「スター・ウォーズ」シリーズの謎

さて、SP8を観た上での、シリーズの謎の整理だ。

まず、レイの出自。
前作でルークのライト・セーバーを預かっていたマズ・カナタが、「それはお前の父、そしてその父が持っていたもので、今はお前のものだ」的な事をレイに向かって言う。
そのためすっかりレイはルークの娘だと思い込んでしまうのだが、レイがルークの娘だと思わせるエピソードはこれ以外にない。
そして今回EP8を観ると、どうやらレイはルークの娘ではなさそうだ。
カイロ・レンとのセリフでその出自が明らかにされそうになるのだが、スヌークを倒した後二人が対峙するときに、カイロ・レン自身がレイの親を「カネで娘を売るジャクーのパーツ漁り」みたいなことをサラッと言う。
レイもそれを否定してはいないのだが、それが真実なのか、あるいは何かの比喩なのかの判断が難しい。
ただ、ジャクーに残されたレイが宇宙船を見上げるシーンで、そこに移っている宇宙船がオーガナ卿の宇宙船のようにも見えた。
となると、レイもハン・ソロとレイアの娘で、カイロ・レンとの双子と言う可能性も残されている。
いずれにしろレイの出自については、EP9でキッチリ明らかになるだろう。

続いてフィンの出自。
今回はフィンの出自についての手がかりは、まったく示されなかった。
どこかの惑星からさらわれてきてストーム・トゥルーパーになったと言う設定で、EP7でカイロ・レンに一太刀浴びせていることから、フィン自身もフォースを持っていてその出自に秘密があるのかと思った。
だが残り1話しかないことを考えると、フィンの出自についてはあっさりスルーされる可能性も高そうだ。
ちなみに、強いフォースを持つカイロ・レンがフィンに傷つけられたのは、父であるハン・ソロを自らの手で殺めたことで、心に乱れが生じた事が原因らしい。
その前にもチューバッカに左横腹を撃たれて傷ついていたので、一般人のフィンでもカイロ・レンと戦うことができた、と言う事なのかもしれない。

そして最大の謎スヌーク。
今回はスヌークもかなりのフォースを使っていた。
しかしシスの暗黒卿とは一度も呼ばれていない。
シリーズの正式な設定としては、ダース・シディアスとダース・ベイダーの二人が最後の暗黒卿らしい。
そして暗黒卿は、師一人、弟子一人のペアで行動をする。
となると、実はスヌークはEP6で死んだと思ったダース・シディアスが生き延びていた可能性もある。
あの特徴的な頭の傷もその時に負ったもの、と言う事なのかとも思った。
しかし今回のスヌークはあまりにも弱かった。
途中までは、カイロ・レンの心の内もすべて読めている的な事を言っていたが、カイロ・レンにあっさり裏切られて倒された。
あのシーンだけは、「えーっ?! スヌークこれで死んじゃうの???」と、かなり引いてしまった。
めちゃめちゃ強そうなのにあっさり死んでしまうと言う期待外れの大きさで言えば、ドラゴンボールのコルド大王並みである。
死んだと見せかけて実は生きているのではないかと思い、エンドロールが上がった後にその布石的な映像が流れるのではないかと期待もしたが、エンドロールの後、劇場はあっさり明るくなった。
中盤、レイとカイロ・レンが念話できたのもスヌークが仕掛けた的な事を言っており、ストーリーはまるでスヌークの手の平の上ですべて進行しているかのように見えた。
スヌークを倒すことなどできないという絶望感が広がったのに、その直後にあっさり倒されてしまう。
逆に、レイをおびき出すためにカイロ・レンに巧く使われていた感さえ出てしまった。
いったい、何のために出てきたのかまったくわからないキャラである。
残り1話であることを考慮すると、もうスヌークがストーリーに絡んでくることはないだろう。
正体がまったくわからないままあっさり殺されてしまうという、かなりかわいそうなキャラになってしまった。
さらにカイロ・レンがどこに向かっているのか、イマイチわかりづらい。
EP7で、壊れたダースベイダーのマスクに向かって、「あなたが始めたことを私が終わらせます」とつぶやいている。
EP7時点でカイロ・レンは、スヌークよりもダースベイダーを信奉している事が強く描かれていたので、これはおそらく間違いないだろう。
EP8で、スヌークがやたらカイロ・レンのマスクを小馬鹿にするのも、カイロ・レンが自分ではなくダースベイダーに心酔していることに、嫉妬しているようにも見えた。
いずれにしろ、カイロ・レンはダースベイダーを目標にしているのだが、彼はどこを目指そうとしているのか。
レイと対峙したとき、「全も悪もない、帝国軍も反乱軍もない世の中を作る」的な事を言っている。
このこと自体は理解できる。
ある意味、織田信長の考えと通じるところがある。
そこに敵対がなければ、争いは生まれないのだ。
だから自分が絶対者として統治する、と言う考え方だ。
だがレイは、信頼していたカイロ・レンが自分をスヌークの前に突き出したことで、レイに全幅の信頼を置けなくなっていた。
だから二人は決裂する。
この決裂の後、カイロ・レンはどうするつもりなのだろうか。
自分を見放した師匠ルークに対する怒りはわかるが、レイと対峙したままでは争いのない世の中を作ることはできない。
だからレイを倒す、と言う事なのだろうか。
なんだかそれでは、非常に話が薄っぺらくなってしまう。
カイロ・レンとレイの関係は、二人が双子の可能性も含めて、もう少し広がりそうな気もする。

これ以外にも、マズ・カナタはなぜルークのライト・セーバーを手に入れることができたのか、今回から登場したDJは何者なのか、など細かい謎は残っている。
シリーズ全体の謎、なぜオビ=ワンはルークにスカイウォーカーを名乗らせたのか、という部分も明らかにされていない。
何度も書いているが、自分の生まれ故郷のタトゥイーンに"スカイウォーカー"を名乗る人物がいれば、ダースベイダーは怪しむに決まっている。
そもそも、オビ=ワンとヨーダがルークをダースベイダーの義理の弟夫妻に預けた、と言うのもよく考えるとあまり必然性を感じない。
なぜならダースベイダーの弟は母の再婚相手の連れ子だから、血のつながりはまったくない。
双子の一人レイアはオーガナ卿に預けたのだから、ルークももっと安全な場所でなんの関連もない人に預けたほうが安心だったはずだ、どうせ近くでオビ=ワンが守護するのだから。
設定的にかなり無理が生じているので、この部分は何かしらの説明が必要だろう。

ルークの出自については今さら説明しないとしても、いずれにしろその他の謎を残り1話ですべてまとめ切れるとは思えない。
やっぱりEP9は前編、後編の2話体制になるんじゃないかと言う気がする。



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by ksato1 | 2017-12-30 16:13 | 映画 | Comments(0)