人気ブログランキング |

安田記念

先週のダービーでおよそ2年5カ月ぶりに、ここで予想を書いたレースが的中した。
配当は堅かったものの、サトノダイヤモンドがレース中に落鉄していたことを考えると、ほぼ完ぺきな予想だった。
春のG1もあと2戦だが、引き続き頑張りたい。

今年の安田記念は、頭数こそ少ないが実力馬が集まった非常にレベルの高いレースになりそうだ。

なかでも本命はマイルの絶対王者モーリスだ。
香港から帰国して中4週間、検疫の関係で東京競馬場で調整したことが不安視されているが、昨秋のマイルチャンピオンシップも復調途上と言われていたがあっさり勝利した。
おそらくレースまでに自分で体調を作れる賢い馬なのだろう。
それよりも不安なのはまだ2戦しかしてない左回りで、昨年このレースを勝っているものの、着差はわずかにクビ差だった。
本格化前とはいえ2歳時には京王杯2歳Sで6着していたこともあり、もし負けるとすれば東京コースを得意としている馬か。

東京コースを得意としているのは、サトノアラジンだ。
東京コースはこれまで2.2.1.1で、馬券に絡まなかったのは2歳時の東京スポーツ杯2歳Sの5着である。
前走は斤量は56kgだっとは言え、スローペースを上がり32.4で豪快にレコードタイムで差し切った。
現在昇り調子である事は間違いなく、もしモーリスに土を付けるとしたらこの馬だろう。

イスラボニータも、4.1.3.1で東京コースを得意にしている。
年明け2戦は9、5着とやや振るわないが、ここに来て上昇カーブを描いており、今回も上位争いは必至だろう。
ただし、上記2頭をまとめて負かせるかと言うと、そこまではちょっと厳しいかもしれない。

ドバイターフの覇者リアルスティールも、侮ることはできない。
距離にもよるが、現在ドゥラメンテを負かせるとしたらこの馬しかいないと思うが、海外帰り、初距離の1600mという点で、やはり若干評価を下げた。

その他では、東京巧者のロサギガンティアとディサイファを取り上げたい。
ロサギガンティアは3.2.1.4で東京コースの連対率5割、前走はサトノアラジンに屈しているものの、斤量はロサの方が1kg重かった。
ディサイファは東京コースだけだと4.1.1.6だが、左回り全体だと5.3.2.6でやはり連対率5割、未勝利、条件戦勝ちをこの時期の東京であげており、エプソムCをこの2年で1、3着、昨秋の毎日王冠ではエイシンヒカリの2着だった。
前走の5着で人気を落としている今回が狙い目である。

ディープ産駒のフィエロもちょっと迷ったが、東京コースに実績がないので今回は無印とした。

◎モーリス
○サトノアラジン
▲イスラボニータ
△リアルスティール
×ロサギガンティア
×ディサイファ


今回も◎○1着固定、◎○▲△2着固定、◎○▲△×3着固定の3連単24点勝負。



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
by ksato1 | 2016-06-05 12:30 | 競馬 | Comments(0)