惜敗のサウジアラビア戦。
決定力不足だのと辛口コメントをブログに書く人間もいるが、私は昨日の敗戦は惜敗だと思う。
実力はほぼ互角、勝敗を分けたのはほんのちょっとの運の差だ。

象徴的なのは、後半の羽生のシュートがクロスバーを叩いたこと。
一方サウジは、中澤と阿部、二人にマークされたにもかかわらず、ハサウィがシュートを決めた。

もし日本が勝つ運命だったら、羽生のシュートは30cm低く飛んでゴールマウスに吸い込まれており、中澤と阿部の二人+川口がハサウィのシュートコースを空ける事はなかっただろう。

中盤でのルーズボールも、ことごとくサウジの前に転がった。
後ちょっと転がれば、もう少し短ければ日本のチャンスという場面も何度もあった。

相手陣地に押し込みながらもなかなか点が取れない日本攻撃陣の図式は、Jリーグ創設直後のヴェルディvsマリノスを見ているかのようだった。
当時ヴェルディは、マリノスから柱谷哲二を移籍させたにもかかわらず、どうしてもゴール前でマリノスDF陣にはじき返されてしまい、カウンターからラモン・ディアスに点を取られるパターンが続いた。

しかしサウジアラビアが鉄壁のDFを誇るのかと言えば、そうではない。
人数をかけてゴール前を守っており、決してひとりひとりが卓越した高い能力を備えているとか、非常にすぐれた組織力で守っているわけではないはずだ。
実際コーナーキックから2点取っており、ゴールに近い位置でFKを取れていれば、もう1点くらい入っていてもおかしくなかった。

ただ、これで日本に欠けている「駒」が何かわかった気がする。
ハサウィのように、速いスピードで持ち込んでDFを振り切り、一人で決めるストライカーだ。

高原もワールドクラスである事は間違いないが、やはりもう少しスピードが欲しい。
DFを振り切るタイプではなく、DFを背負いながらゴールを決めるタイプだ。

でもDFをスピードで振り切って決めるストライカーが、今の日本人にいるのか。

今回の代表でいえば、佐藤寿人だろう。
スピードはあるし決定力もある。

ただ個人的には、レッズの田中達也に期待したい。
たしかに佐藤寿人はスピードはあるが、最短距離を直線的に走るパターンが多いように思う。
オープンスペースに転がったボールを追いかけるスピードはかなりのものだ。

一方田中達也は、スピードに乗ったドリブルからの直角ターンで、相手のDFを振り切る能力を持っている。
今の日本代表に必要なのは、この田中達也のドリブルではないだろうか。

現在はレッズでもレギュラーを取りきれない状況だが、体調が完全に戻れば必ず代表に戻ってくるはずだ。
このピースがはまった時に、日本代表がもうひとつ上のクラスに上ることができる気がする。
[PR]
ついこの間、シーガイアが初の営業黒字になったと思ったら、なんとオーシャンドームが閉鎖してしまう。

私がオーシャンドームに行ったのはたしか14年前。
まだシーガイアが部分オープンしていた頃だ。

友人の結婚式が目的で宮崎に行ったのだが、ついでにその翌日の夕方からオーシャンドームに足を延ばした。
なぜ夕方から行ったのかというと、結婚した友人から「ショーは夜の方が面白いし、夕方からのパスポートが安い」と言われていたのと、前日、披露宴→2次会→3次会と調子に乗って飲みまくり、夕方まで激しい二日酔いだったため。

もうかなりおぼろげだが、とても楽しかったような記憶がある。
波のプールやウォータースライダーも楽しかったしショーも本格的、東京の近くだったらたびたび来てもいいなぁ、と思った。

でもいかんせん宮崎だからね。

今なら航空券のマイルがあるからだいぶ行きやすくなったと思うけど、当時はわざわざ高い航空運賃払って何度もリピートするというのはやっぱりしないな、と感じた。
宿泊費も含めた総額を考えると、サイパンやグアムなど近場の海外ツアーの方が安そうだし。

熊本、大分、鹿児島からは車の来場者もいたようだけど、やっぱり都市圏とは人口の数も違うから、入場者数も思ったように伸びなかったのだろう。
これが東京から車で行ける圏内だったら、状況も違っていたんじゃないかな。
やや残念。

閉鎖は今年の9月末との事。
それまでにシーガイアに行くことはないだろうな。

仕方がないから近所のパチンコガイアに行く事にしよう・・・。
[PR]
今週末は参院選だが、ここのところ東京の選挙で話題となっているのは又吉イエス。

http://www.matayoshi.org/

ネットでもかなり話題になっている「人気者」である。


ところが、今回ちょっと注目したいのは、マック赤坂。
日本スマイル党の党首らしい。

http://www.senkyo.janjan.jp/bin/candidate/profile/profile.php?id=144009


画像はマック赤坂のポスターなのだが、うーん、なかなかインパクトがある。

a0003588_20175213.jpg

経歴を見ると、なんと京大の農学部を卒業して25年ほど伊藤忠商事に勤務していたらしい。
経歴は、ポスターに比べてかなりフツーだなぁ・・・。

ちなみに、会長を勤める日本スマイルセラピー協会のオフィシャルサイトはコレ↓

http://www.mac-ent.net/

一見怪しげだが、笑う事によりポジティブシンキングができるという話で内容はまとも。
なんか、期待していたほど怪しい人じゃないみたいだなー、やや残念・・・。

ただ、どうも選挙活動をする上で人員が足りないらしく、会社周辺(新宿区)以外ではポスターもほとんど貼られていないらしい。
この人が何票得票できるかに、ちょっと興味がある。

おそらく4桁には届かず3桁くらいだろう。
ただポスターの少なさを考えると、場合によっては2桁もあるかも。
国政選挙で東京から立候補して、2桁得票はなかなかできる事ではない。

東京の選挙権をお持ちの方は、是非一度このマック赤坂をご検討してみてください。
私は千葉在住なので、彼に投票することはできないけど。


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください


●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]
放送時間が深夜の生放送だったり、翌日用事があるので早く寝たりで、久しぶりに観たF1中継。
スタート直後の激しいシャワーで赤旗中断になったり、セーフティカー先導の再スタートになったり、なかなか見ごたえのあるレースだった。
しかしティフォシにはちょっとショックが残る結果となった・・・。

まず、せっかくライコネンがPP取ったのに、1週目のピットからの指示が不徹底。
いったんピットロードに入ったのにコースに戻ると言う、ちょっと見た事がない事態が起きた。
ただでさえとんでもない雨が降ってスリッピーになっているところに、一度ピットに入りかけながらもう1週して来いなんて、さすがのライコネンも平常心でドライブできる状態ではなかっただろう。
それでもガマンして走っているところでマシントラブル・・・。

さらに終盤、安泰と思われていたマッサがアロンソにパスされる。
レース後のマッサのコメントでは、レインタイヤにした後のマシンバランスに問題があったようだ。
しかし雨が降る前から徐々にアロンソに詰め寄られていたので、ガソリンが減った場面でのバランスでもマクラーレンにアドバンテージがあったのではないかと思う。

あるいはセーフティリードを保ったと判断して、ピットからクルージングの指令が出ていたのかもしれない。
ただTV中継でもテロップが出ていたが、再度雨が降ることもわかっていたはずだし、いずれにしろ、終盤ひっくり返されたのはピットの判断の悪さと言う他ないだろう。

コース上に落ちていたルノーのホイールカバーについても、無線連絡してなかったみたいだしね。

しっかりせいや、ジャン・トッド!
次のハンガロリンクは低速サーキットだから、本来はここでポイントを詰めておきたかったのに・・・。
[PR]
ミクシイで参加している地元「西船橋」のコミュに、木曜日にこんなトピが立った。


http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=20908583&comment_count=0&comm_id=14591
「男子従業員募集」
艶妻西船橋店従業員


津田沼と西船橋にあるヘルス「艶妻」の男子従業員を募集します。
資格 18歳以上(学生可)の男性
給料 時給1000円以上
時間 10:30~23:00の間の時間で相談

当店は津田沼と西船橋にお店があります。
基本的にはそちらでの電話番と接客になります。

風俗店と聞くとダークなイメージがあるかもしれませんが、
従業員はみな明るい普通の人ですw
実際僕も去年までサラリーマンでした。

学生でちょっと刺激のあるバイトをしてみたい方
将来、風俗業界で一人立ちしてみたい方
そんな方にお勧めです。

お気軽にお問い合わせください。

HP
http://www.tuyatuma.com/


最初はネタかと思い、すぐに管理人に削除されるだろうと思っていたのだが、日曜の夜10:30現在でまだ存在している。

ちょっと気になったのでトピ主トップページを見てみた。
上記のお店のオフィシャルサイトのほかに、従業員のトピ主が運営しているブログがある。

http://tuyanishi.blog110.fc2.com/

このブログがなかなか面白い。

なお、遅まきながら断わっておくが、上記二つのサイトは風俗店のサイトなので、当然所属する姫のセクスィーな写真が掲載されているので、仕事場での閲覧は控えた方がよいだろう。

で、面白いのはその姫の写真ではなく、このブログの主の写真。
本物かどうかわからないが、かなりいいお年と思われる従業員艶太郎さんがPCの前に座っていたり、ローション運んでいる写真が掲載されている。

どうもネタ臭いような気もするのだが、姫の出勤情報以外に掲載されているのが日常のニュースの感想だったりして、いかにもリタイア後に初めてPCに触ったお年寄りっぽさも漂っている。
日記を遡るとお孫さんらしき写真や、お孫さんに買ってあげたあやしい「かぐや姫」の絵本が掲載されてたりして。

非常に気になるブログだが、あんまり頻繁にアクセスすると、カミサンにあらぬ疑いをかけられそうな気もするしなぁ。
いっその事、マイミク申請してみようか・・・。
[PR]
日本、豪州破り4強 アジア・カップ、川口好セーブ

辛くもPK戦で勝利したオーストラリア戦、この1試合にはかなりの意味が含まれていると思う。

まず悪い方をあげると、1人多い状況で勝ちきれかなかった事。

同点という、必ずタイムアップまでに点を取らなければならない切迫した状況ではなかった事を考慮しても、全体的に攻めあぐねていた感は否めない。
今後豪州とは何度も顔をあわせる中で、引いて守れば日本は防げるというイメージを持たせてしまったのはあまりいい事ではない。

今回はUAE戦に続いてジャッジに助けられた部分が大きいと思うし、オーストラリアはベストコンディションとはいえない状況でもあった。
オーストラリアは気候に負けたが日本には負けていないと思っているだろう。

できるならば一人多い状況の中、オーストラリアの心をへし折る完璧な点の取り方で、勝利をあげて欲しかったものだ。


良い方は、やはり苦手意識を払拭した事だろう。

中澤がビドゥカを完璧に抑え込んでいたし、失点後にすぐに同点に追い付いたことで、日本の精神力は見せつけられたと思う。
ドイツW杯当時の、あのひ弱な日本ではない。
どちらかと言うと日本は、フィジカルを活かしたパワープレイで攻められる事を苦手としているはずだが、今後オーストラリアがいろいろと考えて策を弄してくれた方が、シンプルに攻められるより組みしやすいのではないだろうか。

いずれにしろ、今日は勝てて本当によかった。
1点取られたものの、PKを2本とめた川口をはじめ、DF陣がきちんと仕事をしていた。

一方攻撃はやはり課題が多い。
両サイドが複数回の回り込みでクロスをあげても、第二陣からの飛び込みが少なかったためにゴール前ですべて競り負けてしまった。
たとえ高さで負けても、あのキーパーならゴール前にきちんと詰めていればこぼれ球を押し込むことは可能だったはずだし、できれば90分、最低でも延長で決めなければいけない試合だったと思う。
[PR]
夏の高校野球の地区予選真っ只中だが、本日母校が2敗した。

普通の人なら母校は1つなので2敗する事はないが、今年と来年だけ、私の母校は2校出場する事になる。
注)転校する前に最初に入った高校は、「オレ的履歴書」上で抹消しているのでカウントされない

なんで母校が2校なのかと言うと、出身中学(公立中学)が4年前の春に、中高一貫教育の「中等教育学校」に生まれ変わったから。
このとき、近くの都立高校を東京都から譲り受けて、6年制の学校を創立させた。
この都立高校も私の母校だ。

厳密に言えば、新しく創立された学校は母校とは言えないかもしれない。
中学も高校も母校がなくなっちゃったという考え方もある。
でも6年制になっても、中学・高校とも以前の伝統を受け継ぐという事なので、両方とも母校でいいんじゃないかと思う。

で、今年から「中等教育学校」の4年生、つまりは高校1年生にあたる学年が誕生した。
ちなみに都立高校は今年から1年生の募集を終了して、現在2、3年のみ。

こういう場合、合同高校として予選にも参加するものじゃないかと思っていた。
実際、部員が集まらなくて合同で参加する高校って、全国には結構あるみたいだし。

ところが都の高校野球連盟から、この申し出を断られたらしい。
理由は両チームとも9人以上の部員がいるから。

えっ、マジ?
この場合その規定を当てはめるか、フツーに考えて!
特待生問題もそうだったけど、お前らもっと現実を見る目を持てよ!

ちなみにasahi.comに、この事を取り上げた記事がある。
http://www2.asahi.com/koshien/89/wtokyo/news/special/TKY200707030048.html

そういうわけで、高校野球連盟のオカタイ頭のために、母校が2校地区予選に参加する事になったのだ。

さらにさらに、先週末の台風で順延した結果、都立高校は昨日1回戦を勝ったと思ったら、もう今日2回戦。
そして中等教育学校の方も、今日が初戦(2回戦)。
なんと同じ日に試合が行なわれてしまった。

で、どちらも負けました。
都立高校の方は0-3なんで惜しかったけど、中等教育学校の方は0-14のコールド・・・。
まあ1年生だけだし、1回の裏を0点で抑えただけでも頑張った方だよね。

http://www.tokyo-hbf.com/pastgame.php?sel=10&y=2007&m=7&d=20

1日で母校が2敗するなんて、そう簡単に経験できることじゃないけど、来年はできれば統一チームで参加して欲しいよな・・・。
[PR]
昨日は急遽午後半休を取って映画を観に行った。
もちろん半休を取ったこ事は家族にはナイショ。

1本目は「アヒルと鴨のコインロッカー」

ネットや雑誌の書評でかなり評判の高かった作品。
しかい東京では恵比寿ガーデンシネマでしか公開していないので、行きたくてもなかなか行く事ができないでいた。
なので観に行くチャンスを狙っていたのだが、半休取るなら昨日しかないと、思い立って観に行く事にした。

と、思ったら今週末から新宿ガーデンシネマで公開されるのを今日知ったよ!
ガーン!
ちょっとショックだが、まあ仕方ない・・・。

作品の前半はコミカルに展開する。
瑛太がボケて濱田岳が気弱に突っ込む、まるでショートコントのようだ。
台詞も演出もいい感じで、結構笑わせてくれる。

前半はユルい感じで鑑賞できるのだが、物語の後半は一気に話が引き締まる。
このメリハリが作品のポイントでもある。
ラスト40分、息をもつかせぬ展開で謎が明かされ、すべての話が繋がるのだが、観終わった後はなんとも言えない感情で胸が一杯になった。
ある程度のどんでん返しは想像できたが、まさかこういうラストが用意されているとは・・・。
原作は読んでいないのだが、映画としてディティールまで細かく作りこまれ、制作者が映画をいかに愛しているかが伝わってくる。

キャスティングも巧みだ。
女性にモテるという観点ではたぶん勝ち組の瑛太と、どう考えても負け組の濱田岳の対比がよく、かつこの二人のキャラが目一杯引き出されている。
そしてその上を行く勝ち組の松田龍平。
さらにほとんど笑うことの無い大塚寧々が、物語の謎の部分を深めてくれる。

半休取ってまで観に行く価値のある作品だった。


2本目は「サイドカーに犬」

こちらは予想通り、竹内結子扮するヨウコさんの「いい女振り」を堪能する映画だった。
古田新太の情けないオヤジも健気な子役も、すべてがヨウコさんを引き立ててたいた。

まあ、それ以外は何もない映画とも言えるが、私は竹内結子が好きなのでそれだけで十分満足できた。


81.アヒルと鴨のコインロッカー
82.サイドカーに犬
[PR]
先々週フロントガラスに入ったヒビだが、迷った末に結局修理に出した。
車は修理を終えて本日帰還。

我が家の場合、カミサンの実家に行くときは必ずベイブリッジを通るのだが、ここがたいてい6-8mの横風が吹いている。
天候が悪いときは風速10mを超える事も珍しくなく、車高と重心が高いウチの車は、横風で煽られて怖い目に逢うこともしばしばだ。

まじんさんが以前見たフロントガラスが一気に割れるという話もあるし、万一ベイブリッジを走行中にフロントガラスが割れた日にゃ、事故にならなくても無事では済まないだろう。

なので修理に出すことにした。
自己負担の5万円はかなり痛かったけどね。

でも、大丈夫!
オレ、来週発売のサマージャンボで3億円当てるから!

当たっても、誰にも何も奢らないよーだ!
[PR]
悪天候の3連休中に取り溜めていたビデオを3本。

まず「ダイ・ハード」。

おおっ、ブルース・ウィルス若いじゃん!
まだ何気に髪の毛あるし。

公開からかなり経つが、今観てもメチャメチャ面白れぇ!

「4.0」も評判いいし、早く観に行かなくちゃ!


続いて「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」

シリーズを通じて初めて観るんだけど、なるほどこういう作品だったのね。
TVの小さい画面&吹き替えで観たためか、個人的には想像していたほど面白いとは思わなかった。
カミサンはかなり気に入っていたけど。

ラストは「魔女の宅急便」。

いいなぁ、心が和むよ。
宮崎駿の作品はやっぱり、「紅の豚」までの方が登場人物が優しくて好きだなぁ。

「魔女の宅急便」は、オープニングの「ルージュの伝言」とラストの「優しさに包まれたなら」のイメージが強いが、キキが最初に街の上を飛ぶときのBGM「海が見える街」の方が好きだ。
ついこの間まで使っていた携帯で5年ほど着メロに設定していたのだが、携帯を買い換えたときに一番悲しかったのが、この着メロを移管できなかった事だ。

どこかにアップされてないかなぁ・・・。

78.ダイ・ハード(再)
79.「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」
80.魔女の宅急便(再)
[PR]