<   2010年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

上映終了間際で観たギンレイの2本

まずは「さまよう刃」

感想を率直に言うとすごい映画だ。
「素晴らしい」とか「面白い」とかではなく、「すごい」映画だ。
ストーリーの中に、絶望、怒り、憎しみ、迷い、同情、共感、それら人間の感情が凝縮されている。
クライマックスに向けて大きな矛盾点が生じるのだが、それを差し引いてもすごい作品だ。

長峰はたった一人の家族である大切な娘を、陵辱され殺されてしまう。
失意の長峰に2人の犯人の名を告げる匿名の電話が入る。
娘のために犯人に復讐を誓う長峰。

一人目に復讐を果たしたところで長峰は指名手配になるのだが、長峰の娘があまりにも酷い仕打ちにあっている事を考えると、刑事の織部は自分たち(警察)が守っているのは市民なのか法なのかと迷う。

強姦殺人をとても残酷に描いているため、おそらく見ている者のほとんどは怒りを感じ、この織部の迷いに共感するだろう。
あるいは子を持つ親なら、長峰に共感するかもしれない(私は長峰に共感した)。

そして長峰は、犯人を追ううちに父娘二人で経営するペンションに泊まるのだが、ここの娘が長峰に気づき「私だったら残された父が復讐することを望まない。だから復讐なんてやめて欲しい」と懇願する。
この一言に長峰も動揺する。

この他にも、一切私情を挟まずあくまでも冷静に行動する老刑事の真野や、実は長峰に強く共感しているペンションの父などさまざまな感情が行き交い、それぞれがコントラストを描いている。
「長峰にはもう未来はない」、真野が織部に放った氷のような一言には、見ている者も絶望を感じずにはいられない。

ただし冒頭でも書いたように、一つだけ大きな矛盾点がある。
長峰は指名手配となっているのに、堂々と自分の携帯電話を使い続けている事だ。
これがリアルな事件だったら、基地局から割り出されて長峰は逮捕されてしまい、後半の事件はそもそも発生しない事になるだろう。
しかしクライマックスシーンの長峰の表情を見ると、そんな矛盾点などどうでもいいと思えてしまう。
長峰を演じるのは寺尾聡だが、まさに迫真の演技である。

未成年者の犯罪に対しての処罰、そして死刑の廃止。
人権派と呼ばれる人たちに、ぜひこの作品を観てもらいたいものだ。

ペンションの娘の言葉は、まさに強姦殺人の被害者である長峰の娘の言葉に置き換わる。
「自分が死ぬことによって、残された父が悲しむことが辛い」
被害者がもし言葉を話す事ができたとしたら、自分の痛みや辛さより、きっと残された家族を慮る苦悩が語られるだろう。
しかし裁判では、死んでしまった被害者の苦悩が語られることはない。

贖罪とはいったいどういう事なのか。
そして本心では贖罪をする意思がないものに対しても、人権を尊重するべきなのか。
そもそもそんな輩が、果たして「人」と言えるのだろうか。
ラストシーンの竹野内豊が演じる織部の表情が、多くの疑問を投げかけてくる映画である。


続いて「劔岳 点の記」

はっきり言って期待してなかったが、まあそれくらいの映画だった。

新田次郎の原作は読んでないが、なんだか随分あっさりとしたストーリーだ。
先に「さまよう刃」を観てしまったからかもしれないが。

特に、主役の柴崎を演じる浅野忠信が非常に淡白。
いつでも冷静沈着、という見方もできるかもしれないが、地図作りに対するアツイ気持ちがまったく伝わってこない。

自然を映す映像美はたしかに素晴らしく、荒天のシーンではこんなところでよく撮影したよな、とは思う。
でも物語として面白かったかと言えば、正直途中で眠くなる部分もあった。
役所広司とか宮崎あおいとか、無意味に出演者が豪華なんだけど、その必要性もあまり感じないし。
山好きな人なら、観てて楽しいのかもしれないけどね。

23.さまよう刃
24.劔岳 点の記



[PR]

by ksato1 | 2010-03-31 23:58 | 映画 | Comments(0)

燕と桜

早くも燕が飛んでいた。
と言っても我が東京ヤクルトスワローズの話ではない。
スワローズはスワローズで、初戦をエース石川で落としたものの、由規、村中、そしてルーキーの中沢の3人で、ジャイアンツ、ドラゴンズ相手に3勝したのは大きい。
でもそうではない。
本当の燕の話。

毎年、近所にいくつかの燕の巣ができる。
その巣の中の雛の成長具合でだいたい梅雨と夏の長さを予想するのだが、何と今朝、早くも燕が飛んでいるのを見かけた。
毎年巣が出来ていたあたりを飛んでいたので、おそらく毎年来る親燕か、巣立った子燕が戻って来たのだろう。
なおこの時点で断っておくが、「若いツバメ」的なオヤジ系コメントは受け付けないのでご了承いただきたい。
日付が変わって、もう明日からは4月だ。
だから燕が飛んでいてもあまりおかしくはないのだが、今朝は寒かったからねぇ。
コートのインナー戻して手袋をして家を出た。
そこの燕だったからちょっと驚いた。

一方、桜もかなり咲き始めている。

毎日乗降する市ヶ谷駅は、外濠沿いに桜が植えられている。
南の千代田区側は遊歩道にもなっているのだが、なぜかこちらは5分咲きくらい。
ところが、日照的には有利と思われる北側はまだせいぜい3分と言ったところだ。

ちょっと前にも日記に書いたけど、桜の花の開き具合というのも本当によくわからないよね。
特に今年は、すごく咲き誇っている木もあれば、全然蕾が固そうな桜もある。
かなり両極端。
まあ、長く楽しめそうだから、いいっちゃーいいんだけどね。

週末あたりは東京近郊でもかなり見ごろになるかな。



[PR]

by ksato1 | 2010-03-31 00:55 | 日記 | Comments(0)

何が原因だったのか・・・

【ユマ・サーマン新作が英国で記録的な不入り 週末興収たったの1万2000円!】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000006-eiga-movi


記事を見た限りでは、何が不評の原因だったのかには触れていない。

この映画についてはまったく聞いたこともなかったが、「昨年10月に全米48館で限定公開された際の北米興収は9万3388ドル(約864万円)」と言う部分を読むと、そもそも観た人がほとんどいないので、ウワサになりようもないのだろう。
だから日本にもあまり情報が伝わって来ておらず、この記事を書いた記者も、内容に触れることができなかったのではないだろうか。

ちょっとでも見所のある映画だったら、口コミでももう少し話題になると思うしね。
そう考えると、興行収入通りの内容なのかもしれない。

でも、どれだけダメダメか、逆にちょっと観てみたい気もする。
今月はほとんど映画観てないし。



[PR]

by ksato1 | 2010-03-31 00:42 | 映画 | Comments(0)

真夜中の大行列

金曜日、ほぼ終電で最寄り駅の西船橋を降りた時の事。
晩御飯は食べたものの少々小腹が減っていたので、金曜日から再販売を始めたテキサスバーガーを買おうと思い、マックに寄ってみた。

すると、夜中の1時近くだっていうのに、すんごい行列!
私の前に10人くらい並んでいる。
そんなにテキサスバーガーは人気なのか、と思いきや、その10人のうちテキサスバーガーを頼んだ人は2人だけ。
残りの8人のうちの5人がコーヒーのみか、せいぜいパイを付けてのイートインだった。

つまり、単なる時間潰し。
こんな夜中に何の時間潰しかと言うと、タクシー待ちの時間潰しだ。

たしかにタクシー乗り場は、近年まれにみる大行列になっていた。
金曜日はかなり寒かったので、列が少なくなるまでコーヒー飲んで避難する人が多かったのである。
テキサスバーガーも、さすがにそんなに人気ではなかったのだ(^_^;;

先週の金曜日は年度末だったからね、送迎会もかなり多かったんでしょう。
普段ならタクシーの方が待っているんだけど、あの行列なら1時間以上待たないとタクシーに乗れないだろうからね。
私は駅から歩いて帰れる距離で良かったよ。

先月の同じ日は立ったまま寝過ごして、さらに鞄取り違えて、夜中に駅を行ったり来たりして大変だったけど、タクシーはすぐに捕まったもんね。
今週末の金曜日は今度は歓迎会が多いだろうから、万一飲んでも寝過ごさないように注意しないと。



[PR]

by ksato1 | 2010-03-29 00:25 | 日記 | Comments(0)

高松宮記念

まずはドバイの結果から。
ゴドルフィンマイル:グロリアスノア4着
ゴールデンシャヒーン:ローレルゲレイロ4着
シーマクラシック:ブエナビスタ2着
ワールドカップ:レッドディザイア11着

どの馬も良く走ったと思う。
何しろ、世界最高クラスの賞金のレースだ。
出場各馬も渾身の仕上げで挑んでくるだけに、そうやすやすと勝てるものではない。
特にワールドカップは掛け値なしの世界最高賞金のレース。
レッドディザイアは11着に負けたが、予定通りシーマクラシックに出ていればブエナビスタとともに勝ち負けしていたに違いない。
各馬の日本に帰ってきてからの活躍に期待しよう。

さて、高松宮記念だ。
昨年の覇者であり、春秋のスプリント王でもあるローレルゲレイロが、上記のドバイ遠征のため空き家状態。
正直小粒なメンバーとなってしまった。

その中で本命に推すのはアルティマトゥーレだ。
1番人気だった昨年秋のスプリンターズSは、勝ったローレルゲレイロを追いかけてゴール前失速。
次の京阪杯でも負けているが、これは使い詰めによる疲労と見る。
2か月開けた前走のシルクロードSを完勝、今回は引退レースで目イチ仕上げと思われ、鞍上も乗れているノリだ。
有終の美を飾るに十分な大成と見た。

対抗は同じフジキセキ産駒のキンシャサノキセキ。
一昨年の2着馬で、ここに来て重賞3連勝中。
昨年は体調一息だった事を考えると、ここは勝ち負けしておかしくないだろう。
鞍上の四位も前走でこの馬を手の内に入れたようだ。

三番手はサンカルロ。
昨年末の阪神Cでキンシャサノキセキの2着がある。
終い伸びてくる末脚は確実で、前走では中段につけるレースも覚えた。
ここに来て本格化した見る。
今年は中京競馬場がこの後改装に入るため、5月の開催を小倉と振替で行ったため芝の内側ががかなり荒れているようだ。
そんな状況で外枠に入った事も、この馬にとって好材料と言えるだろう。

四番手はプレミアムボックス。
こちらも終いの伸び脚はサンカルロと遜色ないが、常に後方一気のため展開に左右される場合が多い。
したがって四番手評価とした。

五番手はカノヤザクラ。
休み明け初戦で人気の盲点になっているが、昨年夏はスプリント路線で大活躍をした馬だ。
乗り込み量も足りているようなので、印を外すわけにはいかない。

最後はかなり迷ったが、前走阪急杯を勝っているエーシンフォワードにする。
本当はもうちょっと重い印を打とうと思っていが、鞍上岩田が昨日のルーラーシップのショックが残っている事も考えて、評価を下げた。

生涯一番の出来というアイルラヴァゲイン、重の前走以外はここのところ多くずれのないショウナンカザン、復調気配の一昨年のタイトル馬ファイングレイン、昨年秋のスプリンターズS2着馬のビービーガルダンなどなど、気になる馬は他にもいるが、あまり手を広げても仕方ないのでいつも通り6頭で勝負する。

◎アルティマトゥーレ
○キンシャサノキセキ
▲サンカルロ
△プレミアムボックス
×カノヤザクラ
×エーシンフォワード

馬券は、◎○1着、◎○▲△を2着、◎○▲△×3着で3連単24点。



[PR]

by ksato1 | 2010-03-28 14:24 | 競馬 | Comments(0)

不運

今日の深夜にはドバイWCに日本馬4頭が出走する。
この4頭は4頭ともそこそこ可能性があるので、心から頑張ってほしいと思う。
もちろんウオッカでさえ歯が立たなかったんだから、惨敗の可能性もあるんだけど。

そして明日は高松宮記念で、再来週が桜花賞、その次が皐月賞だ。
以前日記にも書いたが、今年の3歳馬のPOGは、10頭指名したうち先週までで9頭がデビューした。
競馬をやらない人にはまったくわからないと思うけど、競走馬ってデビューするのも大変だから、9頭デビューはまずまずだと思う。
しかもそのうち5頭が勝ち上がっている。

ただ、いざトライアルが始まったところ、どの馬もやや苦戦気味。

まず、今日の毎日杯に出走していたルーラーシップ。
新馬戦を圧勝した後の若駒Sで、TVで見ててもハッキリわかるほど前が詰まる不利があって2着に敗退。
その後、筋肉痛やらじんましんやらで順調さを欠き、やっとこ出走した自己条件のアルメリア賞は勝負どころで他馬に激しくぶつけられた。
しかしそれでも能力で勝ち上がる。

そして今日の毎日杯、ここを勝たないと皐月賞出走が完全にアウトという状況で、いきなり出遅れてしまった・・・。
しかも盛り返してきて直線追い出そうとした瞬間、武豊騎乗の隣ザタイキが激しく落馬。
ビビった岩田は(自分が加害者の可能性があったためと思われる)、これもTV中継で見ていてハッキリわかるほどの驚きようで振り返り、最後の直線の追い出しが3テンポくらい遅れた。
他の騎手が一心不乱に前を向いて追い続ける中、ちょっと異様な光景だった。
その結果が5着。
ちょっとツキに見放された感じだ。
この後はダービーを目標にするのだろうが、使い詰めで来ている事もありトライアル一発勝負、そこで権利を得られなければ春シーズンは諦めて秋まで休養、というシナリオになってきそうだ。

次は、一番期待している昨年の2歳チャンピオンのローズキングダム。
ライバルのヴィクトワールピサが弥生賞を貫禄勝ちしたのに対し、こちらは先週のスプリングSで3着に甘んじた。
レース後に陣営は、この時期の中山の馬場適性も考慮して皐月賞パスを示唆。
ただ、まったく惨敗と言う訳ではなく展開のアヤで力を余して負けたようにも見えた。
正式ではないが、皐月賞に駒を進める発表もあったので、本番ではしっかり頑張ってほしい。

続いて牝馬のラナンキュラス。
この馬は昨年の阪神JFを4着して休養、休み明けのフィリーズレビューは1番人気で2着だった。
自ら動いて勝ちに行ったところを、後方一気に徹したサウンドバリアーにだしぬけをくらったが、まあ休み明け初戦としては悪くないだろう。
ただし、アパパネ、アニメイトバイオ、そして新星ショウリュウムーンあたりとはまだ力の差がありそうなので、本番でどこまで食い込めるか。

そして明日の君子蘭賞に出走予定のマシュケナーダ。
こちらも新馬戦の勝ちっぷりから期待していたのだが、紅梅Sで出走除外したあたりから歯車が狂いだした。
エルフィンSを4着に負け、その後登録したレースを賞金で除外、自己条件に登録したところ前出のルーラーシップが同じレースに出走しており3着(繰り上げ)に敗れた。
一応オークスに目標を置いているが、明日の自己条件の君子蘭賞を勝てなければ出走もままならないだろう。

最後はツルマルジュピター。
昨年6月にデビューして、先週やっと自己条件で2勝目を挙げた。
ただその間、G2で3着、OPで2着があるのでまったくダメダメという訳でもなさそうだ。
距離適性からNHKマイルCを狙うのだろうが、次のレースが試金石となる。

その他は3頭が未勝利で、1頭はデビューはしたものの4回走った後故障で引退してしまった。
まあ、それだけ勝ち上がると言うのは難しい事なんだよね、競争馬の世界では。
実力だけじゃなくてよっぽどツキに恵まれてないと、G1を勝つ事なんてできないのだ。

でもルーラーシップをはじめ、私が指名した馬たちにとっての一番の不運は、私に指名された事かもしれないんだけどね。
私自身が不ヅキのどん底だからね。
かなりの疫病神に取り憑かれちゃったかもしれないけど、なんとか頑張ってほしいものだ。



[PR]

by ksato1 | 2010-03-27 22:02 | 競馬 | Comments(0)

中人1枚

カミサンから、コンビニでTDSのチケット買ってきて欲しいとメールがあった。
しかも中人1枚。
長男が卒業記念に友達と行くとの事。

ふーん、イマドキは小学生でもTDSですか、と思ったら、女子は泊りがけでUSJなんだって。

へぇ~。
私が小学校卒業の時にはたしか、みんなで上野動物園に行ったような気がする。

まあ、30年も前の話だからね。
年を取るわけだ・・・。



[PR]

by ksato1 | 2010-03-25 23:35 | 日記 | Comments(2)

花粉症ビジネス

【スギ花粉症ワクチンの共同研究に着手―理研と鳥居薬品】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000011-cbn-soci




私は30年来花粉症である。
最初に発症した頃は、「花粉症」と言う単語さえなく「アレルギー性鼻炎」と言われていた。

もちろんこの30年の間、花粉症関連のニュースはかなりチェックした。
その中で、もう20年近くも前になるが、国だか都だかが杉が花粉を飛ばさないようにする薬品を試していた事がある。
ニュースでは、初期の狭いエリアでの実験がほぼ成功したので、順次エリアを広げていく、花粉症患者の方には朗報ですね、と伝えていた。

が。
このニュースの続報はない。
なぜなくなってしまったのか。

私は、巨大に成熟した花粉症マーケットを潰したくない誰かが、裏から手を回してこの実験を闇に葬ったと呼んでいる。

なので今回のこのニュースも、あまり期待できないかもしれない。
来年の今頃、「あれ、そう言えばあのニュースどうなったっけ?」と言っている可能性もある。

ちなみに昨年から始めたステロイド注射、結構効いている。
ただ先週日光に行ったときは、さすがにかなり症状が出ていた。

私は杉並木のある街には住めないね(^_^;;



[PR]

by ksato1 | 2010-03-25 23:30 | 日記 | Comments(0)

今日も今日とて出張

a0003588_2126380.jpg今日も大垣出張。
さすがにかなりバテてきた。

今日は往復の新幹線の中でもかなり仕事をしたので、目がかすんでクラクラする。
新幹線の座席に備え付けのテーブルって、ノートPC使うには微妙に疲れる高さなんだよね、人によるんだろうけど。

夕方会社に戻ってさらに仕事。
まだまだハードな日々は続く・・・。



[PR]

by ksato1 | 2010-03-24 21:25 | 日記 | Comments(0)

随分前に観た2本

随分前にギンレイで観たのだが、アップしそびれていた2本。
なかなかナイスなカップリングだったが、上映はすでに終了している。

まず「レスラー」から。
主役の老レスラーは、なんだか久しぶりに見るミッキー・ロークだ。
私が学生の頃は女性に圧倒的な人気を誇っていたミッキー・ロークも、いい感じで老けた。
そして今も「猫パンチ」で鍛えているかどうかはわからないが、レスラー役としても見劣りしない立派な体付きであった。

ランディはかつてのスターレスラーであったが、今ではドサ回りのレスラーとなっている。
それでもレスリングが好きで、誇りを持ってリングに上がるランディ。
しかしある日行った過激なデスマッチの後、心臓発作で倒れてしまう。
手術で一命は取り留めたが、もうリングに上がる事はできなくなってしまった。
ランディは生きる目標を失ってしまう。

ミッキー・ロークの哀愁がとてもいい。
レスリングが出来なくなった後、恋人や疎遠になっていた娘に心のよりどころを求める展開も、泣けてくるものがある。
ただ、個人的にはラストがややもの足りなかったかな。
映画としてはああいう結末はアリだと思うが、最後はちょっと哀愁漂いすぎかな。


続いて「グラン・トリノ」

いやー、これは良かったよ。
日本アカデミー賞で最優秀外国作品賞も頷ける。

ウォルト(イーストウッド)は妻を亡くした偏屈オヤジだ。
元々二人の息子とも折り合いが悪いが、妻を亡くしてさらに偏屈の度合いが上がっている。
さらにこの偏屈オヤジ、カラードが嫌いである。
朝鮮戦争で従軍したときのトラウマがあり、特にアジア人種が嫌いなようだ。
そのウォルトの隣人に、中国系モン族の家族が越してくる。

それほど治安のよくない地域のようだが、となりのモン族の息子タオが悪い仲間に脅されて、ウォルトが大切にしているグラン・トリノを盗み出そうとした
ウォルトは銃で撃退するが、今度は盗みに失敗したタオに、仲間たちがヤキ入れにやってくる。
ウォルトはこの仲間たちも銃で撃退するのだが、逆にここからタオ家族との交流が始まる。
特にフランクに話してくるタオの姉スーとはすぐに心を通わせ、やがて口下手のタオを息子のようにかわいがる。

最初は偏屈オヤジに描かれているウォルトだが、その根本は朝鮮戦争の時のトラウマにある。
それを理解してくれたのは最愛の妻だけだった。
そしてそもそもが生真面目な人間であり、決して底意地の悪い人間ではない。
物語は徐々にウォルトの性格をあきらかにして行くのだが、その上にタオ家族と少しずつ心を通わせる展開を乗っけている。
非常に巧い手法だと思う。
流れの中での、笑いと緊張のメリハリも完璧。
元々自分がウォルトに近い人間だけに、どんどん感情移入してしまった。

隣に座っていた女性は、途中でゲラゲラ笑っていたが、ラストシーンはすすり泣きして涙を拭いていた。
もし公開時に観に行っていたら、間違いなく去年の「オレ的ベスト10」に入っていた作品だ。


21.レスラー
22.グラン・トリノ



[PR]

by ksato1 | 2010-03-23 23:51 | 映画 | Comments(0)