「散り椿」

良くも悪くも時代劇であるのだが、想像していたより恋愛要素が強く、ちょっと違和感を感じた。

瓜生新兵衛(岡田准一)はかつて所属して藩の不正を暴こうとし、その責を負わされて妻の篠(麻生久美子)とともに藩を追われていた。
逃げた先にも藩からの刺客が命を狙いに来る生活で、篠はやがて病で命を落とすことになる。
彼女の最期の言葉が、故郷の散り椿を見たい、だった。
篠の希望もあったため、彼女の死後新兵衛は故郷の藩に戻り、篠の実家に居候することになる。

実家には篠の妹の里美(黒木華)、そして弟の藤吾(池松壮亮)が暮らしていた。
篠、そしてこの二人の兄の源之進(駿河太郎)は新兵衛の親友でもあったが、新兵衛が藩を追われたときの事件で切腹させられている。
家はその後藤吾が継ぎ、役職にも就いていた。

藩では、やはりかつての新兵衛の親友榊原采女(西島秀俊)が重職に就いており、事実上藩を仕切る重鎮石田玄蕃(奥田瑛二)と権力闘争をしていた。
実は采女の父は、かつての不正事件の際に何者かに斬られていた。
新兵衛、源之進、采女、そして今は閑職に甘んじている篠原三右衛門(緒形直人)の4人は、同じ道場で四天王と呼ばれる実力であったのだが、采女の父を殺した犯人は、その見事な斬り口からこの4人の誰かではないかと噂されていた。
そして父亡き後も藩の重職まで上り詰めるほどの才覚があった采女が、父の不正が許せずに斬り殺したのではないかと考える者も少なくなかった。

そんな中、藩の名産である和紙を取り扱う田中屋から、新兵衛に用心棒になってくれとの依頼が来た。
田中屋は過去の不正に関与しており、それを暴露されると困る藩内の勢力から命を狙われていたのだ。

新兵衛が藩に戻ることで過去の不正が明るみに出るところとなり、それに絡んで玄蕃と采女の権力闘争も激しくなる。
この設定は正当な時代劇であり、木村大作の美しい映像と相まって非常に見応えのある内容となっていた。
しかし新兵衛とその妻、そして采女の三角関係が、ストーリー全体に影響を与えすぎているようにも思える。
新兵衛、采女の行動のモチベーションが、武士としての矜持より篠への想いの方が強いように見え、骨太な内容がやや薄まってしまった。
「蜩ノ記」が武士の本懐をテーマにしていたので、この作品にも同様の期待を抱いていたのだが、思っていた内容とはちょっと異なる作品だった。


120.散り椿


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]
by ksato1 | 2018-10-06 00:05 | 映画 | Comments(0)