<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「ゴールデンスランバー」

原作伊坂幸太郎、監督中村義洋は、「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」に続いて3作目だ。
個人的には「フィッシュ~」は、この監督にしては今ひとつな感もあったが、今回の「ゴールデンスランバー」は見応えがあった。

今回も舞台は仙台だ。
凱旋パレードを行う金田首相が暗殺され、親友の森田に呼び出された青柳は、首相暗殺の嫌疑をかけられてしまう。
森田は車中で、借金のカタに青柳を呼び出すように指示された事を吐露する。
そして森田に追われるようにして青柳が車を降りた直後、森田を乗せた車は爆発炎上した。
物語はここからスタートする。

巧みに仕組まれた罠にはまる青柳。
なぜ青柳が選ばれたのか、直接的な説明はないが行間で説明している。
そのあたりがこの監督の巧さであろう。
ちなみに以前も日記で書いたが、この監督が撮った直近5作品は以下の通り。

「アヒルと鴨のコインロッカー」
「チーム・バチスタの栄光」
「ジャージの二人」
「フィッシュストーリー」
「ジェネラル・ルージュの凱旋」

「ジャージの二人」は未見だが、「フィッシュ~」も含めてどれも素晴らしい作品だと思う。

そして、「アヒルと鴨~」「フィッシュ~」に続き濱田岳が出演、重要な役どころのキルオを演じている。
ひょっとしたら、原作のファンからすればキルオってこういうイメージではないのかもしれない。
連続通り魔事件の犯人にしては、ちょっと軽すぎるようにも見えるからだ。
でもあのひょうひょうとした不思議なキルオの雰囲気は、濱田岳ならではだと思う。
ダメダメだった「鴨川ホルモー」も、濱田岳がなんとか救ってくれたようなものだった。

伏線の張り方、ストーリーのメリハリも見事。
難癖をつけるなら、クライマックスの花火のシーンからエンディングまでがややあっさりしすぎか。
それと整形外科医についてももうちょっと知りたかったかな。

でも十分満足できた。
これも体調悪い中、頑張って観に行っただけの甲斐はあった作品だ。


13.ゴールデンスランバー

※こんな本書いてみました。
よろしかったらご購読ください


●放射能ヒステリックビジネス

http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-ebook/dp/B00DFZ4IR8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371517543&sr=8-1&keywords=%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF
[PR]

by ksato1 | 2010-01-31 23:52 | 映画 | Comments(0)

「アイス・エイジ」

一年半くらい前に録画しておいた「アイス・エイジ」を家族で鑑賞。


「1」では、マンモスのマニーとナマケモノのシドが、ふとしたことから人間の赤ちゃんを助ける事になる。
2頭はサーベルタイガーの群れに狙われる赤ちゃんを親元へ届けようとするのだが、そこにスパイとなったディエゴも加わる。
ディエゴは道中マニーとシドとの友情を深め、最後は群れを裏切って赤ちゃんを人間に届ける選択をする。
戦った敵とわかりあって味方になり、努力と友情で困難を乗り切るあたりは、少年ジャンプ的な展開だ。
子どもにも非常に分かりやすい話で、ストーリーの中に散りばめられたお笑いもベタではあるが笑える。
子どもと一緒に楽しめた。

「2」の方は、メスのマンモスのエリーとフクロネズミの兄弟が加わる。
今度は氷河期が終わり大洪水から避難する旅なのだが、途中でマニーとエリーの恋愛のエピソードがあったり、ミュージカル的な展開があったりと、やや対象年齢が上がった感じ。
実際、一番下の娘は若干中だるみで飽きていた。
フクロネズミの兄弟の声を久本雅美とオセロの中島知子が担当していて、大人にはこの掛け合いが面白かったんだけどね。

「3」もすでにDVDが出ているらしいので、借りてきてみようかな。


11.アイス・エイジ
12.アイス・エイジ2



[PR]

by ksato1 | 2010-01-31 19:58 | 映画 | Comments(0)

「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3」 with FROGMAN舞台挨拶

今日は近所のTOHOシネマズにFROGMANが舞台挨拶に来る!
という事で、体調は相変わらず悪かったがチャリを飛ばしてTOHOシネマズに。
上映1時間前に到着したが、席はまだ半分ほど空いていた。
と言うのも、今日は沿線と近隣のTOHOシネマズ計4館で順番に舞台挨拶があるから。
他の映画館は早々にVITで席が売れていたようだが、昨日の夜もまだ余裕がある事をチェックして、1時間前劇場着で家を出た。

チケットを買って時間まで、テキサスバーガーを食べる。
あれっ?もうちょっとマスタード効いてなかったっけ?

先に映画が上映され、舞台挨拶は映画の後だ。
作品の内容は、まあいつも通り。
鷹の爪団とは別の巨悪が世界征服を企み、総統以下団員が力を合わせて戦いに挑むというもの。
でも過去2作品に比べて、今回はかなり面白かった。
「1」「2」は中間やや間延びした感もあったが、今回はギャグがかなり細かく連打されるので最後まで楽しく観る事ができた。
同時上映のコフィちゃんも、今回が一番面白かったんじゃないかな。

a0003588_2211524.jpg映画が終了すると、FROGMANの登場だ。
最初の一言目は、「みなさん、『ゴールデンスランバー』の初日なのに見に来て下さってありがとうございます」。
でもこれって、「2」の時の舞台挨拶の「『インディ・ジョーンズ』の初日なのに見に来て下さってありがとうございます」とまったく一緒だった。

a0003588_2212785.jpga0003588_221394.jpgその後、この映画の製作についていろいろと語ってくれた。
ダメ元でスーザン・ボイルに主題歌のオファーを出したところ、現在放映中の某民放の山崎豊子ドラマもオファーを出していたらしく、半分あきらめていたところこちらに決まったとか。
でもその結果、TVシリーズが秋から放映するので映画は9月までに製作終了しなければならなかったのに、スーザン・ボイルからOKが出たのが11月で、そこからシナリオを描き直し、TVシリーズと並行して作りなおしたとか。
CGを山崎貴の白組が引き受けてくれたが、あまりの出来の良さに本篇との差が出すぎてしまい、さらにそれほどギャラは払えなかったけどそれでも映画の予算の半分近くかかったとか。

そして、ここかしこでFROGMANの映画に対する情熱を感じた。

やたら、「『アバター』もやってるのに」「『オーシャンズ』もやってるのに」「『BANDAGE』もやってるのに、こちらの映画には坂東英二が出てますけどね」と続けていた。
途中「『アバター』まだ観てない人ぉ~?」と挙手をさせると、なんと100人以上いた観客のおそらく9割以上が手を挙げる。
「えっ~?! こんなにいるの? 『アバター』は観た方がいいです、というか、観なきゃダメです。あれは映画の概念を変えます。でも映画だったら何でも観た方がいいんですけどね」と語っていた。

正月のBS11の「お正月鷹の爪団スペシャル」でもインタビューが放送されたが、そこでも映画にかける情熱が語られていた。
全部一人で作れるのでそういうアツい思いも伝えやすく、だから面白い作品になるのかもしれないね。

最後はパンフレットにサインをもらい、握手もしてもらい帰宅。
体調悪い中、がんばって観に行った甲斐はあったな。


10.秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3 ~http://鷹の爪.jp は永遠に~



[PR]

by ksato1 | 2010-01-30 22:04 | 映画 | Comments(0)

ぐ~ふ~でまた泥酔・・・

昨夜は高校の同好会メンバーでの飲み会。
赤坂でふぐを食べた。
参加者は私のほか、飯田橋工事現場先輩、yabu8800先輩、チロル、T緒で計5名。

最初はみんなでビールを飲んでいたのだが、グラスが小さくて何度も継ぎ足す必要があり、その上ビールがあまり冷えてなかったため泡ばかりになってしまうので、すぐに芋焼酎に切り替えた。
が、これがかなり効いた。
ふぐが美味しかった事もあり、調子に乗ってグイグイと・・・。

ここのところ飲むと記憶がなくなる事がしばしばあるが、昨日も途中から記憶が途切れ途切れだ。
2件目のカラオケボックスに行ったあたりから怪しい。
最後はタクシーで飯田橋工事現場先輩に秋葉原まで送っていただき、そこで終電を捕まえた。

でも電車に乗ったところまでは記憶にあるが、どうやって家までたどり着いたかまったく記憶にない。
そういう帰巣本能は我ながら素晴らしいとは思うのだが、その前に毎回記憶をなくさないように気をつけろって、いい大人なんだから・・・。

昨夜ご同席いただきました皆様、毎度毎度大変失礼いたしました。
次回こそは絶対に気をつけますので、またよろしくお願いします。



[PR]

by ksato1 | 2010-01-29 17:16 | 日記 | Comments(0)

「サロゲート」

ブルース・ウィリス主演の近未来物という事で、やや楽しみに観に行ったが正直ダメだった。
とにかく違和感が多すぎる映画だ。
髪の毛のあるブルース・ウィリスもちょっと違和感があったが、そんなものは大した問題ではない。

そもそも、人間の身代わりとなるサロゲートが横行する世界とラストシーンのメタファーが考えられ、そこからいろいろとストーリーを膨らませたのだと思う。
ただ、細かい設定についてはあまり深く話し合われなかったようで、世界観に大きな問題がある。

サロゲートは遠隔システムを使って椅子に座りながら操作を行い、年老いた人や体が弱っている人でも自由に街を歩く事ができるシステム。
能力の設定も個別に行え、パラグライダーが得意なサロゲートをレンタルして旅行に行き、空中体験を楽しむ事も可能だ。

まず最初に違和感を感じたのが、サロゲートが人類に普及した事により犯罪率が大幅に低下したと言う点。
えーっ、自分の手を汚さずにロボットを自由に操れるシステムが普及したら、それを使って悪い事しようとする人が増えて、逆に犯罪増えると思うけどなぁー。

さらに、犯罪のない世の中なら戦争も起こらないように思えるのだが、サロゲートを操作する軍隊がちゃんと存在する。
誰がなんのために戦っているのかさっぱりわからない。
兵士がサロゲートを操作している軍部は、なんかデッカイゲームセンターのように見えたよ。

また、サロゲートの感覚がどの程度本人伝わるかの説明もほとんどない。
若干の痛みは感じるみたいだが、サロゲートは食事はしないので味覚は伝わらないようだ。
ブルース・ウィリスはシステムを外して生身でキッチンに行き、パンにバターを塗って食べていた。
まあ、たとえ感覚は伝わっても栄養補給は別の話だからね。

そしてズバリ言って、SEXは体験できるのか。
どんなに素晴らしい身代わりロボットでも、人間の欲望を満たしてくれないのであれば、誰も使わないのではないか。
街中を自由に歩けても、食事は家でバターを塗ったパンだけ。
そんな人生楽しいだろうか。

さらに言えば、恋愛、結婚の説明がなく、家族もどうやって暮らしているのかまったくわからない。
子供用のサロゲートはちょっと登場したが、まさか生まれた瞬間からサロゲートは使わないよね?
ではサロゲートはいくつから使うのか?
そしてサロゲートを使うようになるまで、誰がどうやって子どもを育てているのか?
何から何まで謎だらけである。

最初は何かの理由で、全員が強制的にサロゲートを使わされているのかとも思った。
「マトリックス」のように。
でも違う。
サロゲート反対派の人間は、自治区で生身の生活している。
小競り合いはあるものの全面戦争にもなってない。

恋愛や家族の部分は「無機質な近未来」という設定で乗り切ろうとしたのかもしれないが、根幹にかかわる部分に「家族愛」があるのでむしろ疑問は増してくる。
物語が進めば進むほど、「常識的に考えるとサロゲートを使いたがる人ってたぶんいないよね」と思えてくる。
もうちょっときちんと細部を詰め、時間をかけて丁寧に作ったらいい映画になったかもしれない。
お金がない中急いで頑張って作りました、という感じの作品になってしまった。
残念。

9.サロゲート




[PR]

by ksato1 | 2010-01-27 21:10 | 映画 | Comments(0)

ケツに注射と三河屋

今年も行って来た。
そう、この季節と言えばケツに注射だ。
「この季節と言えば」なんてたいそうに書いてるけど、ケツに注射を打ち始めたのは昨年からなんだけどね。

なんの注射かと言えば、花粉症用のステロイド注射。
去年打ったらものすごい効果があったので、今年も当然打つことにした。
正直、副作用も怖かったりしたんだけど、自覚症状はなし。
それどころか毎年冬前には酷い咳で悩まされるのだが、今年はそれもなかった。
今のところはいい事尽くめ。
まあもちろんこのあと、副作用が来るかもしれないんだけどね。
もうオッサンだし多少の副作用があってもいいですよ、むしろ30年間悩まされた花粉症の苦しみから解放された方が、嬉しかった。
この気持ち、花粉症じゃない人にはわからないだろうなぁ~。

費用は全部で6000円弱。
高いようにも思えるが、花粉症で耳鼻科に通ったら1シーズンでこれくらいはかかる。
数週間に一度、半日コースで耳鼻科に通う事を考えたら注射の方が断然いい。

病院の場所が六本木だったので、注射の後は揚げ物で有名な西麻布の三河屋に初挑戦するつもりだった。
午前中に注射を終了し、緩やかな坂を下って外苑西通りの交差点へ。
右に曲がると行列が見えるはずだが・・・。
あれっ?誰もいないよ・・・。
店の前に着くと、都合により今週中お休みの張り紙が!
ガガーン、大ショック!

打ちひしがれてすごすごと退散。
西麻布なんてあんまり行く土地じゃないから、絶好のチャンスだったのになぁ・・・。
強引に仕事作って再チャレンジするしかない。




[PR]

by ksato1 | 2010-01-27 20:27 | 日記 | Comments(0)

もう一つ迷っているもの

現在もう一つ迷っているのが、近所のスポーツクラブ「NAS」に入会するかどうか。
駅張りポスターで偶然発見したのだが、ホリデー100分会員というコースができたようだ。

□ 会員種類:ホリデー100分会員
□ 会員料金:4725円/月会費
□ 利用時間
 金曜:20:00 ~ 23:30
 土曜・日曜・祝日:9:00 ~ 15:00

利用を考えているのは主にスイミング。
金曜日はちょっと無理として、土日祝日で月に6回行けば1回800円くらい。
たしか西船橋店は追加料金数百円で同行者も入れるので、子どもも連れていける。
そう考えると悪くない。

でも、土日祝日で月6回も通えるかな・・・。

こちらは年間で5万5000円超。
これならまだ、新世紀エヴァンゲリオン・クロニクルの方がマシ?




[PR]

by ksato1 | 2010-01-26 00:10 | 日記 | Comments(0)

週刊エヴァンゲリオン・クロニクル

パートタイム本のディアゴスティーニが、こんな本を出した。

●エヴァンゲリオン・クロニクル
http://deagostini.jp/eva/

パートタイム本の恐ろしいところは、全何巻発行されるかわからないところ。
もちろん途中で中止するのは自由だが、ファン心理を巧妙についているので買い始めたらなかなかやめられないらしい。
実際パートタイム本は、創刊号が一番売れて3号目までにガクンと実売数が落ちるが、4号目以降から実売数はほぼ横ばいになると言う。

そんな事もあり、これまでもパート本には手を出さなかった。
一番危険だったのは「スター・ウォーズ」の時で、これにはかなり心を動かされ実際に書店まで見に行って30分その場で逡巡した結果、買うのをやめた。

今回は書店に行く前にかなり心を動かされている。
家族もTVCMを見て、「お父さん買うかもね」と言っていたらしい。

でも2号目以降は、毎週690円だからねぇ。
1年間だと3万5000円以上だ。
ただエヴァは、TV放送版、劇場版を入れてもそれほど話数が多くない。
小説も含めると膨大な物語になる「スター・ウォーズ」と比較すると、そんなに広がりようもないだろう。
たしか知人の話によると、「スター・ウォーズ」は4年間続いたとの事。
そうなるとエヴァは長くて3年くらいか。
それでも総額10万円オーバーだよ。

やっぱり買わないよな・・・。



[PR]

by ksato1 | 2010-01-25 23:56 | 日記 | Comments(0)

黒豚万歳!

a0003588_184593.jpg先週の設立5周年パーティでもらった黒豚しゃぶしゃぶセット。
人数が2人前しかなかったので、急遽近くのドン・キホーテのゲームコーナーで貯めたポイントを使い、黒豚しゃぶしゃぶセットをもらう事にした。
種類は違うが合計4人前の黒豚しゃぶしゃぶセット。

5人家族の我が家には1人前足りないが、野菜やキノコを山ほど足して食べることにした。

うーん、美味!
子どもも大満足!

片方のセットは関西風の出汁が付いていて、柚子胡椒と梅肉が付いていた。
もう片方はポン酢醤油の小瓶付きだった。

今回は出汁を使ってみたが、柚子胡椒を利かせるととんでもなく美味しくなった。
これはまさに、お口の中が味の宝石箱状態や~!
柚子胡椒の出汁がしみわたった野菜の、なんと美味しい事!

またまた食べ過ぎてお腹が苦しい。
オーバーウェイトで節制しなきゃいけないって言ってるのに。



[PR]

by ksato1 | 2010-01-24 01:08 | 日記 | Comments(0)

「想いよ届け ラブソング♪」

こういうのももういろいろありすぎて、今さらって感じもたっぷりだが、こんなサイトがあった。

「想いよ届け ラブソング♪」
~昔の恋人があなたに贈る、究極のラブソング~
http://song.hanihoh.com/

いわゆる、昔の恋人から手紙が届いってやつシリーズね。
今回はオリジナルのCDが届くんだって。
うわっ、なんか設定が重っ!

試しにやってみたら、こんなん出ました。
メロディは「千の風になって」だそうな。

曲名:女なんて
作詞:元カノ
作曲:元カノ

(1番)
私が私服の日でも デートしてください
「制服でポニーテール」
指定しないでください

時間返して
時間返してほしい
「お前のいいとこカラダだけ」
鬼に見えました

(2番)
女の気持ちを少しは 理解してください
「寂しいときには元気出せ」
言ってる意味分からない

ふられてみて
ふられてみて分かった
告白したのにすぐ飽きる
勝手な男だと

(3番)
男女の仲良しグループに 妬かないでください
男同士でクリスマス
過ごしてください

デートコースで
デートコースでファミレス
ドリンクバーで三時間
粘って下痢をした


たいして面白くなかったけど、ちょっと気になるのは冒頭部分。

>私が私服の日でも デートしてください
>「制服でポニーテール」
>指定しないでください

いやいや、オレ、コスプレの趣味ないから。
って言うか、裸が一番好・・・、って、そうじゃねーから!

>「お前のいいとこカラダだけ」

い、いやぁ、・・・だ、だから、そうじゃねーから?

そして診断結果がコレ↓

【恋愛傾向ショートコメント】
◆あまりモテないようです。
◆付き合うと、やや相手を重く感じます。
◆女性と仲良くなるのが下手です。
◆恋愛で頭がいっぱいになったりはしません。
◆無意識に浮気願望を持ちながら、表ではそれが抑えられています。
◆自分の趣味や仕事や学業に没頭して、相手を置き去りにします。
◆女性の気持ちが分からず、寂しがらせて泣かせます。
◆付き合う相手との心の交流は少ないほうです。

なんだよ!
「あんまりモテない」とか「女性と仲良くなるのが下手」だとか、いきなりズバリで失礼なヤツだな、まったく!
結構当たってるじゃん!



[PR]

by ksato1 | 2010-01-23 13:51 | 日記 | Comments(0)