ギンレイの2本

今回のギンレイは、2017年度邦画の4強のうちの1作「彼女がその名を知らない鳥たち」と「勝手にふるえてろ」だ。

まず、「彼女がその名を知らない鳥たち」。
十和子(蒼井優)は陣治(阿部サダヲ)と一緒に暮らしているが、建設的なことは何もしておらず、どちらかと言えば自堕落に暮らしていた。
と言うのも、かつて付き合っていた黒崎(竹野内豊)に手ひどく振られ、体のケガは治ったものの心の傷は癒えていなかったからだ。
建設会社で働く陣治は見た目も野暮ったく、女性を優しくリードすることもできない。
十和子はそんな陣治に冷たく当たるのだが、陣治は心から十和子に尽くしていた。

そんなある日、十和子は腕時計の修理を百貨店に依頼するのだが、すでにメーカーが倒産しており修理ができないと断られる。
十和子はイライラして、つい黒崎の電話番号をならしてしまう。
十和子がクレーマーのように何度も問い合わせをすると、若い責任者の水島(松坂桃李)が代替品を持ってくるのだが、その和らな対応に十和子はそのまま水島と関係を持ってしまう。

その後も十和子は水島と関係を続けるが、やがて刑事が十和子の元を訪れた。
十和子が電話を鳴らした水島は、5年前から行方不明になっており、発信元の十和子が何かを知っているのではないかと調べに来たのだ。
黒崎が行方不明になっていることを知り、動揺する十和子。
十和子は刑事に黒崎の家を教えてもらい、妻に会う事にした。
そしてそこで、黒崎の妻の伯父である国枝(中嶋しゅう)と出会った。
国枝を見た瞬間、かつての記憶が少しずつ甦ってくる十和子。
混乱する十和子は水島に救いを求め、切実に会いたいと懇願するのだが、すでに十和子に飽きていた水島は冷たく接するのだった。

ミステリーと言えばミステリーだが、ストーリーの中盤でだいたい結末はわかってしまう。
それを最後まで面白く見せてくれるのは、蒼井優と阿部サダヲの演技力だろう。
特に蒼井優は、今まであまり見せたことない役柄で、彼女の引き出しの多さを再認識した。


続いて「勝手にふるえてろ」。
こちらは正月にロードショウで観ているので、本数にはカウントしない。
だが、映画としては「彼女がその名を知らない鳥たち」よりこちらの方が面白いと思う。

とにかく、主役の松岡茉優の演技が素晴らしい。
典型的なこじらせ系女子を、見事に演じている。
また、その松岡演じるヨシカの、妄想シーンの演出も見事だ。
イチに透明感のある北村匠海、ニに見た目がちょっと暑苦しい渡辺大知を配している点も見事だ。
監督をはじめとする製作者のセンスを感じる。

個人的には、松岡茉優がこの映画でいくつかの女優賞を獲得してもまったく不思議ではないと思った。


77.彼女がその名を知らない鳥たち



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]
by ksato1 | 2018-06-25 21:46 | 映画 | Comments(0)