<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「モーニング」連載時は非常に好きな作品で、毎週楽しみにしていた。
作画はすぎむらしんいち、原作はリチャード・ウーだが、このリチャード・ウーは浦沢直樹と組んで数々のヒット作品を生み出した長崎尚志の別名である。

映画化の前に、2016年4~7月期に深夜でTVドラマも放送されたが、それもすべて見た。
ただ、原作の持つ独特の世界観を前面に押し出し過ぎて、登場人物の相関関係もストーリーもよくわからない作品になっていた。
映画もやや不安を感じながら観に行ったが、やはり思っていた通りよくわからない作品になってしまっていた。

新宿歌舞伎町界隈には、密入国の異邦人ための裏都庁が存在していた。
日常社会を成立させるため、その他にも裏病院、裏銀行、そして裏警察として異邦警察も作られていた。

異邦警察の署長は久保塚早紀(松田翔太)は、見た目は日本人で日本語も堪能だ。
しかし実際の出生地は不明、ほとんどのアジアの言葉とヨーロッパの言語を操る謎の人物である。
かつてエリート銀行員だった鈴木(浜野謙太)を相棒に異邦人を護り、TVドラマ版のラストでも外国人排斥集団SOPから異邦人を護った。
映画版はそこからスタートする。

パーティー中の久保塚たちのところに、風俗嬢が誘拐されたと連絡が入る。
犯人は中国出身の周と林だ。
久保塚は、いったん犯人の要求通りに身代金を払うように言うが、風俗嬢は殺されてしまう。
久保塚は二人を追うが教会の前で見失ってしまった。

周と林は、暴力団の横島の口座を借りて身代金を振り込まさせたが、横島がピンハネしようとしたため殺してしまう。
二人は稼いだカネで異邦人の犯罪組織「ダーティー・イエロー・ボーイズ」に加入しようとするが、エリアのリーダーがあまりにもレベルが低いため殺害、周がそのままエリアのボスの座に就いた。

一方、久保塚は周と林を追っていたが、その流れで横島が所属していた暴力団の組長伊佐久(眞木蔵人)と知り合う。
伊佐久は久保塚に横島探しを依頼するが久保塚はこれを拒否、別々に探す事になった。

周と林は新たに加わったホセ、朴とともに、関西の暴力団が隠す10億円を狙っていた。
西下しながら殺人を重ねる4人。
久保塚は東京の周と林の知人から、彼らが中国で地下教会の牧師の息子だった事を知る。
そのため必ず地下教会に立ち寄ると踏んで、周と林の足取りを追うのだった。

原作の「ダーティー・イエロー・ボーイズ」編を、ほぼそのまま忠実に実写化している。
ただTVドラマ版同様、独特の世界観を強調し過ぎたため、映画としてはよくわからない作品になっていた。
何かに頼ろうとする周と林が、自分たちの希望にたどり着けずに少しずつ狂気を増長させて行くのだが、そのあたりが描き切れていない。

監督の熊切和嘉は、「私の男」でも世界観を押しだし過ぎてよくわからない作品にしてしまっていた。
ハッキリ言って今回も、監督の力量不足に寄ると言わざるを得ない。

人気作品だっただけに、個人的にはもっと頑張って面白い作品にして欲しかった。


69.ディアスポリス 異邦警察


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
もうとっくの昔に終わってしまったギンレイの2本。
ここのところ忙しくてギンレイにもなかなか行けないのだが、なんと今年はまだ2回しか行っておらず、しかも3作品しか観ていない。
経年で14か月会員になっているのだが、いくらなんでもちょっと年会費がもったいない感じだ。

それはさておき映画だが、今回の2本はLGBTがテーマだった。

まず「リリーのすべて」。
デンマーク人の画家アイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家であるゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)と結婚していた。
ある日、ゲルダの親友のモデルがアトリエに来られなくなったため、ゲルダはふざけてアイナーに女装をさせて絵を描く。
するとその絵が画商から高い評価を受け、ゲルダは一躍有名画家となった。

アイナーは女装する際にリリーと名乗り、ゲルダと共にパーティーにも参加するようになった。
ある日パーティの席で、リリーが男性と親しく話しているところをゲルダが目撃する。
ゲルダが追求をすると、アイナーはかつて女装をしていた事を告白する。

その後ゲルダは高い評価を受け、二人はパリに移住する。
パリにはアイナーの幼馴染の画商ハンスがいて、ハンスはアイナーの性癖を理解した。
ハンスの薦めでアイナーは何人かの医師に診てもらうのだが、その中の一人のドイツの医師が、アイナーは精神異常ではないと診断する。
医師はアイナーに性別適合手術を薦めるが、大きな手術のため命の危険を伴う事になってしまう。
そして何より、ゲルダはリリーではなくアイナーを愛していた。
アイナーの絵はまるで評価されず、ゲルダの庇護のもと暮らしていたのだが、彼はアイナーからリリーになる事を決断する。

実在の人物で、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベを題材とした作品だ。
当時はキリスト教の影響から同性愛者は社会から抹殺され、性同一障害と言う言葉もない時代である。
そんな中でもアイナー自分の気持ちを貫いてリリーになるのだが、おそらくストーリー構成がかなり事実に近いと思われ、非常に生々しくて重い作品になっている。
ゲルダとリリーの心の葛藤も、よく言えばキッチリ描かれているのだが、あまりにもヘビーで観ていて少々引いてしまう。
リリーの気持ちもわかるものの、個人的には献身的に尽くすゲルダの方に、深く感情移入してしまった。

続いて「キャロル」。
テレーズ(ルーニー)はカメラマンを目指しながらデパートで働いていた。
恋人もいて普通の生活を送っていたのだが、ある日デパートに来たキャロル(ケイト・ブランシェット)を見て、その美しさに心を奪われてしまう。
お互いに惹かれあう二人は、その後接近をする。

キャロルは夫と離婚訴訟をしており、夫はキャロルがテレーズと親密になるのを快く思っていなかった。
夫はかねてから、キャロルが幼馴染のアビーと仲がいい事を疑っており、今度はテレーズとの事をネタにキャロルから娘の親権を奪おうとした。
その事を知り我を失ったキャロルはテレーズに冷たくあたるのだが、冷静になった後、謝罪して彼女を旅行に誘った。
そしてその旅行で二人は肉体関係を結ぶ。

美しいが激しい性格のキャロルと、そんな彼女に惹かれるテレーズの物語だ。
二人はレズビアンの関係だが、男性的なキャロルにテレーズが惹かれて行く過程が非常にわかりやすく描かれている。

とは言え、同時上映「リリーのすべて」に比べるとかなりインパクトは弱い。
悪い作品ではないと思うが、「リリーのすべて」が強烈過ぎたため、心にあまり残らなくなってしまった。



67.リリーのすべて
68.キャロル


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
東京に暮らす立花瀧は父親と二人暮らし、親友と寄り道したり、バイト先の年上の先輩に恋したりと、絵にかいたような高校生活を送っていた。
だが、ある朝目を覚ますと飛騨の小さな村に暮らす女子高生宮水三葉になっていた。
三葉は神社の家に生まれ、祖母と妹の3人暮らし、神職の代わりに神社の儀式にも巫女として参加していた。
その一方で東京にも憧れ、高校卒業後は東京の大学への進学を目指している。

その後も、それぞれ東京と地方の典型的な高校生だった二人は、時折体を入れ替える事になる。
戸惑いながらもその事に慣れた二人は、お互いの生活を護るために書き置きと日記で約束事を決め、不思議な事態に対応していた。

だが、ある日突然この不思議な入れ替わりは終了してしまう。
元の体に戻ると細かい部分は忘れてしまうのだが、三葉の事が気になった瀧は景色の記憶からスケッチを作成し、憧れのバイトの先輩、親友と3人で、三葉が住んでいると思われる飛騨の村を目指した。
3人が探しまわった結果、瀧のスケッチは飛騨の糸守町である事がわかる。
しかし糸守町は3年前の隕石落下事件で直撃を受けており、住人がほぼすべて犠牲者となっていた。
図書館で犠牲者名簿を調べた瀧は、そこに三葉と家族、親友たちの名前を発見する。

「秒速5センチメートル」、「言の葉の庭」など、マニアには非常に人気の高い深海誠の初メジャー作品である。
「秒速5センチメートル」は青春の心の機微を繊細に淡々と表現していたが、この「君の名は。」では、脚本の各所に笑いをちりばめるなど、非常にメリハリの利いたストーリーとなっている。

手が届きそうで届かないもどかしさ、そしてなんとか危機を回避しようとするものの、困難が立ちはだかり心が折れそうになる辛さ、そう言った青春の努力と汗と迷いと涙が凝縮した作品である。
映像の美しさはもちろん音楽も素晴らしく、何一つ文句のつけようがない。
青春アニメの金字塔として、今後も語り継がれる名作と言えるだろう。


66.君の名は。


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
NYの不動産王ダミアン(ベン・キングズレー)は不治の病に侵され、医師から余命宣告を受けていた。
財産は築いたものの一人娘からは愛想を尽かされ、一人さびしく最期を迎えるばかりであったダミアンだが、ある日不思議なメモを発見する。
そこにはオルブライトと言う科学者の連絡先が記されており、彼は人工培養した細胞を使って、ダミアンを新しい別の人間に生まれ変わらせてくれると言うのだ。
ダミアンは半信半疑ではあったが、オルブライトの言葉を信じて新しい体(ライアン・レイノルズ)を手に入れた。
新しい体に慣れるまで数カ月かかるため、ダミアンはオルブライトの指示のもと新しい町で新しい生活を始めた。
そこでは友人も出来、ダミアンの人生はリスタートに成功したかに見えた。
しかし、時折めまいとともに不思議な感覚に襲われ、かつ既視感のある風景が目の前に現れる。
ダミアンはその景色が実在する事を突き止め、そこに何があるのか、実際に見に行く事にした。

簡単に言ってしまえば、提供者の肉体に別の人格を移植するストーリーだ。
ただ、その手の映画によくある、おどろおどろしい雰囲気はあまりない。
また、ベン・キングズレーが演じていたダミアンのキャラが、巧くライアン・レイノルズ演じる「体」に移植されているため、違和感もほとんど感じない。
人格の移植と言うテーマはどうしてもリアリティに乏しくなりがちであるが、この映画はストーリー性もよく想像以上に見応えのあった作品だ。

唯一の難点は、ライアン・レイノルズ役の「体」の子どもがかなりの修羅場をくぐる事になるのだが、ほとんど動じていない点だ。
その部分だけ、大きな違和感を感じた。

あまり話題になっていない作品だが、機会があったら押さえておきたい作品である。


65.セルフレス 覚醒した記憶


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
時間がなかったので前作を復習せずに観に行ったら、人間関係がよくわからずイマイチな感想になってしまった。

前作で見事サディアス(モーガン・フリーマン)に復讐を果たしたディラン(マーク・ラファロ)とフォー・ホースメンたちは1年後、企業の不正を暴こうとしていた。
しかし天才ハッカーであるウォルター(ダニエル・ラドクリフ)にはめられ計画は失敗、ディランはホースメンと関連がある事を暴露され、フォー・ホースメンはマカオに送られてしまう。
ウォルターはホースメンに、世界中のコンピュータにハッキングできるチップを盗むように依頼、他のメンバーが拒否をするなか、ダニエルがその仕事を受けてしまう。
一方ディランは、獄中からサディアスを助け出し、ホースメン救出のためにマカオに向かう。

若干ネタバレになってしまうが、このシリーズのキモはディランとサディアスの関係だ。
この部分をすっかり忘れていたので、最後にネタ証しがされるまで、何が何やらよくわからずモヤモヤした状態が続いた。
この映画を観るならば、前作をきちんと復讐するべきだった。

ただ、マジックというか、ホースメンのトリッキーな動きは素晴らしい。
この後も続編が作られる可能性が高いが、その場合はもう一度1、2を復習してから観に行く事にしよう。



64.グランド・イリュージョン 見破られたトリック

※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
リブート版「ゴーストバスターズ」はイマイチの評判だったが、個人的には十分満足できる作品であった。

コロンビア大学で物理学の教鞭を取っているエリンは、永久採用の座を狙っていた。
しかしその審査の前に、かつて友人のアビーと一緒に幽霊の本を発刊していた事がバレてしまった。
エリンは慌ててアビーのもとを訪れ、本の発売を中止するように言うが、アビーは言う事を聞かない。
アビーは、幽霊騒ぎのあった屋敷のオーナーを紹介してくれれば本の発売を中止すると言う。
エリンは仕方なく、アビーそして彼女の現在の共同研究者であるジリアンと一緒に幽霊騒ぎのあった屋敷に行くのだが、そこで本当の幽霊と遭遇する。
アビーだけではなくエリンも大興奮、だがその映像をネットに公開されてしまい、エリンはコロンビア大学を追われることになった。
仕方なくアビーの研究所に転がりこもうとするが、アビーも同様に大学を追われてしまう。
3人はしたかなく幽霊退治の会社ゴーストバスターズを設立する。

奇しくもNYには続々と幽霊の目撃情報が増え、ゴーストバスターズがそれらを調査すると、目撃現場には必ず不思議な装置が置かれていた。
地下鉄のチケット販売をしていたパティは、装置を置いた男を目撃。
彼女もゴーストバスターズに加わり、装置とそれを設置した男について調べ始めた。

1984年版と比べれば、当然CGは美しい。
そしてストーリーも、起承転結がきちんとまとまっており悪くない。
何よりキャラクターの設定が巧い。
エリンは一番常識的だが、イケメンにメチャクチャ弱い。
そのため、クリス・ヘムズワース演じる大バカキャラのケヴィンにメロメロになってしまう。
そしてこのケヴィンが、アメリカ映画によく登場する典型的などうしようもない大バカキャラだ。
日本人の感覚的には若干スベリ気味な部分もあるが、個人的には十分笑えた。
その他、アビーは幽霊に対する思い入れは強いがそれ以外は常識的、ジリアンは優秀だが完全なマッドサイエンティスト、パティは体は大きくて割合まともなのだがとてもビビリだ。

ケヴィンの生かし方とラストのオチも良かったし、マシュマロマンやズールなど、前作の取り入れ方も巧い。
なんで評判が悪いのかよくわからないのだが、笑える作品が観たい時にはおススメの作品である。


63.ゴーストバスターズ(2016年版)


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
「鷹の爪団」の劇場版もいよいよ8作目、と言ってもスポンサー付きで無料で公開したり、映画観た時に無料配布されるDVDがあったりで、本当の劇場版が何作目かはよくわからない。
しかし「鷹の爪団」が劇場公開されると聞けば、観に行かざるを得ない。

鷹の爪団のアジトは吉田くんが散らかすために相変わらず汚かった。
総統は吉田くんの荷物を処分しようとするが、その中から「出会いのビデオ」というタイトルのDVDが見つかる。
この「出会いのビデオ」、吉田くんにとっては思い出深く、そしてこの先の吉田くんにとっても重要なアイテムだった。

吉田くんは子ども時代、秘密基地を作る仲間がいた。
その仲間の一人の里美が引っ越す事になり、吉田くんは里美に「祝いのビデオ」を贈ろうと考えた。
「祝いのビデオ」は見るだけで誰でもハッピーになると言う素晴らしいDVDで、魔法使いが運営している13日の金曜日にしか営業しないDVD店だけで販売していると言うナイスなアイテムだ。
しかし吉田くんは間違えて「呪いのビデオ」を買ってしまい、里美にプレゼントしてしまった。

時は流れて2056年、世界中で人々の動きがスローになるという社会現象が起きていた。
理由は「呪いのビデオ」を見た人がみな、動きがスローになってしまうからだ。
映像は消しても消しても次々とネットにアップされるため、世界連邦捜査局はその元を断つべく、過去に「呪いのビデオ」を所有していた島根県の「吉田」と言う少年から、DVDを奪う事を考えた。
局長の命を受けた捜査員のナスカリーとモルレダーは、タイムマシンで過去の島根県へと飛んだ。

世界観は、放送を見ていないのでよくわからないが、過去に毎日放送で放映された島根県のPRアニメ「秘密結社鷹の爪外伝 むかしの吉田くん」がベースになっているようである。
登場人物の吉田くんの友だちもその時と同じようだ。
そのため、今回は過去の吉田くんのお話しが9割9分で、総統やレオナルド博士などの主要キャラは冒頭の3分と終了の3分、合わせて6分くらいしか出て来ない。
だが、軽快なボケとツッコミのテイストはいつも通りの「鷹の爪団」である。
漢字が似ているために吉田くんが「祝いのビデオ」と「呪いのビデオ」を間違えているのに、なぜか現在の吉田くん保有しているのが「出会いのビデオ」だったり、そもそもDVDなのにビデオかよ、と観ている方もツッコミを入れたくなるのだが、それもまた「鷹の爪団」のいいところでもある。

65分の上映時間で通常料金取るのかよ、と言うマジツッコミもあると思うが、「鷹の爪団」ファンならぜひ観て欲しい作品だ。
た~か~の~つ~め~

※ちなみに私はTOHOシネマズのポイントで見ました。


62.鷹の爪8 ~吉田くんのX(バッテン)ファイル~


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
新作を観る前に、復習のつもりで地上波放送を録画して見た。
ただ、記憶と異なる内容だったので、他の映画と勘違いしていたのかもしれない。
メインは、地下鉄内でゴースト退治するシーンだったように記憶していたのだけども・・・。

ピーター・ヴェンクマン(ビル・マーレイ)、レイモンド・スタンツ(ダン・エイクロイド)、イゴン・スペングラー(ハロルド・ライミス)の3人は、コロンビア大学で超常現象の研究をしていた。
ある日、NY市立図書館の地下に幽霊が現れ、彼らに調査の依頼が入る。
駆け付けた3人が見た物はまさに幽霊!
捕獲には失敗したものの手応えを感じた3人は、意気揚々と研究室に引き上げてきた。
しかし彼らを待ち受けていたのは、研究打ち切りの大学の決定だった。

大学から放り出された3人は、ゴースト退治の会社「ゴーストバスターズ」を設立する。
最初の依頼は、ディナ・バレット(シガニー・ウィーバー)だった。
彼女が買い物から部屋に帰ると、冷蔵庫の中に謎の空間と化物が存在していたと言うのだ。
ピーターが調査に向かったが、そこには大きな異変はなかった。

ディナの部屋は空振りだったが、その後3人は高級ホテルでゴースト退治をして名を馳せる。
NY各所にゴーストが出現したため彼らの出動も増え、ゴーストバスターズは大繁盛だった。
そこで新たにウィンストン(アーニー・ハドソン)を採用した。
だがそんなゴーストバスターズに目を付けたのが、市の環境保護局局長ウォルターだ。
彼はゴーストバスターズの行為が環境破壊している疑いがあると言い、オフィス内のゴースト保管庫を見せろと言いだした。
一度は門前払いを食うが、ウォルターは令状を持って再来し、強引にゴースト保管庫の電源を落とす。
すると保管庫が破裂して捕まえたゴーストがすべて逃げてしまった。
3人は爆発物所持の容疑で逮捕されてしまう。

一方その件とは別に、ディナの部屋の化物が行動を起こしていた。
化物は自ら「門の神ズール」と名乗ってディナの体を乗っ取り、「鍵の神ビンツ」の到着を待っていた。
やがてディナの向かいの部屋に住むルイスの体を乗っ取った「鍵の神ビンツ」が現れ、二人の神は「破壊神ゴーザ」を呼び出した。
「破壊神ゴーザ」と逃げ出したゴーストたちにより、NYはメチャクチャになってしまう。


個人的には80年代が一番いい時代だったと思うが、その古き良き80年代が表現された映画だ。
マイケル・ジャクソンの「スリラー」以降MPVが大流行し、この映画でもところどころMPV風に役者が歌いながら演技をしている。
レイ・パーカー・Jrが歌う主題歌も、今聞いても心地いい。

最新作の評判は今一つのようだが、そもそもが続編として構想され、制作総指揮にダン・エイクロイドが名前を連ねている事もあるので、個人的には期待したい。



61.ゴーストバスターズ(1984年版)



※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]