<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年初のG1だ。
予想はアップしなかったが、今年は中山金杯で2年以上振りにJRAの馬券的中。
ここで2013年有馬記念以来のJRAのG1的中を狙いたい。

だから人気サイドを本命にする訳ではないのだが、ここはノンコノユメで仕方ないだろう。
デビューから一貫してダート路線を歩み6.2.1.1の成績で、東京ダートに限れば4.0.1.0だ。
昨秋の武蔵野Sでは今回2番人気のモーニンに完勝、しかも斤量はノンコノユメの方が3kgも重かった。
競馬に絶対はないが、ちょっと負ける要素が見当たらない。
今回は本命でいいだろう。

もしノンコノユメに土を付けるとしたら、ホワイトフーガだろう。
ノンコノユメと直接対決だった昨春の伏竜Sは、ノンコノユメが5着でホワイトフーガが7着。
ノンコノユメも唯一の4着以下だが、ホワイトフーガもこれ以外のダート戦の成績は6.1.2.0。
しかも、チャンピオンズCでノンコノユメが敗れたサンビスタに、ホワイトフーガはJBCレディスクラシックで勝利している。
まだノンコノユメとの勝負付けが済んだとは言えず、逆転も十分に考えられる。

三番手はモーニンだ。
この馬もダートばかりを戦って5.0.1.0の成績だ。
唯一の敗戦武蔵野Sはノンコノユメに完敗したが、能力的はかなり高く、この後ノンコノユメ、ホワイトフーガと共にダート戦線で主役をはる逸材である。

四番手はベストウォーリアにする。
昨年のこのレースを3着し、東京ダートも3.1.2.1と得意にしている。
上記3頭との能力比較でもそれほど見劣りしないし、キャリアと言う部分ではアドバンテージがあるが、今回は昨秋のJBCスプリントから直行で3カ月の休み明けの分評価を少し下げた。

五番手はロワジャルダンだ。
ダート右回りの成績が5.1.0.0なのに対し、左回りは1.1.1.3。
しかし前々走のチャンピオンズCが4着、前走の東海Sが3着と左回りにも目途が立った。
ペースが早くなった時には、この馬の末脚が生きてくる

最後はタガノトネールにする。
昨秋の武蔵野Sは、ノンコノユメとモーニンの間に割って入って2着。
前走の根岸Sではモーニンに完敗したが、どちらも斤量はタガノトネールの方が2kg重かった。
だが適距離は1600mであり、今回も武蔵野Sの出来にあれば大駆けがあっても不思議はない。

昨年まで2連覇しているコパノリッキーだが、最近は同型馬に絡まれて脆さを見せており、今回もコーリンベリーが逃げ宣言をしているので無印とした。


◎ノンコノユメ
○ホワイトフーガ
▲モーニン
△ベストウォーリア
×ロワジャルダン
×タガノトネール


馬券はいつも通り◎○1着固定、◎○▲△2着固定、◎○▲△×3着固定の3連単24点で勝負。


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
さすがリドリー・スコットと言うべき素晴らしい映画だ。
この映画を「火星のDASH村」だと評した人がいたようだが、その人はおそらく映画を観ていないだろう。
もし映画を観た上でまだ「火星のDASH村」だと言うのなら、その人の頭の中のお花畑をTOKIOにきちんと耕してもらった方がいいかもしれない。
主人公がサバイバルのために作物を育てたり工作したりするのは冒頭の30分程度で、それ以降はかなり高度な技術知識のオンパレードとなる。
宇宙工学好きがよだれを垂らすレベルで、とてもDASH村のレベルではない。

火星探索チーム「アレス3」は、火星調査中に巨大な大砂嵐に襲われる。
まだミッションの途中ではあるが、リーダーのルイスは帰還用ロケットに被害が出る前の撤収を決断する。
だが、メンバーが撤収する前に嵐が襲いかかり、飛んできたパラボラアンテナの直撃を受けて植物学者のワトニー(マット・デイモン)が吹っ飛ばされてしまう。
ワトニーを捜すために残ると言うルイスをメンバーが説得し、ワトニーを残して帰還用ロケットは火星を飛び立った。

誰もがワトニーは死んだと思ったが、ワトニーは奇跡的に生きていた。
滞在用のコロニーに残ったわずかな食料からジャガイモの栽培を始め、かつて地球から飛んできた無人探査のパスファインダーを使って地球への交信も試みる。
ワトニーは不屈の魂で、地球へ帰還するための準備を始めるのだった。

一見、単なる危機からの脱出映画のようにも見えるが、この映画のキモは「信じる心」だ。
当然であるが、ワトニーは自分を信じて、地球への帰還を信じる。
そしてNASAおよび地球に残るのメンバーは、ワトニーのサバイバル能力を信じ、必ずワトニーを帰還させる事ができると信じて行動をする。
だが、物資がないまま火星上に生存者を残すなど、誰もが想像もしなかった不測の事態だ。
何をどう行動すればいいのか、誰にも正解はわからない。
あくまでも机上の計算だけで決断をしなければならず、意見がかみ合わず衝突する事もしばしばだ。
しかし全員が、最初から自分の保身を考えずにワトニー帰還のためだけに突っ走る。
彼らにできる事も、ワトニーと自分たちを信じて行動する事だけなのだ。

地球に向かっているワトニー以外のメンバーには、最初はワトニーの生存は知らされない。
メンバーがワトニーを残した罪悪感を感じる可能性が高いからだ。
だがワトニーの強い希望もあり、ルイス以下のメンバー全員にワトニー生存が知らされる。
そしてそこからは、すべてのメンバーがワトニー救出を信じて行動を始める。

映画のここそこに「本気か?」と言う意味のセリフが出てくる。
普通に考えればあり得ないが、誰もが可能性を信じて行動を起こすのだ。
そしてそのすべてが成功するわけではなく、やはり失敗してしまう事もある。
それも、かなり致命的な失敗だ。
それでも、誰もワトニーを救うミッションから逃げようとしない。
その潔さの描き方が素晴らしい。

さらに、ワトニーのキャラ設定も秀逸だ。
誰もいない火星で、ワトニーは記録用にカメラを回し、そのカメラに向かって話しかける。
普通なら発狂してもおかしくない状況で、ワトニーは常にウィットに富んだセリフを続けている。
彼の強靭なメンタルと、それを裏打ちする知識量、賢さが巧みに表現されている。

全編BGMを80年代のアメリカンポップスで統一して、あえてどれくらい未来であるのかをわからなくしていたり、冒頭では筋骨隆々だったワトニーがラスト付近ではガリガリになっている点など、制作者の細かい部分へのこだわりも強く感じる。

SF好きなら絶対に外してはならない作品だ。


14.オデッセイ


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
封切り後に2週連続で興行収入1位を記録したが、それも頷ける作品だ。
ただ、ドラマシリーズの続編になるため、ドラマシリーズを見ていなかった人には細かい部分が伝わりづらいのが、唯一にして最大の難点でもある。

修学旅行中に戦国時代にタイムスリップしたサブロー(小栗旬)は、そこで自分そっくりの織田信長に出会う。
訳が分からないまま信長に後を託され、サブローはそのまま信長として戦国時代を生きる事になった。
ドラマでは、桶狭間から浅井・朝倉連合軍を打ち破ったところまで、そして映画では安土城完成から山崎の戦いまでが描かれている。

ドラマ版では、日本史の知識がまったくないサブローが織田信長になりかわり、戦国時代の常識とはかけ離れた人情味あふれる行動をしながら、次第に周りの家臣たちを感化していく。
ビビリで面倒くさいことから逃げたがる今風の高校生だが、自分よりも相手を思いやるシンプルな優しさを見せる事によって、みんながサブローの織田信長に惹かれ、やがてサブローを中心に戦のない世の中を作ろうと努力するのだ。
その部分がきちんと描かれていた。
そして映画版ではそのサブローの魅力を土台にし、明智光秀(小栗旬の二役)と羽柴秀吉(山田孝之)の深い思いで本能寺の変を描いている。

いいのか悪いのかは別として、最初から映画化までを視野に入れた構成であり、それがキッチリと機能している。
ドラマシリーズでサブローと家臣たちの距離感がどんどん縮まり、一方で本物の信長が光秀となって現れ、かつ秀吉が何かを目論んでいる事もだんだん明かされていく。
映画版ではドラマシリーズで謎だった部分のみに焦点を当て、一本の太いストーリーとして構成されている。
ただ、映画版で家臣の武将が誰なのかほとんど紹介されないなど、ドラマシリーズを見ていなかった人にはかなり不親切な部分も否めない。
とは言え、本能寺の変の秀吉と光秀(信長)が対峙するシーンは圧巻の一言、小栗旬と山田孝之の演技力をこれでもかと見せつけられた。

また史実と異なり、サブローと帰蝶(濃姫、柴咲コウ)の間が恋愛関係だった事も、ストーリー全体に強烈に効いている。
二人の間には子どもは一人もいないので、山崎の戦いの後の清州会議も存在しない事になる。
それ以外にも、秀吉は毛利攻めに行っていないので中国大返しもないのだが、ストーリーを面白くするために史実が変更され、それがすべて巧くハマっている。

ラストシーンは、このストーリー展開ならこれしかないと、誰もが簡単に想像できる王道な結末になっている。
それでもガッカリするどころか、観ていて感動と清々しさすら感じた。

脚本が良く、演出も良く、小栗旬、山田孝之、柴咲コウの主要キャストに加え、脇役もみんな素晴らしい演技をみせている。
ドラマシリーズの平均視聴率は12.5%で決して良かったとは言えないが、みんな録画してこのドラマを楽しみに見ていたのだろう。
だからこそ映画版は、2週連続で興行収入1位を記録したのだ。
自動で録画してくれるHDDレコーダーがこれだけ普及した現代、単純にTVの視聴率だけでは人気の尺度が測れないという事を、きちんと証明した作品とも言えるだろう。

いろいろな意味で、評価に値する作品である。



13.信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)

※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
ジョニー・デップが薄毛メイクで主演しているが、日本ではそれほど話題になっていない。
その原因は、やはり日本人にはちょっとわかりづらい題材だからだろう。

1980年代にボストンで暗躍した、実在のアイルランド系ギャングのボス、ジミー・バルジャー(ジョニー・デップ)が主人公だ。
ジミーの弟ウィリアム・バルジャー(ベネディクト・カンバーバッチ)はマサチューセッツ州の有力議員で、小さい頃兄弟と非常に仲の良かったジョン・コノリー(ジョエル・エドガートン)はFBIの捜査員となっていた。
コノリーは当時ボストンにはびこっていたイタリア系コーザノストラを一掃するために派遣されるのだが、旧知の中のバルジャー兄弟に協力を仰ぐ。
特に、同じ裏世界に通じるジミーからもたらされる情報は有力だった。

元々アイルランド系移民として虐げられ、辛い少年時代を送ってきた彼らは団結力が強い。
議員となっていたウィリアムはさすがにちょっと距離を置いていたが、ジミーとコノリーはお互いの利害を一致させ協力体制を取っていた。
結果、コーザノストラを一網打尽にしてコノリーは昇進、ジミーもシマを広げることとなった。

二人はさらに協力体制を深め、さまざまな敵を排除していく。
だが、ジミーがあまりにも勢力を拡大したため、コノリーも司法検察局からジミーを護ることが難しくなってしまう。
裏切り者を次々と抹殺したジミーだが、やがてコノリーとともにジミーと手を組んでいた捜査官モリスの裏切りにあい、ボストンの地を追われることになる。

実際の事件を元にしている作品で、アメリカ国民にとっては非常に興味深いのだろう。
だが、日本ではそもそもこの事件およびジミー・バルジャーという人間がほとんど知られていないため、あまり感情移入をする事ができない。
正直「へー、そうなんだ」という感想だ。

弟にベネディクト・カンバーバッチを配している事で、もう少し議員の弟の苦悩などが描かれるのかと期待したが、それもほぼなかった。
と言うか、出演シーンもほとんどなかった。
実際に兄弟の距離感がどうだったのかはわからないが、アイルランド移民の結束の固さが強調されて描かれていただけに、もう少し二人の間に交流があったんじゃないかと思う。
映画では弟の立場を気に掛けて、兄もあまり弟に近寄らないようにしていたが、実際には弟も裏側ではいろいろと手を貸していたんじゃないかと思う。
もしそうでなかったとしても、ボストンの大ボスとなった兄に対して、有力議員の弟が何の感情も持たなかったとは思えない。
そのあたりの人情をもう少し描いていれば、日本人にもウケたのかもしれない。



12.ブラック・スキャンダル


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]
1月にTV放送された「ラピュタ」を録画して見た。
もう何度も見ているので今さら新しい感想もないのだが、やはり何度見ても感動する。
一番好きなシーンは、捕らわれたシータを奪還するシーンだ。

目覚めたロボット兵の動きや、フラップターの低空飛行、ゴリアテからの砲撃の質感などが秀逸。
さらに、一度砲撃でドーラが気を失うが、すんでのところで目を覚ましてシータを奪還するシーンは素晴らしく、今から30年も前に作られた作品とは到底思えない。

やはり宮崎駿作品は、初期の「カリオストロの城」「ナウシカ」「ラピュタ」がオレ的ベスト3である。


11.天空の城ラピュタ(再)


※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください



●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9D%A3%E8%AA%8C-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404017694&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9
[PR]