全国高等学校クイズ選手権

久しぶりに「全国高等学校クイズ選手権」を録画して見た。
ここ数年、超難問クイズに高校生が答えるという内容で、最初の頃は「高校生なのにスゴイ!」と感心しながら見てたけど、あまりにも難問すぎてだんだん面白くなくなっていた。

で、たまたま先週番宣を見かけたら、今年は久しぶりにバラエティっぽくなっていたのでしばらくぶりに録画して見ることにした。
今年は、そもそものテーマであった知力・体力・時の運と言う要素を大幅に増やし、かつての面白さが復活していた。
この番組、3人一組という部分もミソで、知力で劣っていてもチームワークで協力すれば勝ち上がれると言う図式が、見ている者をちょっと感動させてくれていた。
特に高校生だしね。
そして今年は制作者の思惑通り、決勝はチームワークが勝負の分かれ目となった。
準決勝、決勝のフランスステージは、ちょっとだけど見ていて本気で感動した。
その前のタイステージも含め、選択したコースによって有利、不利の差が大きいんだけど、チームワークで逆転するなど、見どころが多かった。

ここ数年の高校生クイズは、エースと呼ばれる異常に頭のいい高校生がチームに一人いれば、そこそこ勝ち上がれてしまっていた。
あんまりチームワークと言う要素はなかった。
だけどやっぱり高校生クイズだから、チームワークと言う部分が一番重要であった方がいい。

海外のステージも、英語があまり通じない国を選んだという点で、制作者の狙いどころもよかったと思う。
英語だとある程度理解できちゃうけど、タイ語とフランス語だと街中の看板もよく理解できないので、3人で相談して決断する事になる。
そして実際パリでは、水上バス、地下鉄の利用方法が明暗を分ける事になった。

知識自慢のクイズ番組もいいけど、誰でも全国大会に出られるチャンスがあって、かつ巧く行けば優勝できちゃうかもしれないって方が、見ている高校生も楽しいし意欲が湧くと思う。
来年以降もこの方式に期待したい。



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください


●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]
by ksato1 | 2013-09-15 17:05 | 日記 | Comments(0)