亀戸二郎のつけ麺

亀戸二郎はちょっと前に店主が交代した。
新しい店主は関内二郎の店主の弟さんらしく、今は関内とおなじくニラキムチのトッピングがある。
交代直後に私が行った時にはまだニラキムチがなかったので、一度食べてみたいと思っていたのだが、さらに期間限定でつけ麺を出していると聞いたので、しばらくぶりに亀戸二郎に行ってみることにした。

つけ麺はかつて小岩店でも夏場に出していたのだが、助手が交代してからは出さなくなってしまった。
どの店でもいいから、いつか二郎のつけ麺を食べてみたいと思っていたので、今回はニラキムチのトッピングではなくつけ麺を頼むことにした。
つけ麺でもニラキムチのトッピングを頼むこともできるんだけど、まずはプレーンのつけ麺を試してみようと思った。

出てきたのが写真のつけ麺。
a0003588_15432661.jpg

通常、つけ麺と言えばやや濃いめのつけダレになるのだが、二郎のつけ麺は通常のスープとつけダレにあまり違いないように思える。
麺だけ別皿で出てきました、という印象だ。

ただ、このクソ暑い時期はこれがちょうどよかったりする。
特に、通常のラーメンで野菜マシを頼むと麺にたどり着くまでに野菜をかなり食べなければならないが、つけ麺ならいきなり麺から食べる事ができる。
野菜と麺をバランスよく食べることができるのだ。
麺もやや冷めているので食べやすい。
しかも亀戸店は卓上に七味がある。
飽きた頃に七味を入れれば最後まで美味しく食べられる。

結論から言えば、真夏の二郎のつけ麺は「大アリ」だ。
どうやらつけ麺は8月一杯らしいので、たぶんもう今年は食べに行く事は多分ないと思うが、今後も機会があったら食べに行きたいと思う。

ただちょっと心残りなのが、私が食べた日の夜の部から卓上に魚粉が置かれたらしい事。
つけ麺に魚粉入れて食べたかった・・・。



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください


●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
by ksato1 | 2014-08-24 15:43 | 日記 | Comments(0)