亀田興毅

本当にこの男は馬鹿な男だ。
昨夜内藤大介を倒して2階級制覇を成し遂げたが、弟大毅の試合の問題がなければ、もっと早く2階級を制覇していただろう。
まだ23歳とは言えこの後階級を上げていくのなら、もっと早くフライ級を制覇するべきだった。
うまく行けば4階級制覇くらい行けたかもしれないのに、このタイムロスはかなり大きい。
まあ、すっ飛ばして階級上げても勝っちゃうパッキャオみたいな人もいるけど、彼はちょっと別格だろう。

そもそも今回の試合はあんまり興味がなかったので、リアルタイムでは見なかった。
興味がなかった理由は二つ。

一つは、亀田興毅がデビュー当時のようなどんどん前へ出るスタイルではなく、アウトボクシングでポイントを稼ぐスタイルに変わったから。
そして大方の予想では互角と言っていたが、このスタイルで戦えばほぼ間違いなく若い亀田が勝つと思ったから。

夜のスポーツニュースで見たが、試合内容もほぼ予想通りの展開だった。

戦前のパフォーマンスでは、ヒールの亀田とベビーフェイスの内藤(ボクシングでこの呼び方がいいかどうかはわからないが)だったが、実際のボクシングスタイルは真逆。
亀田はアウトボクシングで適確に間合いを計り、決して懐に入れさせない優等生的な巧みなボクシングで、一方の内藤は懐に飛び込み左右のフックを使ってトリッキーな動きをし、一発で沈めるブルファイトスタイルだった。
応援するにしても、ちょっと違和感あるよね。

最初のランダエタ戦でダウンを奪われた亀田は、打たれ弱いと言われている。
だから内藤もアゴに当てれば倒す自信があったはずだ。
しかし亀田もその点は十分理解していた。
ニュースのダイジェスト映像では、内藤を引き込んだ後の亀田の左が有効に決まっていたように見えた。

「亀田とKOはワンセット」と言っていたが、ここのところは確実に勝つ試合運びを行っている。
プロスポーツだから勝ちを優先する戦法を取るのはいいと思うが、個人的な興味は失せた。
あのガンガン前に出るスタイルでは、やっぱり世界には通用しないんだね。
もちろん、スタイルを変えようが何しようがタイトルを取る事は立派なんだけど。

壮大な態度で「亀田は生意気だ」と悪評を買ったが、ボクシング業界ではまったく大騒ぎすることではない。
相撲と違ってボクシングには伝統も礼儀もほとんどない。
勝つか負けるかだけだ。
アメリカでは、マッチメイクの記者会見で罵詈雑言を言い合い、一瞬即発の状態になる事など日常茶飯事。
ある意味そうやって自分を奮い立たせ、闘争本能をマックスにしてリングにあがるというのもプロとして大事なことだ。
負ければビッグマウスの恥ずかしい男として消えていき、勝てば有言実行の強い男と認められるのだ。

ボクシングをよく知らない人たちは、まんまと亀田の挑発に乗って「亀田負けろ!」とテレビを見た。
関係者で亀田の態度を本気で怒っていたのは、真面目一筋の具志堅用高だけで、後はボクシングに注目が集まったことを少なからず歓迎していただろう。

だが、さんざん悪態をついておいてボクシングは優等生スタイルというのは、どうも見ていてむずがゆくなってくる。
確実に勝ちに行くのならそういう選択肢になるのだろうが、あのビッグマウスで優等生スタイルのボクシングと言うのは、あまり応援したいとは思わない。

そもそも日本のプロボクシングは、チャンピオンになってもなかなか食べる事ができない。
なぜかと言えば、世界的に見ても軽量級のボクシングはタイトルマッチであっても重量級の前座試合になる事すらあり、ファイトマネーの分配も当然重量級の方が多いからだ。
本場アメリカ、特にラスベガスでの試合はほとんどが重量級である。
パンチ一発で勝敗が決する重量級は、放映権料を含めて容易に億単位の金を集める事ができる。

そういう意味では、いろいろなバラエティ番組にも出まくっていた内藤大介はエライと思う。
もちろん本人もギャラが欲しかったとは思うが、彼がバラエティ番組でいい人を演じることにより、今回正義の味方vs悪役の図式が綺麗に出来上がった。
結果は視聴率43.1%で、今年一番を記録。
しかも歴代のボクシング中継1位の記録にも、あと0.1%の2位だったそうだ。
ボクシング界にこの二人がもたらした貢献度は、大きいと言えるだろう。

内藤は日本人で最高齢の防衛記録を持っている。
よくここまでベルトを保持したといえるが(ほとんど日本人としか戦ってないけど)、やはりこのあたりが限界か。
しかしコメント力も素晴らしいので、この後も日本ボクシング界のエヴァンジェリストとして様々な方面で活躍してもらいたいものだ。

一方亀田はチャンピオンになった事で、このあとのキャラは難しくなってくる。
最近は、普通のインタビューでは結構いい青年である事がバレて来ちゃっているので、いっその事これを機会に優等生キャラに変えた方がいいかもしれない。
いずれにしろスーパーフライ級くらいまではいけそうなので、なんとか頑張って欲しい。

でも試合を見なかったのはちょっともったいなかったかな。
せめて録画くらいしておけばよかった・・・。





[PR]

by ksato1 | 2009-11-30 20:57 | 日記 | Comments(0)

ジャパンカップ

昨日のディズニーランドでヘロヘロ状態だが、気力を振り絞ってJCの予想。

海外馬か日本馬か?
今年は特に迷うJCだが、基本路線は馬は日本、ジョッキーは海外にすることにした。

本命はスクリーンヒーローだ。
休み明けの天皇賞で、ウオッカを振り切って2着。
今週の追い切りの動きは目立つところなかったが、先週はいい動きを見せている。
鞍上も2年連続でルメールが騎乗。
2走ボケの可能性もあるが、コース、距離適性を考えたらこの馬が最有力と考える。

対抗はウオッカだ。
この2戦はたしかに負けている。
しかし、この秋が生涯最高の出来だったカンパニー、そして前出のスクリーンヒーロー、この2着にしか先着を許していない。
しかも天皇賞秋は、優勝したカンパニーと同じ上がりタイムを記録している。
展開のアヤはあったものの、決して力負けではない。
そして東京コースのこの馬の強さは、いまさら語る必要もない。

三番手はレッドディザイア。
勝てる可能性尾も大きかったエリザベス女王杯に見向きもせずに、早くからJC参戦を表明。
秋華賞の疲れが大きかったために間隔を開けたという話もあるが、この2週間で万全に仕上がったようだ。
実力はブエナビスタと遜色はなく、むしろキャリアが少ない分、この馬の方がさらに伸びしろがあるかもしれない。
したがって、あっさりがあっても不思議はない。

四番手はコンデュイット。
過去の経験でいえば、すでに日本での種牡馬入りが決まっている馬の場合、顔見世興行で本気モードではない場合が多かった。
しかし実力から言えば、ここ数年の来日馬では図抜けている。
5割ならともかく、8割の力を出してきたら勝ち負けする能力はある。
押さえないわけにはいかないだろう。

五番手以下は混戦だ。

前々走で強烈な勝ち方を見せたオウケンブルースリが人気になっている。
しかし前走スローペースに泣かされたと言いつつも、上がりのタイムはカンパニー、ウオッカを下回っている。
この馬はどうも東京コースが苦手なような気がしてならない。
それならばリーチザクラウンを上に見る。

この馬の逃げ方を見ると、おそらく2400m前後が一番あっているだろう。
直線の長い東京だとどうしても目標にされやすいので、できれば有馬記念で狙いたかったのだが、ダービーのように逃げ粘って2~3着というのは十分考えられる。

それとあまり人気になっていない海外馬。
マーシュサイドとジャストアズウェルの2頭で迷ったが、昨年直前で取り消してわざわざ再来日したマーシュサイドの本気度に掛けてみたい。


◎スクリーンヒーロー
○ウオッカ
▲レッドディザイア
△コンデュイット
×リーチザクラウン
×マーシュサイド

馬券は、◎○1着、◎○▲2着、◎○▲△×3着で3連単24点。




[PR]

by ksato1 | 2009-11-29 14:41 | 競馬 | Comments(0)

明日はディズニーランド

明日はカミサンの誕生日プレゼントとして、家族でディズニーランドに行く。
親の分のチケットは、近所のドン・キホーテのゲームコーナーで貯めたポイントでゲットした。

ストレス解消でずーっと「北斗SE」をやり続け、これまでもリラックマのぬいぐるみなんかをもらっていたんだけど、ここのところあまりいい賞品がなかったので、2年くらいでポイントが貯まりっぱなしになっていた。
調べてみたら100ポイント以上。

久しぶりに魅力のある「黒豚しゃぶしゃぶセット」の賞品が出たので、代えてみようかと思ったときにカミサンとドン・キホーテに行く事になった。
ちょうどいいので現場で「これに代える?」と聞いたのだが、カミサンの視線はまったく別の方向を見ている。
「あれ、ディズニーのチケットなんじゃない?」
おーっ、鋭い!
たしかにディズニーのチケットだ、全然気づかなかったよ。
大人1枚60ポイント、ペアで120ポイント。
家に戻ってかき集めたら、150ポイント近くあった。
なので即、チケットに交換。
チケット到着までは3週間くらいかかり、ちょっと冷や冷やしたが無事到着。

ここ数年はずーっとシーの方に行っていたが、今回はランド。
もう長男が家族と行動しなくなりそうなので、家族揃ってはおそらく今年が最後だろう。
そういう事もあってランドにした。
個人的にはシーは飽きちゃったしね。

後は明日に備えるだけ。
11月中は山梨県と埼玉県の限定パス期間中なので混みそうだが、そこそこ暖かそうだし、まあ、なんとか楽しめるだろう。




[PR]

by ksato1 | 2009-11-27 21:17 | 日記 | Comments(0)

「SAW6」

「SAW」シリーズももう6作目だ。

最初の5分程度は、これまでの「SAW集編」が流れる。
「4」あたりから、後付けで各話のエピソードをいろいろと絡ませているので、だんだん相関図が分からなくなり始めていた。
なので「SAW集編」を入れたのだろうが、図解なしの映像と解説だけはやっぱり全部は理解できなかった。
まあ、今回必要な部分は理解できたけど。

「1」「2」は同じ現場にいながらにして、少しずつ脱出への謎が解き明かされていくストーリーだった。
ちょっと前のヒントを参考にして謎がわかるという、ゲーム的な要素が面白かった。

だが「3」あたりから、場所を移動しながら選択、そして残虐処刑という流れになっている。
これはこれで迫力があるのだが、完全に一方通行のストーリーに乗ってしまっているので、「1」「2」にあったゲーム的な要素は薄れてしまっている。
それでもなんとなく毎回観に行ってしまう。

今回も一人の男による、一方通行のストーリーである。
ただ、「3」以降で薄れていたそもそものジグソウの意思、「生きることを無駄にしている」という部分は若干強調されている。
まあ、今回は「ジグソウの遺品」という部分がキーになっているので、当たり前と言えば当たり前だが。

処刑についても、シリーズの中では抑え目になっていると言えるだろう。
もちろんバンバン人が死んでグロいシーンも多いけど、カゲキなギミックは少ない。

で、ズバリ言ってまた次回に続くラストなのかと言うと、まあなんとも言えない終わり方だ。
完全終結ではなかったが、含みを持っていたという訳でもない。
ただここから続きを作るとなるとかなり無理が生じそうな感じで、その時はもう最終章にするしかないだろう。
もしくは、全然別の話にするか、だ。

全然別の話になると最低でも「10」くらいまでは続きそうなので、さすがに付き合いきれない。
なので最終章と銘打たれた時だけ、次回作も観に行くことにしよう。

90.SAW6





[PR]

by ksato1 | 2009-11-25 00:53 | 映画 | Comments(0)

なりふり構わず

紅白の出場歌手がさらっと発表された。


【紅白歌合戦の歌手発表 初出場は「嵐」など8組】
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20091123/Kyodo_OT_CO2009112301000314.html



ズバリ言って、視聴率のためにはなりふり構わず、って感じだね。

ついに1事務所2枠が解禁されて、ジャニーズが4組出場になった。
これまで2枠制限のせいで、一番売れていた時期に出場できなかったKinki Kidsは割りを食った感じだ。
まあ、本人たちはたいそう仲が悪いらしいから、いまさらKinkiで紅白に出たいなんてさらさら思ってないかもしれないけど。

白組で言えば、ここ数カ月ずーっと「当確」と言われていた井上陽水の名前がない。
ハッキリ言って今年一番期待していただけに、ちょっと残念。
最後の最後で交渉に失敗したか。

それと東方神起だけど、ちゃんと5人そろって来日できるのかねぇ・・・。

一方紅組は、話題性は絢香だけか・・・。
なんか面白みに欠ける顔並びだね。

しかし出場者を見わたすと、今年は入場券がネットオークションで飛び交いそうだなぁ。
もちろん買うのはジャニ&AKB48&Perfume目当ての人々。
当日の会場も、ちょっと異様な感じになりそうだね。




[PR]

by ksato1 | 2009-11-24 00:22 | 日記 | Comments(0)

好天好日

昨日とはうってかわってポカポカと暖かいので、病み上がりの娘と散歩に出た。
公園で遊ばせるのは、まだちょっと不安があるからね。

カミサンに頼まれたハガキを出すために、自宅を出てまずは南にある郵便ポストの方向に向う。
ハガキを出してからさてどうしようかと思ったが、普段歩くことのない道を歩こうと思いたち、そこからさらに南に向かって高速(京葉道路)を超えてみた。
東京経営短期大学と言う、地元でもあまり名前が知られてない学校の横を通る。
ちなみにこの大学は、村田簿記と同系列の大学だ。

そこから時折抜け道として使っている細い道を使い、再び京葉道路を越えてみた。
このあたりはちょうど、船橋市と市川市の市境のあたりになる。

船橋市と市川市の市境は、かなり強引に切り取られている。

たとえばここ↓

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35.70131528&lon=139.95939333&ac=12203&az=60.2.9.2&v=2&sc=1

区画内を市境が走っているだけじゃなく、一部建物が市境をまたいじゃっている。

さらに以前からちょっと気になっていた、市川東病院まで行ってみる。
市川市は本来、我が家から見て西に大きく広がっているのだが、この市川東病院は我が家から見ても東にある。
地図を見ると本当に市川の東の果てにある病院のようだ。

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35.70052556&lon=139.96259972&ac=12203&az=60.2.15&v=2&sc=7

そして細かく見ると、このあたりも同じ区画内の一つの建物だけが市川市に属していたりする。

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35.70052556&lon=139.96259972&ac=12203&az=60.2.15&v=2&sc=1

娘と二人で「ブラタモリ」のように、電信柱の居住表示とかゴミ置き場のプレートで、どこまでが船橋市でどこから市川市かを確認しながら散歩した。
だいたい1時間くらいだったかな。
なかなか気持ちがよかった。

その後家族で金曜日に放送された「ラピュタ」を観る。

やっぱり宮崎駿作品の中でも、この「ラピュタ」が一番面白いかな。
シンプルなボーイ・ミーツ・ガールの中に、わくわくする冒険をうまく取り入れている。

ゆったりとして良い1日だった。


89.天空の城 ラピュタ





[PR]

by ksato1 | 2009-11-23 19:21 | 日記 | Comments(0)

マイルチャンピオンシップ

天皇賞でウオッカを破ったカンパニーで鉄板かと思った今年のマイルチャンピオンシップ。
前日売りでは単勝2.6倍だが、新聞などの評価はそれほど高くない。
8歳馬とか引退レースとか、今年のG1は1番人気が連敗中とか若手ジョッキーが活躍しているとか、まあいろいろと原因はあるだろう。
だが、やはり軸はこの馬でいいだろう。

京都外回り1600mは実力の差が出やすい。
特に秋の天皇賞馬がここに駒を進めて来た時の信頼度は高い。

しかし相手は難しい。
ここは昨年のPOG馬であるキャプテントゥーレを推したい。
まあ半分は応援馬券だが、この馬の本質はマイルだろう。
マイネルファルケが逃げるところを好位から追走、直線抜け出して追ってくるカンパニーとの叩きあい、という図式だ。

三番手はザレマ。
前走はハイペースを追走しての5着。
しかし先行した馬では唯一着内に残った。
今回はそれほど速くないペースなので、こちらも好位抜け出しの戦法が生きてくる。

四番手は、未知の魅力の3歳勢の中からストロングガルーダを抜擢する。
格でいえばサンカルロの方が上だろうが、ストロングガルーダは1800mの重賞ラジオNIKKEI杯を勝っている。
私の持論では、京都外1600mは府中を除く他のコースの1800m~2000mに相当する。
中山の1600mを勝ちさらに外枠に回ったサンカルロより上に取りたい。

五番手はスマイルジャック。
若手の活躍と言えばそろそろコーセーの出番、とも思えるが、意外と今まで騎乗したG1はすべて二桁着順。
今回はスマイルジャックが内枠を引いただけにチャンスはあるが、3着くらいが精いっぱいか。

後は、京都の1600mに実績があるマルカシェンクまで。

◎カンパニー
○キャプテントゥーレ
▲ザレマ
△ストロングガルーダ
△スマイルジャック
×マルカシェンク

馬券は、◎○1着、◎○▲2着、◎○▲△×3着で3連単24点。




[PR]

by ksato1 | 2009-11-22 15:04 | 競馬 | Comments(0)

天国から地獄・・・

この3連休、土日にカミサンが次男と下の娘を連れて実家へ。
私はサッカーがある長男と自宅に残るのだが、長男がサッカーに行ってしまったらその後は自由だ!

やったー!
久しぶりの独身だー!
日曜の朝長男の弁当を用意する必要があるが、カミサンと長男の合意の下、コンビニのおにぎりとサンドイッチで決定。
ちょっと早起きするが、それほど苦痛ではない。

今週はたっぷり働いたし、自分へのご褒美だー。

と思っていたら、今朝起きたら娘が発熱。
午前中病院に連れて行った。
当然連れて行けないが、カミサンは用事があるため午後から一人で実家へ。

半日だけだけど、子ども3人の面倒を見なきゃならなくなった。
天国から地獄だよ・・・。

午後、ちょうど洗濯物を干し終わったあたりで、病院から戻ってひと眠りした娘が起きてきた。
幸い、ちょっと寝たらだいぶ具合もよくなったようで、お粥を作ったらペロリと平らげる。
夜もたまご粥を作ったが、完食。
長男と次男はマックが安かったので、買いに行かせた。

なんだかんだと細かい事をしていたら、先ほどカミサンが帰宅。
まあ仕方ないと言えば仕方ないが、2週連続で娘の体調不良に振り回されて、夫婦でかなり疲労。
まだレイトショウはやっているので、これから映画を観に行くか・・・。





[PR]

by ksato1 | 2009-11-21 21:04 | 日記 | Comments(0)

誕生日でバイキング

昨日は世間一般にはボジョレー・ヌーボーの解禁日だったが、我が家はカミサンの誕生日だった。
本当は1日年休を取って午前中はカミサンと映画でも観に行こうかと思っていたが、止むに止まれぬ事情で出社した。
それでも4時くらいに退社して、急いで帰って家族で食事に。
毎度おなじみ、舞浜の東京ベイホテル東急のカジュアルバイキングだ。

ちなみに、娘の卒園のお祝いの時も行っている。

http://ksato.exblog.jp/8079075/

この時も書いているが、ここは目立たないけど前菜が絶品だ。
今回はこの前菜が10種以上あったが、全部を取って食べた。
トレーが前菜だけでいっぱいになっちゃったよ(^_^;;

後はローストビーフと握り寿司。
今回のローストビーフはなかなか美味しかった。
それ以外で美味しかったのはビーフストロガノフくらいで、あとはイマイチな感じかな。
ただもちろん子どもは大満足。

カミサンはどちらかと言うとスィーツ目的なので、こちらも満足。
スィーツも美味しいんだよね~、このバイキングは。

家族全員でお腹パンパンになって帰宅した。




[PR]

by ksato1 | 2009-11-20 20:07 | 日記 | Comments(0)

出場国決定!

【W杯サッカー32チーム出そろう フランスなど最後の切符】
http://www.excite.co.jp/News/sports/20091119/Kyodo_SP_CO2009111901000188.html


さあ、南アフリカW杯の出場国が出揃った。

最後の大番狂わせはロシアを破ったスロベニア。
名将ヒディンクは今回のW杯で監督業も引退を宣言していたが、これで引退となってしまうのだろうか。
EURO2008では大会予選でイングランドを撃破し、本大会では母国オランダをも倒してベスト4に残っていた。
W杯でも大会に出場すると必ず1次リーグを突破していたので、ちょっと残念。

なんとか出場権を取ったものの、フランスも危なかった。
ホームでありながら、ロビー・キーンに決められて延長にもつれ込み、なんとか振り切った。
まだ映像を見ていないのでなんとも言えないが、どうやらアンリの「疑惑の手」というのがあったらしい。
もちろん判定が覆ることはないと思うが、熱狂的サポーターの国アイルランドだけに、今後大きな遺恨を残すかもしれない。
でも、このフランス-アイルランド戦を見ると、2戦目がホームの方が延長戦まで戦えるだけに、やっぱりやや有利か?

ポルトガルはC.ロナウド抜きでも順当に勝ち抜け。
ウクライナはホームで涙を飲んだ。
シェフチェンコももう30をとうに過ぎているだけに、これで代表引退かな。

アメリカ大陸プレーオフは、こちらも順当にウルグアイが勝った。

出揃った出場国を見渡すと、日本はアジアの国、それも韓国と北朝鮮くらいにしか勝てそうにないな。
その韓国、北朝鮮にだって、必ず勝てると言うわけではないからね。

とりあえず、12月4日のグループ分け抽選会が楽しみだ。




[PR]

by ksato1 | 2009-11-19 12:47 | 日記 | Comments(0)