人気ブログランキング |

スプリンターズS&凱旋門賞

今年も残り3カ月、秋のG1シーズンのスタートだ。

人気はビッグアーサーの1本被り、しかし死角も多く「危ない一番人気」と言えるだろう。
父サクラバクシンオーはスプリンターズSを2勝しているものの、産駒で勝ち馬はいない。
ビッグアーサー自身も中山初参戦だ。
前走は強力な逃げ馬がいなかったため逃げて勝ちきったが、今回は強力な逃げ馬が揃う。
馬がその気になって競りかけると、なし崩しに脚を使ってゴール前バタバタ、という可能性もある。
なので思い切って今回は無印にする。

ハイペースになると後ろから差してくる馬が台頭か、とも思うが、今年はかなりハイレベルな馬が揃った。
なので本命は逃げ馬のミッキーアイルにする。
高松宮記念ではビッグアーサーの後塵を拝したが、4角で不利があってのもの。
昨年のこのレースもストレイトガール相手に好レースを見せており、馬場適性も問題ない。
休み明けだがポン駆け効く性質なので、むしろ歓迎と言えるだろう。
外枠に回った部分がやや不安だが、スピードの違いとディープの切れ味で優勝に一番近いと思われる。

対抗はシュウジだ。
キンシャサノキセキ産駒で、1200mに限ればこれまで3戦1勝2着2回のパーフェクト連対だ。
中山初参戦となるが、血統的には問題ないだろう。
斤量に恵まれたとはいえ、この馬はまだ古馬に負けておらず、今後の短距離界の主役となる可能性は高い。
川田将はテンノリだが、その部分も大きな問題ではないだろう。

三番手はやはり三歳馬のソルヴェイクだ。
斤量50kgとは言え、函館スプリントSをレコードタイムで走破。
前走キーンランドCも4着と健闘した。
血統的にも近親に高松宮記念3着のソルジャーズソングがいて魅力たっぷり。
田辺への手変わりも、むしろ強調材料と言えるだろう。

四番手もやはり同じく三歳馬のブランボヌールだ。
正直、この馬とソルヴェイクは甲乙つけ難い。
ただ、どちらかと言えばブランボヌールは本質はマイラーのような気がしてならない。
スプリント戦ではソルヴェイクが上と見て4番手評価としたが、この馬も今後短距離~中距離界の主役を張る馬である。

五番手はダンスディレクターにする。
この馬の切れ味は絶品、しかしながら出遅れ癖がなんとも気になる。
まともにゲートを出れば勝ち負け必至だが、初コースの中山では絶大な信頼を置きづらい。
追い込んで3着くらいと見て五番手評価にした。

ラストはPOG指名馬だったレッドアリオンだ。
これまでマイル路線を歩んできたが、前走から短距離に路線変更してきた。
前走も脚を余して負けた感があり、やはり中距離の方があっているような気もするが、大駆するとすれば人気のない今回と見て馬券を押さえる。

2年連続の短距離王者ベルカントは中山に良積がないので今回も見送り。
スノードラゴン、サクラゴスペルは良化途上、ネロはややパンチ不足と見てやはり見送った。

◎ミッキーアイル
○シュウジ
▲ソルヴェイク
△ブランボヌール
×ダンスディレクター
×レッドアリオン


馬券はいつも通り、◎○1着、◎○▲△2着、◎○▲△×3着の、3連単24点で勝負。


凱旋門賞は、斤量からラクレソニエールの頭で鉄板と考えていたが回避。
それならばマカヒキでも十分勝負になる。

60kgでも勝っちゃうポストポンド、何キロでも2着のふぁ運度、ラクレソニエールがいなければこの馬が主役のレフトハンドの4頭まで。
三連単ボックス24点で勝負。


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
by ksato1 | 2016-10-02 06:51 | 競馬 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ksato.exblog.jp/tb/23256625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]