人気ブログランキング |

「夢売るふたり」

昨日の「最強のふたり」に続いて「夢売るふたり」。
同じ「ふたり」でも雰囲気はまったく異なる作品だ、当たり前だけど。

九州(たぶん熊本)から出て来て二人で小料理屋「いちざわ」を切り盛りする、貫也と里子。
店は5周年を迎え順調に来ていたが、ある日ボヤが出て店を閉めることになってしまった。
貫也はしばらく自棄になり、働きに出るものの店の人間とウマが合わずにすぐ辞めてしまう。
一方里子は、自分が頑張らなくちゃとラーメン店でバイトをしながら貫也を励まし続ける。

そんなある日、ふとしたことから貫也は浮気をし、その相手から数百万のカネを受け取る。
里子はすぐに貫也の浮気に感づくのだが、その時里子の中で何かが壊れてしまう。
そこから里子の指令で、貫也は次々と結婚詐欺を重ね、二人は店の再興の資金を稼ぎ始める。

監督、脚本は西川美和だ。
「ディアドクター」に続いて、日常のどこにでもある闇の部分を鋭く突いている。
罪状で言えば結婚詐欺だが、被害の金額の多寡を考慮すれば、おそらく世界中のどこかで毎日繰り広げられている犯罪だろう。
貫也と里子はさまざまな人を騙すのだが、さまざまに異なる相手の素性を知るうちに、二人ともだんだんと考えが変わっていくようになる。
そしてその考えの変化がいいのか悪いのか、判断がつかないところがこの映画の魅力でもある。

貫也は浮気をしたと言う弱みを握られているので、里子の言うがままに行動する。
しかし途中で、里子が知らない相手からもカネを騙し取るのだが、その間にも心がどんどん変化していく。
里子は里子で、浮気をされた怒りのままに突き進むものの、貫也が自分とは違う相手と時間を過ごしている事に、だんだんむなしさも感じるようになる。
この里子の一人でいるシーンがなかなかエグく、女性監督ならでは、いや西川美和でなければこういう表現はできなかったかもしれない。
DVDが発売されたらスロー再生したいと思う人、多いだろうな。

ただ唯一の難点は、阿部サダヲがモテモテという部分かな。
人間としての魅力は感じるが超イケメンという訳でもなく、それまで真面目な料理人として生きてきた男がある日突然結婚詐欺師になるには、やや無理を感じる。
料理屋のカウンター越しに愛を語って惚れさせると言う部分は、ちょっと無理があったかな。
それと田中麗奈の結婚に憧れるキャリアウーマンというのも、ややイメージが違った。
田中麗奈自身の見た目が恋愛勝率が高そうなので、これまで恋愛には興味なくて男を振りまくっていたんだけど貫也と出会って突然恋に目覚めちゃった、という設定の方が自然だったかもしれない。

それ以外は起承転結もキッチリしていて、非常に手堅い作品と言えるだろう。
阿部サダヲと松たか子の演技は素晴らしく、作品、監督賞と合わせて今のところ今年の映画賞レースの本命と言えるかな。

81.夢売るふたり
by ksato1 | 2012-09-10 00:01 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ksato.exblog.jp/tb/16145993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]