タグ:ラーメン ( 3 ) タグの人気記事

仕事で新宿に行ったので、夕食で久しぶりに満来に行ってみる。

20年前、ざるらあめんと言えば満来だった。
時間を問わずたいてい満席で、昼時は外に行列ができることも珍しくなかった。
その隣に類似のたから家もあり、こちらもなかなかの味だった。

久しぶりに行った満来は、午後7時と言うのに閑散としていた。
これがあの満来か?と、一瞬目を疑うほど。

a0003588_23245074.jpg迷わずざるチャーシューを頼む。
相変わらずのボリュームで、若干つけ汁が温いような気もするが、まあ悪くはない。
ただ、大勝軒がチェーン店化した昨今、ほかの店も含めておいしいざるラーメンは珍しくなくなってしまった。
やすべえなんかもあるしね。

ちなみに隣のたから家は、ざるラーメンもメニューに残るものの、普通のラーメン屋さんになってしまった感じだった、残念・・・。
これも時代の趨勢か。

ところで、以前からこのみせは「ばんらい」だと思っていたが、ネット調べると「まんらい」になっているサイトが多い。
昔から「まんらい」だったっけ?



[PR]
a0003588_23422098.jpg
a0003588_2342304.jpg昨晩の話。
飲んで帰る途中で、「太陽のトマト麺」を発見した。
噂に聞いていたのだが、この店では期間限定で「太陽の鷹の爪麺」が発売されている。
あまりお腹は空いてなかったが、せっかくだから食べる事にした。

店に入って注文すると店員さんが「かなり辛いですけど大丈夫ですか」と聞いてくる。
もちろん「大丈夫です!」と力強く答えた。

出てきたラーメンは、たしかにかなり辛そうだ。
少なくともこの間の蒙古タンメンよりは辛いだろう。
期待感で慌ててしまい、写真を撮る前に箸で混ぜてしまった。
なので写真はちょっと汚い感じになってしまった(^_^;;

で、肝心の味はと言うと・・・。

辛い!
この辛さはなかなかのものだ。
常にこの辛さかと言うと、味に若干ブレもありそうだが、それでも常にそこそこいい感じの辛さに違いない。
ポイントは写真にも写っているが、3本の鷹の爪だろう。
もちろん他にも辛さを足していると思うが、この鷹の爪からもいい辛さが出ている。
あまり空腹を感じていないこともあって、正直ちょっと手こずった。

が、もちろん全部完食。

最後はダメ押しの意味も込めて、3本の鷹の爪も食べてやった!
ははは、参ったか、店員さんよ!
さすがに鷹の爪はかなり辛かったけどね。

今月末までらしいので、もう1回くらいチャレンジしたいな。





[PR]
a0003588_16314510.jpg今日は年休取って娘の卒園式に参加。
写真は園児入場前に携帯で撮った式場。
本番が始まっちゃうと、ビデオとカメラの撮影に忙しくて携帯の写真撮る暇ないからね。

卒園式ももう3回目なので、だいぶ慣れた。
式次第はほぼ一緒なので、だいたい撮影するタイミングもわかっている。





ちなみに、卒園式に3回出てわかった事。

1.第一子のお母さんは、ほぼ全員泣き出す
2.第二子以降のお母さんは、まず泣かない
3.卒園する園児はまったく泣かない

特に母と子で掛け合い式に歌う「思い出のアルバム」では、泣いちゃうお母さんが多い。
まあ、それくらい冷静に周りを観察できるほど余裕がありました。
決して式に飽きてキョロキョロしていたわけではありません。

卒園式が終わると、各クラスに戻って卒園証書や記念品などを一人ひとりもらう。
最後にクラス全員が並んだところを、親が思い思いに撮影し、無事終了。

本人と母親は謝恩会に出るためにそのまま園に残り、私一人で帰宅。
荷物を家に置いて昼食を食べに出た。

a0003588_1632761.jpg目指すはつい最近西船橋に出来た、「竈」風なラーメン屋。
「竈」と言えば、ラーメン好きなら誰でも知っている大久保にあった名店だ。
10年ほど前、オープン直後から燻製玉子で有名になった魚介系ラーメン店である。
いろいろと支店も出したようだが、現在は西武新宿線新宿駅付近の本店と、かつて本店があった付近にある支店が1店だけのようだ。

近所にできたのも、あくまでも「竈」風なラーメン屋で、その名も「竈の番人」。
なんかここまでパクっていいのかと思いきや、そもそも船橋に「竈の番人」というラーメン屋があって、店名の由来は店主の親戚が開いていた洋食屋から取ったとか。
店主は「武蔵」で修業した人らしく、「竈」とは縁もゆかりもないが、パクりでもないようだ。

事前に調べたところではビミョーな感じだったが、とりあえず食べてみることにした。

オーダーしたのは味玉ラーメンとチャーシューご飯。
まあ、一番オーソドックスと言えばオーソドックス。
味は単純な魚介系、辛味を増した「赤」、スパイスを効かせた「黒」と3種類ある。
初めてと言う事で、味もベーシックな魚介系にしてみた。

先に出てきたのがチャーシュー飯。
すりおろしたかのようなドロドロのチャーシューがご飯の上に乗っている。
味はチャーシューと言えばチャーシューだが、べとべとになった牛肉のそぼろご飯のようだった。
もし次に来店したとしても、これは二度と頼まないな。

続いて味玉ラーメン。
スープは確かに魚介系で、悪くない。
味玉もしっかり味がついていて中は半熟と、これまた悪くない。
ずばり言って、ラーメンは悪くない。
さすが、「武蔵」で修業した人の店の系列だ。

でも残念ながら昼の12時と言うのに、私が行った時点で先客が2人、後から来た客が2人。
厨房には5人の男性(アルバイトというよりは修行中の本職と言った感じ)がいるのに、ちょっとお客さんが少ないかな。
場所が、国道14号沿いではあるもの、駅から100m以上離れているせいか。
駅前に出店していたら、もっと客入りは良かったかもしれない。
つけ麺も美味しそうだけど、最近ダイエットで休みの日にラーメンを食べる機会が減ってるので、次に行くまで持ちこたえられるかな・・・。
[PR]