることに成功した。

ローワン・アトキンソンがボケまくる作品だ。
かなりベタなボケが多く、一方でVRでの潜入訓練など強引すぎるボケもあるのだが、どちらも思わず笑ってしまうのはやはりローワン・アトキンソンの演技力によるものだろう。
過去2作品を知らないと笑えないエピソードもあったのかもしれないが、そんな事もほとんど気にならなかった。

もうすぐ64歳になるローワン・アトキンソンだが、まだまだ衰えていないところを見せつけてくれた。


131.ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]
by ksato1 | 2018-11-19 21:44 | 映画 | Comments(0)