「平清盛」終了

「平清盛」が終了した。
最終回も良かったけど、延長はなく45分だけだったためかちょっと物足りなかった。

清盛の死後、壇ノ浦と義経討伐までを描くと聞いていたが、この演出が秀逸。
最終回直前で、清盛の生霊が西行の元に現れる。
そして清盛の死後は、この西行が清盛の言葉の語り部となる。

朝廷内の混乱に乗じ、するすると出世して覇権を握った清盛。
これまでは、ズル賢くて他人を蹴落とすことに長けた冷酷なイメージがあったが、マツケンの清盛でそれが一変した。
もちろん、脚本と演出の良さもあったんだけど、むしろ福山雅治の龍馬よりも世の中を良くしようと言う「アツさ」を感じた。
これは、朝廷=悪、平家=善、という構図がきちんと表現されブレなかったからだと思う。
まあその善悪が、本当の善と悪なのかは別として、ドラマとしての構成は非常に優れいていたと言えるだろう。
そして、その朝廷最後の大ボス後白河法皇に、松田翔太を配した事も素晴らしかった。

それ以外のキャスティングも妙。
主要キャストについてはこれまでの日記でも何度か書いたが、明雲の腹筋善之介とか厳島社社司の温水洋一とか伊東祐親の峰竜太とか、細かい配役にも気が配られていた。

また、最初は誰が誰やら区別がつかなかった平氏一門だが、最終回では全員名前とキャラが一致した。
そして、清盛という強烈なリーダーシップを見せた父に対して、その弟、子、孫たちがプレッシャーに苦しむ姿もきちんと描かれていた。
結果的に、清盛の後始末ができなかった事が原因で平家は滅びたのであり、もし清盛と同等の力量を持つ人材がもう一人いたら、歴史は変わっていたかもしれない。
そこそこの人材はおり、みんな自分の立ち位置を考えて平氏一門のために尽力をするんだけど、どうしても清盛を超える人物は現れなかった。
もし重盛が早世していなければ、宗盛も最後は頑張っていたけどやっぱり荷が重かったか、という感じである。

視聴率的にふるわなくても、全然問題はない。
この作品は後世で、必ず再評価される。
それだけ完成度の高い作品だった。

ただ、最終話がちょっとせわしなさすぎた。
すでに清盛が死んでいるからそれでいいのかもしれないが、壇ノ浦もほとんど盛り上がりはなかったし、壇ノ浦までの話には一言も触れられてなかった。
義経討伐も、もっと時間を割いた方がよかったんじゃないだろうか。
青木崇高の弁慶の立ち往生は、チラッとしか映らなかったけど迫真の演技だった。
DVDにするときには、これらのカットされた部分も収録してほしい。
ともあれ、素晴らしい作品であった事は間違いない。

そして来年は綾瀬はるかの「八重の桜」だ。
綾瀬はるかと激動の明治期という内容的に、ウケるのは間違いないだろう。
そして「平清盛」の揺り戻しもあり、初回から評判も良く視聴率も上がるに違いない。
もちろん期待はしているんだけど、唯一不安なのは新島襄がオダギリジョーという部分。
ちょっとイメージ違うんだけどなぁ・・・。
やっぱり西島秀俊の方が、新島襄っぽくなかったかなぁ・・・。


<<参考>>過去の「平清盛」関連の日記

●「平清盛」はハンパなく面白い
http://ksato.exblog.jp/15451084/


●「平清盛」がいよいよ面白くなってきた
http://ksato.exblog.jp/15775265/


●「平清盛」クライマックス間近
http://ksato.exblog.jp/16710951/



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください


●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]
by ksato1 | 2012-12-25 22:56 | 日記 | Comments(0)