人気ブログランキング |

「カムイ外伝」

そろそろ年末年始に備えて、撮り溜めてデッドストック化している番組を整理し、HDDの空きを作らなければならない。
で、いつ録画したか覚えていない「カムイ外伝」を見る。
脚本にクドカンが参加しているのでかなり期待していたのだが、かなりダメダメな作品だった。

非人であったカムイ(松山ケンイチ)は、幼いころ自分の身分に納得がいかずに伊賀の忍者となる。
しかし忍者の生き方にも疑問を感じたカムイは抜忍となり、追われる立場となった。

カムイが追手から逃れていると、ある日領主の馬から前脚を切り落とす男と出会う。
男の名は半兵衛(小林薫)、一瞬で馬の前足を切り取って逃げる技は見事であった。
その後カムイは、追手との戦いの中で海に落ち半兵衛に救われる。
半兵衛の住む漁師の村で過ごす事になったカムイは、半兵衛の妻お鹿(小雪)がかつて抜忍のスガルである事に気付く。
追手と勘違いするスガルを説得し、しばらく静かに暮らすカムイであったが、愛馬を殺された領主が半兵衛を殺すため、村に兵を繰りだしてきた。

原作にかなり近いストーリーのようだが、ハッキリ言って取り留めがない。
アクションはワイヤーやCGを組み合わせて素晴らしい出来になってはいるものの、全体のストーリーで何が言いたかったのかサッパリわからない。
抜人と追手の非情の戦いという部分が主題なのかもしれないが、その主題も全体の半分も描かれていない。
作品の中で半兵衛のウエイトが大きいので、カムイをはじめとするアウトロー軍団が、領主と戦う物語にも見えてしまう。

そもそも原作は外伝とは言え、それでもかなり長い物語である。
それを120分と言う枠内に収めるためには、もう少し取捨選択をしてストーリーにメリハリをつけるべきだったんじゃないかと思う。

崔洋一&宮藤官九郎のコンビという事で、かなり期待して観に行ってガッカリした人も多かったんじゃないだろうか。


154.カムイ外伝


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
by ksato1 | 2014-11-25 08:30 | 映画 | Comments(0)