タグ:ダイワスカーレット ( 4 ) タグの人気記事

結果から言えば、有馬は取れなかった。

しかし自分の収支としては、有馬の後の中山最終レースで万馬券をひっかけたので、なんとか飲み代ぐらいはプラスになった。
有馬の直後はとんでもなく落ち込んでいたが、なんとか普通に持ち直した。
地獄からこの世に戻った感じ?

それはそれとして、有馬の回顧。

今回の有馬は、考え方として二通りしかなかった。
G1で連帯のある実力馬で決まるか、実力馬が牽制し合って死んだふりをした人気薄の追い込み馬があっと言わせるか。

実力馬が先行勢揃いだったので、後者の可能性も十分あった。
その場合は2歳戦とは言え中山で勝ち鞍のあるドリームジャーニーあたりが怖かった。

しかしあえて今回のレースは、ダイワと心中することに決めた。
その場合は選択肢は前者しかない。
前が崩れる場合は追い込み馬が差し切る、競馬とはそういうものだ。

だが結果はダイワが勝ち、道中ポツンと離れてシンガリに位置したアドマイヤモナークが2着に入った。
逃げ馬が勝って、追い込み馬が連に絡むなんて、まず記憶にない。
逆にそれだけ、ダイワスカーレットの強さが際立ったレースとも言える。

レース映像をまだ見返してないが、結果だけ見るとダイワ以外で5着までに入った馬は、向こう正面ですべて真ん中より後ろで脚を溜めている。
4コーナーで勝ちに来たスクリーンヒーローだけが先団に取り付けているが、それ以外の3頭はまだ真ん中より後ろ。
直線だけで一か八かの勝負にかけている。

その3頭に影を踏ませず逃げ切ったのだから、ダイワスカーレットの強さは半端ではない。
天皇賞でウオッカに鼻差屈したが、それとてアンカツが「入れ込んでいて最悪の状態だった」と言うのだから、今日の状態なら敵はいないというしかないだろう。

逆に、ダイワを負かしに行った実力馬は、スクリーンヒーロー以外はすべて総崩れ。
特にメイショウ、カワカミ、アサクサの3頭は、負けたといは言えレース前半からキッチリダイワをマークしに言っている。
アッパレと言うしかないだろう。

有馬のレース直後は大負けでドヨ~ンとしていたのだが、最終で万馬券をゲットしたのでなんとか一息ついた。
さあ、明日から来年の有馬への道がスタートする。
頑張って予想しよう!
[PR]
週の初めまでは、ダイワとマツリダの2頭を軸にすれば、今年の有馬は結構簡単だと思っていた。
しかしやはり最後の大一番とあって、どの陣営も抜かりなく仕上げてきた。
このレースに駒を進めてくるのであれば、出走全馬に「究極の仕上げの一発」があってもおかしくない。

さらに悩ませるのが、予想以上にダイワとマツリダに人気が被っている点だ。
前日発売のオッズでは、3連単13-10-8が25.7倍で、そのほかにもほぼ50倍までの人気が6通りもある。
もちろん、すべてダイワ、マツリダ絡みである(1通りだけメイショウが絡み、それ以外はスクリーンヒーロー)。

おそらくこのあたりを買っておけば当たるのだろうが、せっかく中山競馬場まで足を運ぶのに、わかっていながらトリガミ馬券を買うわけにはいかない。

だから、ダイワスカーレットに勝負のすべてを賭ける!

1番人気必至でマークされ、激しいレースが予想されるだろう。
しかしこれまで11回走って7勝2着4回。
勝率は.636で連帯率はなんと1.000だ。
G1は桜花賞、秋華賞、エ女王杯と3つとり、残りは昨年の有馬と今年の天皇賞秋の2着2回。
全成績でも先着を許したのはアドマイヤオーラ、ウオッカ、マツリダの3頭だけで、3歳以降ではG1ウィナーのウオッカ、マツリダだけだ。
ウオッカは欠場、残るはマツリダとの力関係だが、昨年はノーマークだったマツリダに足下を掬われたが、今年はマツリダだけをマークすればOK。
8枠と言う点が若干の不安だが、ここはキッチリ勝ち切ってくれるだろう。

3連単の1着はダイワで固定する!

対抗はもちろんマツリダだ。
懸念点は、絶好調だったJCを取りこぼしている事。
今週の追い切りはJCと比べればかなりタイムが遅く、しかしながら昨年有馬を勝った時の水準にはある。
これをどう見るかだが、やはり昨年は人気薄の気楽さが勝ちにつながったと考える。
スクリーンはともかく、JCでディープスカイ、ウオッカに後れを取ったという事は、天皇賞で2頭と勝ち負けを演じたダイワの方が実力は上である。

三番手以下は難しいが、ここはひとまずスクリーンヒーローにしてみた。
JCを勝ったもののレース自体はスローペースで、ここ5年間では一番タイムが悪い。
好位からウオッカを差し切っているものの、昨年の有馬のマツリダ同様、人気薄の思い切った騎乗での勝利と考えられなくもない。
だが、鞍上と今週の追い切りから考えて、一応の三番手評価とした。

四番手はメイショウサムソン。
この馬も評価が難しい。
冬場は成績が芳しくないうえ、武豊は骨折明けで、土曜日のラジオNIKKEI賞も取りこぼしている。
レースが厳しくなったときにスタミナで浮上してくる可能性はあるが、そもそも寒い時期は一瞬の反応が遅くなっているのではないかとも思える。
週中の追い切りは栗東のDWコースで一番時計をマークしてはいるが、動き自体は舌を出してやや苦しそうな感じであった。
4コーナー奥のポケットからスタートする皐月賞は勝っているが、コーナー6回のトリッキーな中山2500mのコースでは勝ち切りまではいかないと見た。

ここまでの3頭が2着候補。

連下も非常に難しい。
そこで考えたのが、スタミナとG1を勝ち負けする底力。
厳しいレース展開の中では、スタミナと勝負所まで我慢をする精神力と、一瞬の反応で抜け出す力が必要だ。
候補は昨年の菊花賞1、2着馬のアサクサキングスとアルナスライン、そして今年の菊花賞2着で追い切り動いたフローテーション、最後にスタミナにはやや不安を残すものの、元祖天才少女と呼ばれたカワカミプリンセスまで。


◎ダイワスカーレット
○マツリダゴッホ
▲スクリーンヒーロー
▲メイショウサムソン
△アサクサキングス
△アルナスライン
×フローテーション
×カワカミプリンセス


馬券は◎1着固定、○▲2、3着、△×3着の3連単18通り。
○2着はやや厚めに。

それと◎から印を付けた馬への馬単と(こちらも○と▲へは厚めに)、○→◎の馬単を少々。
そのほかでは、外国人騎手の3連単ボックスをはじめとした「おたのしみ馬券」を少々買うつもり。

それではみなさん、Good Luck!
[PR]
有馬記念まであと3日。

今年は人気で言えば、ダイワスカーレット、マツリダゴッホに続いて、スクリーンヒーロー、メイショウサムソンの順になりそうだ。
このうちメイショウに関しては、冬場はあんまり走らないし、引退+武豊で人気になるようなら「いいお客さん」という事で切ろうかと思っていた。

で、昨日の追い切りを今朝の新聞で見てみると・・・。

なんとDWコースの一番時計だって!

いくらなんでも、ちょっとこれは無印にするわけにはいかなくなった。

一方、宝塚の覇者エイシンデュピティは、脚下も不安で回避が決まった。
宝塚は道悪に助けられた感もあるが、メジロパーマーの例もあるし、人気薄の逃げ馬は軽視すると怖い。
なので回避してくれたのは、ある意味ありがたかった。

追い切りで言えば、マツリダゴッホはJCよりもかなりタイムが悪かったようだ。
ただし昨年有馬を勝ったレベルではある。

そうなると、すでに今年のJCで昨年の有馬を上回るレベルであったにもかかわらず、スクリーンヒーロー、ウオッカ、ディープスカイの後塵を拝した事になる。
秋の天皇賞を物差しにすると、ウオッカ、ディープスカイの間に入ったダイワスカーレットは、マツリダゴッホよりも上という事なるだろう。

ちなみにスクリーンヒーローの前走アルゼンチン共和国杯で2着に入ったジャガーメイルは、香港で香港ヴァーズ(G1)で3着に入っている。
したがって、アルゼンチン共和国杯はレベルが高かったと考えていいだろう。

現状で言うと、やはりダイワ、マツリダ、スクリーン、メイショウの人気4頭が軸になるという事か・・・。
[PR]
先週の日曜日まで、やはり3強の決着かと思っていた。
G1で3強と言われるパターンの場合、だいたいそのうちの2頭、もしくは3頭で決着するパターンが多い。

しかし今年は荒れそうな予感。
なぜかと言うと、前年の有馬記念馬、春の天皇賞馬、宝塚記念馬ともみんな不在で、人気の3頭のうち2頭が牝馬、残り1頭が3歳馬だからだ。
秋の天皇賞では、どちらもあまり勝率がよくない。

そこでいろいろと検討をする。

まず世代のレベル。
昨年以降のレースを見ると、4歳のトップクラスはレベルがかなり高い。
また、5歳はマツリダゴッホ、メイショウサムソン、アドマイヤジュピタなどがいるが、今回出走しているのはサクラメガワンダーのみ。
6歳勢はエイシンデュピティ、インティライミとも不在でやや力不足か。
7歳は一時期最強世代とも言われ、今回もエアシェイディ、カンパニー、ポップロックなどクセモノが揃っている。
8歳以上はエリモハリアーのみだが、パンパンの良馬場では苦しいか。

そして3歳馬だが、夏以降の混合重賞での勝鞍がゼロ。
ディープスカイ1頭がズバ抜けて強いという可能性もあるが、NHKマイルC、ダービーとも水準的には平凡と言わざるを得ない。
したがって、ここはバッサリ斬り落とす。

世代では4歳vs7歳の戦いか。
そこでこの夏の重賞を見てみる。
ドリームジャーニーが小倉記念、朝日CCとG3を連勝、タスカータソルテも札幌記念でマツリダを撃破している。
なので7歳馬のレベルの高さは認めるものの、現時点では充実期に入った4歳勢がこれを超えたと見て、4歳馬で勝負。

続いて展開を考える。

行くのはおそらくダイワスカーレットだろう。
番手で抑える競馬もできるが、引っかかって暴走する馬がいない限り、おそらくラクラク鼻を奪えるだろう。

続いて行くのはウオッカか。
ただし今回の枠順発表で、一番苦虫を噛み潰したのは武豊に違いない。
プレクラス二―さえ抑えれば勝てると確信した、91年秋の天皇賞。
メジロマックイーンで外枠から強引に鼻を奪い、1着入選で失格した事は今でも忘れていないはずだ。
そう考えると、早く出すぎれば掛かる可能性もあるので、そろっと出して外を無理をせず流れに乗ることを考えるかもしれない。

こうなると、ダイワスカーレットを本命にするしかない。

半年以上の休み明け、初の東京コースと不安材料もたしかにある。
しかし、昨年の有馬ではマツリダ以外には完勝、春の大阪杯も休み明けで牡馬を蹴散らしている。
この馬が自分のペースで逃げたら、おそらく追い付ける馬はいないだろう。
エリザベス女王杯の選択肢もあったのに、名伯楽松田国がここを選んだという点でも、仕上がりは万全とみるべきだ。

対抗は思い切ってタスカータソルテ。
あまり話題になってないが、今週から参戦したルメールが鞍上。
過去人気薄で天皇賞を勝ったオフサイドトラップ、ヘヴンリーロマンスとも、夏の新潟記念、札幌記念を制してそのまま直行している。
しかもこの夏札幌記念で破ったのが、マツリダゴッホ。
ここにきて本格化したと考えてもいいだろう。

三番手はウオッカ。
本命でもいいくらいだが、やはり外枠が気になる。
前走は逃げて差しこまれた事を考えると、ダイワを追いかける事はしないだろう。
そうなると、追いこんで届かずになりそうな気がしてならない。

四番手はドリームジャーニー。
この馬も本格化をして充実一途、大外でなければもう少し評価を上げたいところだ。
出来も悪くないので、大外追いこんでくる可能性は高い。

アサクサキングスは勝味に遅いという点で、2000mではやや評価を下げる。
これに、ペリエが鞍上のトーセンキャプテンまで。

ちょうど、全部4歳馬で6頭だ。

◎ダイワスカーレット
○タスカータソルテ
▲ウオッカ
△ドリームジャーニー
×アサクサキングス
×トーセンキャプテン

馬券はいつもどおり、◎○1着、◎○▲△2着、◎○▲△×3着の3連単フォーメーション24点勝負。
[PR]