菊花賞

ダービー馬ロジユニヴァースが不在、しかし出走していたとしても難解な菊花賞だっただろう。

重賞の勝ち馬がコロコロ変わる世代は、弱い世代と言われている。
しかし今年は混合戦での3歳世代の活躍が目立ち、さらに神戸新聞杯では3着のセイウンワンダーまでがレコードタイム。
非情に判断が難しい世代だ。

普通に考えれば武豊騎乗のリーチザクラウンが、最有力候補になるだろう。
セイウンスカイのようにハイペースで逃げ、直線他馬を引き離してゴール、という筋書きも見える。
ただこの馬、重賞で勝ち切ったのはスローで逃げたきさらぎ賞しかない。
皐月賞はハナを叩かれハイペースを逃げられず、ダービーもロジユニヴァースに差された。
前走も同様である。
標的にされる逃げ馬でありながら、最後の踏ん張りが効かずに格好の目標にされる。
馬券対象としては堅いが、勝ち切れない「善戦マン」と見て本命からは外す。

メンバー18頭のうち、4勝しているのはアンライバルドとイコピコだけ。
このうち、絶好の追い切りを見せたイコピコを本命にする。
神戸新聞杯は4角9番手から一捲り。
1頭だけ次元の違う脚色を見せた。
直線の短いラジオNIKKEI杯では、早目に動きすぎてラストの脚色が鈍った。
しかし京都外回りなら、たとえリーチがセーフティリードと見られる差を付けていても、直線だけで追い込む力がある。

対抗のアンライバルドも同様だ。
前走はあくまで休み明けの試走。
中間もよく乗りこまれ、今週の調教もいい動きを見せている。
勝負所での切れ味は皐月賞で実証済み、ダービーの惨敗は道悪が原因だ。
両者の差は、父親が菊を勝っているか3着か、だけ。

3番手はやはりリーチザクラウンだろう。
ただし菊花賞はスタート直後に下り坂がある。
この馬も下りの勢いに乗って1週目スタンド前で暴走すると、脆さを見せるかもしれない。
そしてノリのポルカマズルカの、あっと言わせる逃げ作戦によってハナを切れない可能性もある。

4番手はナカヤマフェスタだ。
ステイゴールド産駒で、渋太さは泥んこのダービーを4着まで追いこんできている事で実証済み。
蛯名の作戦ではおそらく、マツリダゴッホのように3角あたりから早めに動いてリーチを捕まえに行くだろう。
問題は、さらにそこから直線でもう一踏ん張りできるかどうか。
そこでもまだ脚が残っていれば、勝ち切りまであるだろう。

5番手以下は迷う。
3着だったらどの馬が食い込んできても不思議はない。
その中では、セイウンワンダーとアドマイヤメジャーを選ぶ。

明け3歳となってからの成績がパッとしないが、セイウンは弥生賞は休み明け、ダービーは不良馬場と敗因がはっきりしている。
今回は休み明けの神戸新聞杯が3着、2走目で3着に食い込んだ春の皐月賞当時と遜色ないとみた。

アドマイヤメジャーも前走は出遅れが敗因。
それでも最速の上がりを見せて4着に突っ込んでいる。
前々走三田特別は1000万下の条件戦とは言え、古馬相手に堂々の上がり最速で完勝。
当初から菊は川田の騎乗が決まっていたので、乗り替わりも不安はない。


◎イコピコ
○アンライバルド
▲リーチザクラウン
△ナカヤマフェスタ
×セイウンワンダー
×アドマイヤメジャー


馬券は、◎○1着、◎○▲2着、◎○▲△×3着で3連単24点。

昨日胴上げされたノムさんの1-9馬連馬券も買おうと思ったけど、同じことを考えてる人が結構多いようで倍率が美味しくないので止めておく。





[PR]

by ksato1 | 2009-10-25 12:23 | 競馬 | Comments(0)

東京優駿(日本ダービー)

朝刊で前日までのオッズを見ると、面白い事に気づく。

単勝人気は以下の通り。

アンライバルド 2.2倍
ロジユニヴァース 7.8倍
アプレザンレーヴ 9.4倍
リーチザクラウン 10.3倍
セイウンワンダー 10.7倍
トライアンフマーチ 15.1倍

人気を下げるかと思ったロジユニヴァースが2番人気だ。
しかし馬連人気は以下の通り。

アプレザンレーヴ - アンライバルド 8.2倍
セイウンワンダー - アンライバルド 11.2倍
ロジユニヴァース - アンライバルド 12.7倍
トライアンフマーチ - アンライバルド 12.8倍
リーチザクラウン - アンライバルド 15.1倍

ロジユニヴァースとリーチザクラウンが人気を下げる。

3連複もアンライバルド、セイウンワンダー、アプレザンレーブが一番人気で、次にトライアンフマーチが続く。
そして3連単の一番人気は、アンライバルド→トライアンフマーチ→セイウンワンダーとなる。
まあこれは、オークスが桜花賞の1-2-3着そのままで決まった関係もあるかもしれないが。

いずれにしろ、図式としてはアンライバルド1強で、以下5頭がひしめき合っているようにも見える。
だが、今回のダービーは、そう簡単なレースではないと思う。

まずアンライバルド。
この馬は皐月賞でも本命にしており、今回も本命にする。
皐月賞の一まくりは並大抵の馬ではできず、中間の調教もダービー仕様に変えてきた。
追い切りも絶好の動きを見せている。
ただ、死角がないわけではない。
だいぶ矯正されたとは言えそもそも掛かりグセのある馬で、スタンド前の大外枠スタート。
スタートの歓声で入れ込んでしまい、リーチの武豊がうまくスローペースに落としたら、アンライバルドの方が暴走してしまう可能性もなくはない。
鞍上は、先週のオークスを放馬でゲートにも入れなかった岩田。
腕は信頼できるが、先週の今週でさらに一番人気、よもやの大暴走も考慮に入れたい。
先週のブエナに比べると、少々危ない一番人気だ。

対抗はアプレザンレーブ。
3勝のうち東京が2勝、そのうち1勝は同じ2400mの青葉賞だ。
躓いて負けた毎日杯では、勝った「鬼脚アイアンルック」を上回る最速の上がりを記録している。
問題は強い相手と対戦していない点だが、前走は狭いところを抜けてきて勝負根性も十分あると見る。
逆転までを視野に入れての対抗だ。

3番手はアイアンルック。
昨日の日記にも書いたが、この馬の切れ味は極上。
NHKマイルCは前が詰まる不利があったが、今回はアンライバルドともに外から末脚を伸ばしてくるだろう。

4番手はジョーカプチーノ。
堂々のG1ウィナーで、問題は芝は1600mまでの経験しかないこと。
父親がマンハッタンカフェ、ブルードメサイアにフサイチコンコルドなら、ダービーの2400mは問題ないとは思うが、いかんせん初距離で一気に800mと言うのはやや不安が残る。
あっさりもあるかもしれないが、今回はやや評価を下げた。

5番手はセイウンワンダー。
休み明けの弥生賞は見どころなく惨敗だったが、皐月賞で3着と復活した。
中間もいい動きを見せてはいるが、皐月賞でアンライバルドに付けられた2馬身は、現段階ではちょっと逆転は難しいか。
鞍上内田に逃げられた点も考慮、福永とはいえテン乗りでは着までが精いっぱいと見る。

6番手はアントニオバローズ
この馬は以前から注目していて、皐月賞でも最後まで検討したが、調教を見て買うのをやめた。
だが皐月賞、プリンシパルSと二つ叩いて急上昇したようだ。
ジャングルポケットでダービージョッキーとなった角田が、早くから「期待している」とコメントしていた事もあり、穴馬として取り上げたい。


◎アンライバルド
○アプレザンレーブ
▲アイアンルック
△ジョーカプチーノ
×セイウンワンダー
×アントニオバローズ

馬券はいつもどおり、◎○1着、◎○▲2着、◎○▲△×3着で3連単24点。

それにお楽しみ馬券として、「またまた人気薄の川田」のゴールデンチケットの馬券を少々。
◎○それぞれとの馬連と、3連複。





[PR]

by ksato1 | 2009-05-31 14:45 | 競馬 | Comments(0)

暇を持て余した、神々たちのダービー予想

本当は暇を持て余してもないし、神々でもないんだけどね。
わかる人にだけわかればいいや。

さて、非常にハイレベルとなったダービー。
NHKマイルC2着のレッドスパーダを除けば、前哨戦の上位馬がすべて顔を揃えた。
そしてもしレッドスパーダが参戦していれば、アイアンルックが除外されると言うメンバーだ。

週中の追い切りも、一番時計を出す馬が数頭出るなど、本当に甲乙つけがたい。
勝ち切るまではいかなくても、少なくとも3着以内なら、どの馬にも公平にチャンスがありそうだ。

今回面白いのは、皐月賞、NHKマイルCの両レースとも、人気上位2頭が負けている事。
そしてその4頭が、すべて出走してきた。

まずロジユニヴァース。
無敗で1番人気で挑んだ皐月賞で惨敗。
敗因は定かではないが、それ以前の4レースをみるとどれもミドルペースまで。
早いタイムで決着した皐月賞では、勝負所で動けなかったとも考えられる。
今回はリーチザクラウンが先導することになるだろうが、もしリーチが暴走したら、ペースは早くなり皐月賞の二の舞もありうるか。
また皐月賞時はデビューから最低体重だったものの、今週の追い切り後の計測では+24kg。
過去最高体重のラジオNIKKEI杯と比較しても+20kgで、当日輸送で若干絞れるかもしれないが、この大一番で馬体重が大きく上下するのはちょっといただけない。

そしてカギを握るリーチザクラウン。
これほど強さと脆さを両極端に持ち合わせた馬も珍しい。
この馬も、追い切り後の計測で+12kg。
しかしそれでも一番時計を叩きだしたように、体調面は万全のようだ。
しかも鞍上はダービー4勝の武豊。
キッチリ折り合えば、この馬の破壊力は並大抵ではない。
だが今回は先行馬も多い。
前走でダート2歳王者スーニを破ったゴールデンチケットも前に行くだろう。
先行して味の出るアーリーロブスト、NHKマイルCを制したジョーカプチーノ、ロジユニヴァースだって1枠だから、先行する可能性がある。
スタートもスタンド前である事を考えると、体調が良すぎて、逆にかかってしまう恐れが高い。

続いてNHKマイルC1番人気のブレイクランアウト。
前走は休み明けである事を考えると、今回は狙い目かもしれない。
しかし今週の追い切りがパッとしなかった。
良化途上と見るのが正解であろう。

もう1頭はアイアンルック。
4戦して2勝だが、負けた2戦は両方とも理由がある。
アーリントンCは出遅れて4着、しかも上がり3Fは最速だ。
NHKマイルCは直線で前が詰まる不利がありながら、こちらも上がりは2番目のタイムを記録している。
調教もド迫力、馬体も前走並みを維持しているので、狙い目と言えそうだ。

この4頭の中ではアイアンルックを残すことにする。

そのほかを見てみよう。
スーニを破っているものの、昨年のサクセスブロッケンもそうだったように、前走ダートの勝ち馬は信頼ができないのでゴールデンチケットは切るべきであろう。
トップカミングとマッハヴェロシティは重賞で強い相手に善戦はしているものの、まだ条件馬であり苦しい。

では1勝馬である、皐月賞2着のトライアンフマーチはどうか。

この馬も非常に取捨選択が難しい。
皐月賞2着馬は桜花賞2着馬と違って、あまりダービーで好走しない。
逆転があるのはそれまでに重賞勝ちがあった馬ばかりだ。
ウオッカと稽古を積んで日に日に実力を増し、調教でもいい動きを見せてはいる。
しかし母親のキョウエイマーチは桜花賞を勝ったものの、オークスではパッタリと足が止まった。
父がスペシャルウィークではあるが、やはりこの馬は2000mまでではないかと思う。

2歳時に重賞を勝った、ナカヤマフェスタ、セイウンワンダー、シェーンヴァルト、それとG1を含む重賞で2着のあるフィフスペトルはどうか。
どの馬も狙ってみたい気にさせられる。
ただシェーンヴァルトとフィフスペトルは微妙に距離が長いようにも思える。
ナカヤマフェスタも東京コースで勝ってはいるが、まだ良化途上か。
この4頭では、2歳チャンピオンのセイウンワンダーを残したい。

プリンシパルSの1-2着馬は両頭とも気になるのだが、勝ったケイアイライジンはテン乗りとなる。
それならば調教でいい動きを見せたアントニオバローズの方か。
最後にアーリーロブストだが、新天才三浦皇成とは言えこちらもテン乗りの上、前走負けすぎとみて切ることにした。

残ったアイアンルック、セイウンワンダー、アントニオバローズに、アンライバルド、アプレザンレーヴ、ジョーカプチーノを加え、明日最終決断するとしよう。





[PR]

by ksato1 | 2009-05-30 23:22 | 競馬 | Comments(0)

皐月賞

今朝も9時半過ぎに娘を連れて家を出て、近所のホームセンターを3軒回る。
メダカ用の水草と、上下をつっぱり棒で固定するメッシュのパーテーションを探しまわってなんとか購入。
娘のデスク用ライトは売り切れだった。

ほぼ午前中いっぱいかかった買い物中も、頭の中は皐月賞だった。

レースが近づくに連れ、3強から1強の様相を呈してきた。
これまでの戦績や前走の勝ち方、中間の調教からすると、たしかにロジユニヴァースに死角はないように見える。
だが、まったく死角がない部分が、逆に不安になる。
先週のブエナビスタは同期の中には相手になる馬がいない気がしたが、今週のロジに関してはどうもそこまでの信頼がおけない。

調べてみると、過去20年で単勝2倍を切った1番人気馬で、勝っているのは以下の4頭。

2005年 ディープインパクト 1.3倍
2001年 アグネスタキオン 1.3倍
1994年 ナリタブライアン 1.6倍
1992年 ミホノブルボン 1.4倍

負けたのは1998年のスペシャルウィーク(1.8倍)だけだ。

勝った馬のうち2頭は3冠馬、ミホノブルボンも菊2着「準3冠馬」と言えるかもしれない。
アグネスタキオンは皐月賞後に引退したが、無事でいればあと2つや3つはG1を獲っていたに違いない。

だが、今のところまだロジにはそこまでの雰囲気が感じられない。

では他の2頭はどうか。

リーチザクラウンはスペシャルウィーク産駒だが、スピードが持ち味だけに狙っているのはこの皐月賞だろう。
だが直線坂のある中山、しかも距離が2000mとなると、そのスピードが持続するか。
しかも今回が初東上だ。

最後に残ったアンライバルド。
まだ4戦目で掛かり癖という不安もあるが、成長力という点ではこの馬が一番期待が持てる。
鞍上の岩田が、2歳チャンピオンのセイウンワンダーではなくこちらを選んだ点も注目したい。
したがって本命はこのアンライバルド。

では対抗を何にするか。

今回誰もが思っているのが、ロジとリーチの枠順が逆の方が、レースがすんなり進んだのに、という点。
リーチはロジの後ろでは勝ち目がないため、発走直後の直線を使い、必ず鼻を叩きに来る。
ロジは無理をしないとは思うが、他にもリーチに絡んでいく馬がいるだろう。
そうなるとレースはかなり速くなる。

早めにリーチを捕まえにいったロジとリーチを、後ろからごぼう抜きにする馬を上位に取りたい。
アンライバルドは言わずもがな。

その次はフィフスペトルだ。
前走はアンライバルドに負けているものの、このスプリングS自体がレベルが高かったと考えられる。
事実4着だったサンカルロは、先日最速の上がりでNZトロフィーを制している。

そしてやはりセイウンワンダーか。
前走は重め残り、今回はキッチリ仕上げてきているようなので、底力を発揮してくる可能性は大。
勝ち負けはこのあたりまでだろう。

最後はシンザン記念勝ちのアントニオバローズにしようかと思った。
しかし中間一頓挫あり、調教もあまり見栄えがしなかった。
なので代わりにベストメンバーを抜擢する。


◎アンライバルド
○フィフスペトル
▲セイウンワンダー
▲ロジユニバース
△リーチザクラウン
×ベストメンバー

馬券はいつもどおり、◎○1着、◎○▲2着、◎○▲△×3着で3連単24点。

他にもイチローの1-6とか、5-1とかいろいろと考えたけど、軍資金も少ないので今回はやめにしておく。
[PR]

by ksato1 | 2009-04-19 14:05 | 競馬 | Comments(0)