人気ブログランキング |

「ラビング 愛という名前のふたり」

今回のギンレイは「ラビング 愛という名前のふたり」と「ムーンライト」の2本立て。
「ムーンライト」はロードショウで観ているのでパスした。

舞台は1958年アメリカのバージニア州。
レンガ職人のリチャードは白人でありながら、黒人のミルドレッドと結婚を考えていた。
だが当時バージニア州では異人種間の結婚は禁止されていた。
ミルドレッドがすでに妊娠をしていたこともあり、二人は州を越えてワシントンDCでこっそり結婚をする。
しかしそれが州警察にバレ、二人は逮捕され25年間の州外追放となってしまった。

それぞれの家族と別れ、二人はワシントンDCで家庭を築く。
3人の子供たちにも恵まれ、一見幸せそうなリチャードとミルドレッドであったが、ミルドレッドは望郷の念を強めていた。
時代は流れ、ケネディ司法長官時代に公民権運動が盛んになった。
ミルドレッドは知人に勧められて、自分たちの窮状を手紙にしたため司法長官へと送った。
するとその手紙はアメリカ自由人権協会(ACLU)へと転送され、夫妻のもとに弁護士のコーエンが訪れた。
コーエンが初めに、連邦の最高裁で争う案件で、そのためには夫妻が逮捕されることが早いと言ったため、夫妻は最初気乗りがしなかった。
しかし子どもたちの教育環境を考え、二人はひそかにバージニア州に戻って生活を始める。
そこから、二人の復権運動が始まる。

実話をもとにした作品である。
そのためか、ストーリーにあまりメリハリがなく、クライマックスと呼べるシーンがない。
夫妻の強い絆は表現されているが、あまりにも淡々とストーリーが展開していく。
映画というよりは、ノンフィクションのドキュメンタリーを見ているような作品であった。


97.ラビング 愛という名前のふたり



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
by ksato1 | 2017-08-25 20:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ksato.exblog.jp/tb/237674262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]