タグ:ローズキングダム ( 5 ) タグの人気記事

菊花賞

皐月賞馬のヴィクトワールピサは凱旋門賞へ、春のクラシックをにぎわせたその他の馬も大半は中距離路線へ活躍の場を移してしまったので、なんだかさびしい菊花賞になってしまった。
しかもダービー馬のエイシンフラッシュが直前で回避。
出走馬の半分は夏場に条件戦を連勝して挑む馬である。
こんなのローズとヒルノとトウカイのボックス買ってりゃ当たるんじゃないの、という気もするが、条件戦を連勝する馬が多いと言う事が今年は3歳勢のレベルが高い事を証明しており、ここでいい勝負をした馬が来年の主力となる可能性が強いので、きちんと予想をしよう。

まず3000mのレースなので展開を考える。
逃げ馬はコスモラピュタ、そしてビッグウィークも行くかもしれない。
ローズの差し脚を考えるとスタミナ勝負に持ち込みたいだろうが、どちらもスローペースに持ち込んで粘り込むのが持ち味だ。
スタミナに任せてビュンビュン飛ばすと言う事は、ちょっと考えにくい。
したがって展開はせいぜい緩みのないミドル、場合によってはスローまで落ちるかもしれない。

そうなると、やはり上位3頭が有利だろう。
バラ一族はローゼンカバリー、ローゼンクロイツなどの活躍場もいるが、どちらかと言えば中距離を得意とする血統だ。
3000mはやや不安もあるのだが、鞍上は武豊、直線向いてヨーイドンに持ち込めれば十分勝機はある。

ヒルノは皐月賞で2着。
ダービー馬エイシンフラッシュとは同じ位置から仕掛けて負けなかった。
ダービーでも同じ位置から仕掛けて今度はエイシンが次元の違う脚で差し切ったが、ヒルノにはちょっと位置取りが後ろすぎだったのかもしれない。
前走札幌記念では出負けしたものの古馬相手に4着と健闘。
おそらく内々の経済コースを回ってくるだろうが、直線で前がきちんと開けば抜けてくる力はある。

トウカイメロディも強い。
青葉賞6着でダービー出走を逃した後は、北海道で3連勝。
しかも斤量が軽かったとはいえ、2600mのオープン特別を連勝している。
この負かした相手が長距離界の番人ホクトスルタンだ。
レースを見ると、完ぺきなレースで逃げ切りを図ろうとするホクトを、並ぶ間もなく突き離している。
どちらも直線の短い北海道のコースとは言え、あのロングスパートは見事だ。

それではその他の馬はどうか。

まず春のクラシック路線に乗った馬。

サンディエゴシチーは昨年3連勝で札幌2歳Sを勝ったがその後がサッパリ、消していいだろう。
レーヴドリアンは前走神戸新聞杯で5着。
京都は得意コースであるが、前走を見ると現段階でのローズとの勝負付けは済んだ感じ。
ネオヴァンドームはレーヴにきさらぎ賞で勝っている。
だが勝ち自体が未勝利とそのきさらぎ賞のみ。
鞍上は秋に大穴をあける武幸四郎でちょっと怖いが、ここは見限っていいだろう。

ゲシュタルトはちょっと怖い。
休み明けの前走は、ハイペースを追いかけて14着に沈んだ。
過去10年の連帯馬で前走二桁着順から巻き返したのは、フローテーションとファストタテヤマの2着に入った2頭のみ。
春に京都新聞杯を勝っており実力は認めるが、今回は少し手が出しづらい。
アロマカフェも不気味だが、柴田善が昨日落馬負傷している分を割り引いて無印にする。

条件戦勝利から挑む馬でいえばコスモラピュタ、トレイルブレーザーとカミダノミか。
カミダノミは前走休み明けで-18kg。
叩いた上がり目という部分ではちょっと期待薄か。
コスモは面白いかもしれないが、前述通り溜め逃げをして直線捕まる可能性が高い。
一方トレイルが勝った九十九里特別は、かつてデルタブルースが勝ち上がったレースだ。
他にもネヴァブションがこのレースから菊に挑んでいる。
しかもトレイルは重であったにも関わらず、良だったデルタより0.6秒も早いタイムで勝っている。
そう書くと凄いようにも思えるが、デルタの時もトレイルの時も例年と比べるとかなり遅いタイムである(ネヴァはさらに遅い)。
したがってレースの質自体が高くなかったと考える。

その他の馬で注目は、クォークスター、ビッグウィークだ。
クォークは8戦して上がり1位が5回、2位が2回、末脚が炸裂しなかったのは唯一関西遠征で連帯を外したきさらぎ賞のみである。
ただし今回は当然関西遠征で、しかもきさらぎ賞と同じ京都コース。
そういう意味ではやや不安は残るが、遠征も2回目で克服できているかもしれないし、馬券を外す訳にはいかないだろう。

ビッグの取捨が非常に困った。
初勝利まで6戦を要したが、そこから3連勝でセントライト記念を3着。
4着以下も新馬戦の8着しかない。
ただ距離経験が前走の神戸新聞杯の2400mが最高、2000mも前々走1回のみで、それ以前は全部1600~1800mまでのレースだ。
血統的にも中距離馬の感は否めず、ここはスルーが妥当か。

シルクアーネストは連勝のあと条件戦で敗退、ミキノも連勝のあと神戸新聞杯を二桁着順なので消し。
シルクオールディーは北海道で2600mの条件戦を連勝。
斤量は54kgでの勝利だが、タイムを比較してもトウカイよりもかなり劣る。
四位の一発が怖いが、前走での二桁着順を見ても無印でいいだろう。
6枠2頭も条件戦を勝ってやっと出走権を得られた感があるので、こちらも無印。


◎ローズキングダム
○トウカイメロディ
▲ヒルノダムール
△クォークスター


結局いろいろと考えても、最初の3頭にクォークスターを加えただけになってしまった(^_^;;

馬券は印の付いた4頭で3連単ボックス24点で勝負。
[PR]

by ksato1 | 2010-10-24 13:53 | 競馬 | Comments(2)

皐月賞

今年に入って1戦しかしていない馬が多く難解な上、一昨日は季節外れのみぞれが降って馬場状態も気になる。
一筋縄では行かないような気がするが、こういう時にオーソドックスな予想をして外すと後悔が残る。
なので攻めの予想だ。

まず、1番人気のヴィクトワールピサ、こいつをぶった切る。
メンバー中、重賞を2勝しているのはこの馬とローズキングダムだけ。
前送は初コース、初輸送、道悪をすべて克服。
しかもこれまでの4勝すべてが2000mで、弥生賞も危なげない勝ち方だった。
だが、なぜかピンと来ない。
過去10年で、弥生賞を勝って皐月賞に駒を進めたのは9頭。
そのうち勝っているのはディープインパクトとアグネスタキオンだけだ。
アドマイヤムーンや昨年のロジユニヴァースなど、その後のG1ホースでさえ勝ちきれていない。
ヴィクトワールピサがすでにディープ、タキオンクラスの馬である可能性もあるが、どうもそこまでの信頼は置けない。

もう一つ気になるのが乗り代わりだ。
鞍上の岩田は本来ルーラーシップでクラシックを目指していた。
それが武豊のケガでお鉢が回ってきたのだが、武豊自身がダービーで乗る気満々なので、おそらく今回限りの騎乗だろう。
岩田は真面目で技術も確かだが、真面目すぎてプレッシャーに弱い部分もある。
詳しく調べたわけではないが、一番人気のG1はあまり勝率が良くないのではなかったか。
昨年のアンライバルドも3番人気、一昨年の安田記念のウオッカも2番人気だった。

そして本命にしないのなら、ヴィクトワールは無印としたい。
この時点で予想が終わっている可能性もあるが、ここは勝負に出る。

本命はPOGでも指名しているローズキングダムだ。
前送は3着に敗れたが、休み明けでやや順調さも欠いていたようだ。
小牧太が「前送の追い切りはガツンと来るところがなかったが、今回の調教は大丈夫」という言葉を信じる。
人気を落とした今回こそが狙い目だ。

対抗は迷ったがエイシンアポロン。
前送、前々送と、ローズ、ヴィクトワールに惜敗しているが、ペースにかかわらず追い込んでくる脚質は2頭に引けを取らない。
さらに今週の追い切りで一番時計を叩き出しているので、対抗に推す。

三番手はアリゼオだ。
前送はノリのファインプレーでローズの追撃を振り切り、まんまと逃げ切った。
スプリングSが弥生賞よりもレベルが高いと考え、今回も内枠を引いたら本命まで考えたのだが、なんと大外に回ってしまった。
ノリなら巧く乗るとは思うが、やや割り引いて三番手まで。

四番手以下はさらに迷ったが、まずはエイシンフラッシュをあげる。
同距離、同コースの京成杯を勝ち上がっているものの、その後順調さを欠き皐月賞に直行になってしまった。
そのため先週の段階では無印だったのだが、こちらも今週の調教に目を見張るものがあった。
鞍上ウチパクとは2戦2勝の相性の良さも注目したい。

五番手はハンソデバンド。
共同通信杯で2、3着に負かしたダノンシャンティー、アリゼオがその後毎日杯、スプリングSを勝っている事から、このレース自体のレベルの高さが証明される。
鞍上も先週アパパネで桜花賞を制した蛯名で信頼度も高い。
ただ、共同通信杯から直行で2ヶ月空いた部分がどう出るかだ。

最後は本当に迷ったが、ヒルノダムールにする。
新馬戦で負けたアリゼオを始め、常に骨っぽい相手と戦い惨敗がない。
鞍上の藤田が相当自信を持っているようなので6番手に押す。

叩き2戦目のリルダヴァル、連帯率10割のネオヴァンドーム、レベルの高かったスプリングS2着馬ゲシュタルトあたりも未練は残るが、今回は切る。

◎ローズキングダム
○エイシンアポロン
▲アリゼオ
△エイシンフラッシュ
×ハンソデバンド
×ヒルノダムール

馬券は◎○1着、◎○▲△2着、◎○▲△×3着の3連単フォーメーションで勝負。



[PR]

by ksato1 | 2010-04-18 14:15 | 競馬 | Comments(0)

不運

今日の深夜にはドバイWCに日本馬4頭が出走する。
この4頭は4頭ともそこそこ可能性があるので、心から頑張ってほしいと思う。
もちろんウオッカでさえ歯が立たなかったんだから、惨敗の可能性もあるんだけど。

そして明日は高松宮記念で、再来週が桜花賞、その次が皐月賞だ。
以前日記にも書いたが、今年の3歳馬のPOGは、10頭指名したうち先週までで9頭がデビューした。
競馬をやらない人にはまったくわからないと思うけど、競走馬ってデビューするのも大変だから、9頭デビューはまずまずだと思う。
しかもそのうち5頭が勝ち上がっている。

ただ、いざトライアルが始まったところ、どの馬もやや苦戦気味。

まず、今日の毎日杯に出走していたルーラーシップ。
新馬戦を圧勝した後の若駒Sで、TVで見ててもハッキリわかるほど前が詰まる不利があって2着に敗退。
その後、筋肉痛やらじんましんやらで順調さを欠き、やっとこ出走した自己条件のアルメリア賞は勝負どころで他馬に激しくぶつけられた。
しかしそれでも能力で勝ち上がる。

そして今日の毎日杯、ここを勝たないと皐月賞出走が完全にアウトという状況で、いきなり出遅れてしまった・・・。
しかも盛り返してきて直線追い出そうとした瞬間、武豊騎乗の隣ザタイキが激しく落馬。
ビビった岩田は(自分が加害者の可能性があったためと思われる)、これもTV中継で見ていてハッキリわかるほどの驚きようで振り返り、最後の直線の追い出しが3テンポくらい遅れた。
他の騎手が一心不乱に前を向いて追い続ける中、ちょっと異様な光景だった。
その結果が5着。
ちょっとツキに見放された感じだ。
この後はダービーを目標にするのだろうが、使い詰めで来ている事もありトライアル一発勝負、そこで権利を得られなければ春シーズンは諦めて秋まで休養、というシナリオになってきそうだ。

次は、一番期待している昨年の2歳チャンピオンのローズキングダム。
ライバルのヴィクトワールピサが弥生賞を貫禄勝ちしたのに対し、こちらは先週のスプリングSで3着に甘んじた。
レース後に陣営は、この時期の中山の馬場適性も考慮して皐月賞パスを示唆。
ただ、まったく惨敗と言う訳ではなく展開のアヤで力を余して負けたようにも見えた。
正式ではないが、皐月賞に駒を進める発表もあったので、本番ではしっかり頑張ってほしい。

続いて牝馬のラナンキュラス。
この馬は昨年の阪神JFを4着して休養、休み明けのフィリーズレビューは1番人気で2着だった。
自ら動いて勝ちに行ったところを、後方一気に徹したサウンドバリアーにだしぬけをくらったが、まあ休み明け初戦としては悪くないだろう。
ただし、アパパネ、アニメイトバイオ、そして新星ショウリュウムーンあたりとはまだ力の差がありそうなので、本番でどこまで食い込めるか。

そして明日の君子蘭賞に出走予定のマシュケナーダ。
こちらも新馬戦の勝ちっぷりから期待していたのだが、紅梅Sで出走除外したあたりから歯車が狂いだした。
エルフィンSを4着に負け、その後登録したレースを賞金で除外、自己条件に登録したところ前出のルーラーシップが同じレースに出走しており3着(繰り上げ)に敗れた。
一応オークスに目標を置いているが、明日の自己条件の君子蘭賞を勝てなければ出走もままならないだろう。

最後はツルマルジュピター。
昨年6月にデビューして、先週やっと自己条件で2勝目を挙げた。
ただその間、G2で3着、OPで2着があるのでまったくダメダメという訳でもなさそうだ。
距離適性からNHKマイルCを狙うのだろうが、次のレースが試金石となる。

その他は3頭が未勝利で、1頭はデビューはしたものの4回走った後故障で引退してしまった。
まあ、それだけ勝ち上がると言うのは難しい事なんだよね、競争馬の世界では。
実力だけじゃなくてよっぽどツキに恵まれてないと、G1を勝つ事なんてできないのだ。

でもルーラーシップをはじめ、私が指名した馬たちにとっての一番の不運は、私に指名された事かもしれないんだけどね。
私自身が不ヅキのどん底だからね。
かなりの疫病神に取り憑かれちゃったかもしれないけど、なんとか頑張ってほしいものだ。



[PR]

by ksato1 | 2010-03-27 22:02 | 競馬 | Comments(0)

2010年オレ的競馬展望

三連休で3日開催という事もあり、ちょっと今年の競馬の展望なぞを。

昨年はドリームジャーニーが夏冬GP連覇をした。
で、ウオッカがドバイで引退するので基本はドリームジャーニーが中心となるのだろう。
対抗勢力の一番手はやはりフォゲッタブルか。
昨年のPOGで指名したもののダービーまでは鳴かず飛ばずで一度見切ったのだが、秋以降にメキメキと力をつけている。
有馬記念も勝ちに行って、ゴール前アタマ差4着になったが上位2頭が強すぎだ。
血統は超一流だけに、本格化したらとんでもない強さを発揮する可能性がある。

一方、ブエナビスタはどういう路線を歩むのだろうか。
春はドバイ遠征の予定だが、その後も1600-2000mが中心となるのかな。
牝馬だけに来年一杯で引退という話があってもおかしくない。
そうなると春は、ドバイ→ビクトリアマイル→安田記念→宝塚というような路線か。
ただし昨年夏から冬にかけて4走しているので、ドバイの後は休んで秋に備えるかもしれない。
そうなると札幌記念→秋天皇賞→エ女王杯 or ジャパンカップ→有馬記念というローテか。

アメリカの新旧女王対決は実現しなかったが、ドバイでウオッカと対戦してくれれば、この馬の本当の実力がわかりそうだ。
しかしウオッカがドバイで引退と言うのは、JRA的にはあまり嬉しくないだろうね。
あれだけファンの多い馬だから、やっぱり引退レースでみんなに単勝馬券を買ってもらって、当たっても記念に換金しないというのがJRA的には一番オイシイからね。

それ以外の馬は、イマイチぱっとしないよな。
セイウンワンダーとリーチザクラウンが、マイル路線で持ち味を発揮するかもしれないが、スリーロールスも引退しちゃうしクラシックディスタンスは本当に役者不足。
後はイコピコ、中山金杯を勝ったアクシオン、それと休んでいるスクリーンヒーローとシンゲンあたりがどこまで頑張れるかって感じか。

a0003588_0171665.jpg一方、3歳のオン・ザ・クラシックロード、こちらは個人的には楽しみがある。
POGで指名したローズキングダムが、朝日杯FSを勝っているからだ。
順調にいけば、皐月賞、ダービーでも勝ち負けになるだろう。
その他にも有馬記念の日に阪神で新馬戦を勝った、ルーラーシップも指名している。
こちらもエアグルーヴの仔で大物感たっぷりだ
ツルマルジュピターはマンハッタンカフェ産駒だが、朝日杯FSなんかの走りを見ると短い方がよさそうなので、マイル路線なら頑張ってくれるかもしれない。
牡馬はほかにも3頭いるが、ちょっと春には間に合いそうにないかな。

牝馬はラナンキュラスが阪神JFで4着。
こちらはスペシャルウィーク産駒なので、春までの成長力次第ではまだまだ期待できる。
アパパネとアニメイトバイオは強かったから、勝ちきるまでは難しいかもしれないけど・・・。
その他では、ローザミスティカは故障で登録抹消されてしまったが、マシュケナーダが勝ち上がっている。
1/17の京都9Rの紅梅Sに出走予定だが、ここでの走り次第では主役として名前を連ねてくるかもしれない。
最後に期待していたアーデルハイドだが、これもまだ入厩していないので、春には間に合わないか。
ブエナビスタの妹なんだけどねぇ・・・。

POGの順位は、現在のところ824位。
今週は出走馬がいないのでもうちょっと順位を下げそうだが、最終目標は500位以内。
十分狙える目標だから、みんな頑張ってくれよー!




[PR]

by ksato1 | 2010-01-10 00:16 | 競馬 | Comments(0)

朝日杯フィーチュリティステークス

今週もPOGで指名した馬が出走している。
しかも2頭も。
そのうちの1頭は1番人気のローズキングダムだ。
もちろん本命に推す。

ここまでの2戦の内容も濃い。
デビュー戦で前評判の高かったヴィクトワールピサを蹴散らし、2戦目で重賞初挑戦して優勝。
初遠征、初コースであったにもかかわらず、トーセンファントムを待ってから追い出し、ゴール前競り合いのように見えたが実は余裕があった。
週中の追い切りでも絶好調。
唯一の不安点は、1番人気になって他馬のマークがきつくなる事だけか。

対抗はエイシンアポロンだ。
前走で負かしたアニメイトバイオが、先週の阪神JFで2着に入った。
こちらも追い切りは絶好の動き。
ローズと比べてもそん色はない。

三番手はキングレオポルドだ。
先週勝ったアパパネ同様、条件戦とはいえレコードタイムで勝ち上がっている。
前々走でトーセンファントムに負けてはいるものの、6番枠で好位につけられる脚質という面も考えて、こちらの方が有利と見る。

四番手はそのトーセンファントム。
前走でローズときわどい競馬をした。
上がりのタイムはローズの34.0に比べて33.4。
ただし後方一気の脚質を考えると、中山1600で外枠になったのはやや不利と見た。
外々を回されて直線届かず、という可能性が高いのではないか。

五番手以降は悩むが、本命、対抗が人気馬なので、ちょっと捻ってみる。
まずはツルマルジュピター。
こちらもPOG指名馬だ。
初戦は出たとこ勝ちしたが、休み明けで二桁着順、それ以降も3着、2着と勝ち味に遅い。
しかも現状はやや掛かり癖もあるようなので、あまり強くは押せない。
しかし、昨年のPOGで指名していたフォゲッタブルを菊花賞で外した時に悔いが残ったので、ここは押さえておく。

最後はダイワバーバリアン。
キョウエイアシュラとどちらにするか迷ったが、内枠、かつ先週アパパネで勝った蛯名という部分でこちらを上にした。


◎ローズキングダム
○エイシンアポロン
▲キングレオポルド
△トーセンファントム
×ツルマルジュピター
×ダイワバーバリアン

馬券はいつも通り3連単フォーメーションで、◎○1着固定、◎○▲△2着、◎○▲△×3着の24点まで。

しかし上位人気馬で決まったら取りガミ食いそう・・・。





[PR]

by ksato1 | 2009-12-20 15:04 | 競馬 | Comments(0)