レゴブロック?

【ただのレゴブロックにしか見えないMP3プレイヤー】
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080226_lego_mp3/



ああ、これ、欲しいかも!
値段も手ごろだし。

でも実際には、薄い方が使いやすいんだろうな、MP3プレイヤーって。

買おう買おうと思いながら、いまだに買いそびれているワタシ・・・。
[PR]

by ksato1 | 2008-02-26 22:31 | 日記 | Comments(0)

フェブラリーS

今年初のG1フェブラリーS。
人気は昨年の最優秀ダート馬、ヴァ―ミリアン。

通常、ダートのレースは芝よりも紛れが少ない。
9年連続で、1番人気か2番人気の馬が連帯しており、過去10年の連帯馬20頭のうち13頭が3番人気以内だ。
では、人気どおりヴァ―ミリアンからか。

今回は、一頓挫あって川崎記念を回避したことよりも、距離実績に注目を置きたい。
ヴァ―ミリアンがダート1600mを走ったのは2年前のこのフェブラリーSで5着。
それ以降は2000m以上のレースしか使われていない。
息の入らない1600mに対応できるかどうか。

それよりも、ダート中距離のスペシャリストが2頭出走している。
ブルーコンコルドとワイルドワンダーだ。

ブルーコンコルドはそもそも、ダートの短距離で名をあげた馬だ。
一昨年の東京大章典、昨年の帝王賞と、2度連続で2000mのレースを好走したが、やはり一番実力が発揮できるのはマイル以下。
すでに明け8歳だが今週の動きは元気いっぱい。
前走で1.8、前々走で1.5秒勝ち馬から離されているが、ここ3走はすべて2000m以上の距離。
人気を落としている今回は狙い目だ。

対抗はそのブルーコンコルドが勝った南部杯で2着だったワイルドワンダー。
この馬も昨年のJCDで5着だったが、マイルまでならブルーコンコルドと同等の力を発揮するはずだ。

三番手はヴァ―ミリアン。

四番手はヴァ―ミリアンのいない川崎記念を見事に勝ったフィールドルージュ。

以下、4歳のドラゴンファイヤーとロングプライドまでを押さえる。

◎ブルーコンコルド
○ワイルドワンダー
▲ヴァ―ミリアン
△フィールドルージュ
×ドラゴンファイヤー
×ロングプライド


馬券は◎○を1着、◎○▲△を2着、◎○▲△×を3着の、3連単24点で勝負。
[PR]

by ksato1 | 2008-02-24 14:36 | 競馬 | Comments(0)

春一番と花粉症

【気象庁が強風警戒呼び掛け 関東では「春一番」】
http://www.excite.co.jp/News/society/20080223181434/Kyodo_OT_CO2008022301000573.html



今日は春一番だったのか。

「午前4時だ。夜中までテレビ見てないでいい加減に寝ろ!」

最近あの「春一番」見ないな・・・。
猪木のモノマネと言えば、今じゃすっかり「アントキの猪木」だ。
「現金ですかぁー!」
確かに面白いよね。

それはそれとして、ずーっと外にいたわけではないが、今日午後に吹いていた強い風は北風だったように思う。
南風じゃなくても、この時期の強い風は全部「春一番」になっちゃうんかね、さすがにそこまで知らんけど。

今日春一番が吹くことは知らなかったが、そろそろ花粉がヤバそうなので、朝イチで耳鼻科に行ってきた。
開院1時間前で一番乗りだったが、その直後からわらわらと人が並び始めたので、早めに行って大正解。
以前は4時間待ちなんて事もあったからなぁ・・・。
4時間あったら、東京-名古屋往復できちゃうよ。

薬局で薬をもらっておよそ1時間半コース。
新聞読んでたんで、さほど苦には感じなかった。
一応一ヵ月分の薬もらったんで、しばらくは大丈夫でしょう。

そう言えばちょっと前に、東京都が杉の木の花粉を少なくする実験を行っていたんだけど、あれはどうなったでしょう?

まさか実験が成功しているにもかかわらず、この花粉症ビジネスが一気に終息しないように、わざと花粉を減らす作業をしてないんじゃないだろうな!

もしそうだったとしても怒らないから、今から少しずつでいいから花粉減らす方向で考えて下さいな。
花粉症になってから早29年、人生の2/3以上を花粉症に悩まされているんで、いい加減もうラクになりたいです・・・。
[PR]

by ksato1 | 2008-02-23 23:51 | 日記 | Comments(0)

「冗長性」

昨日、エキサイトメールの日記を書いたが、そこでエキサイトに責任のすべてを押し付けられていた株式会社ISAOという会社を調べてみた。

株式会社ISAO
http://www.isao.co.jp/

CSKの100%子会社で、まあよくある感じのシステム会社だ。
メールのAPSサービスのページを見てみた。

http://www.isao.co.jp/cms/modules/tinyd0/index.php?id=19

良く見ると一番右に「信頼の冗長性」と書いてある。

冗長性?

「冗長」って、あんまりいい言葉じゃないんじゃないの、自社製品の紹介には普通使わないよなー、と思って調べたら、なんと「冗長性」はそれほど悪い言葉ではないらしい。

「冗長性」
http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/?searchmatch=beginswith&itemid=09918200

ちょっと分かりづらい説明だが、「冗長性があった方が、より意味がわかりやすくなる」そうだ。
ちなみに、元々情報理論の「冗長度」という言葉から来ているらしい。

「冗長度」
http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/?searchmatch=beginswith&itemid=09918300


なお、「冗長」そのものを調べると、やっぱりあまりいい意味ではない。

「冗長」
http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/?searchmatch=beginswith&itemid=09918100


うーん、日本語って難しいよね、私が無知なだけなのかもしれないけど。
[PR]

by ksato1 | 2008-02-22 22:30 | 日記 | Comments(0)

カッコ悪いエキサイト

昨年末、いつも使用しているエキサイトのフリーメールアドレスが、リニューアルを行った。
まあそのときのごたごたに関しては、チョロっと日記にも書いたんだけど。

http://ksato.exblog.jp/6696689/


この後も何度も不具合が続いていたのだが、ついに昨日、エキサイトが以前の体制に戻すリリースを発表した。

http://www.excite.co.jp/mail/notice.html

リニューアルしたりすぐに戻したり、非常にカッコ悪いことこの上ないのだが、さらにカッコ悪さの上塗りをしているのが次の文面。

「サービス委託先である株式会社ISAOと早期の不具合改善にむけてさまざまな施策を行ってまいりましたが」

悪いのは僕たちじゃなくて、委託会社なんだよー、なんて言い訳がましいことをリリースに載せるなんて、ちょっとカッコ悪すぎ。
まあ、気持ちはわからなくもないけど。

同じようにサービスを提供している者として、他山の石として注意しなければ・・・
[PR]

by ksato1 | 2008-02-22 09:28 | 日記 | Comments(0)

「えが茶ん」とエスパー伊東

ギョーザにぴったり?「えが茶ん」が人気
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20080220092929/Nikkan_p-et-tp0-080220-0008.html



いいねー、「えが茶ん」。
一瞬、Yahoo!のトップにニュースとして表示された時は、アクセスが集中したようでサイトが落ちていたが、今は大丈夫。

http://apris.co.jp/cart/index.php?main_page=index&cPath=10

缶から「お前らに物申すぅ~!」というえがちゃんの声が聞こえてきそうだ。

ちなみに大川興行のサイトで購入すると、@10円安くなるらしい

http://www.okw.co.jp/shop/index.html

ところで販売元のアプリスと言う会社、他にもアニメ系などの缶ドリンクを多数作っているようだが、目に付いたのはアニメ系以外のこの商品。

http://apris.co.jp/cart/index.php?main_page=index&cPath=3


「そのまんま緑茶」はいいだろう。
「そのまんま温州みかん」は、果汁30%なら「そのまんま」じゃねーだろ、という突っ込みを入れたくなるが、それでもまだいい。

問題は「エスパー伊東ドリンク ホワイトグレープ&グレープフルーツ」と「出川哲朗 パインアップル&オレンジ」。

昨今、「キワモノ芸人」ブームでいろんな芸人さんが脚光を浴びているが、その中でこの二人を選んでいるというのは、ある意味スゴいセンスだ。
「缶にプリントされていたら絶対飲みたくない芸人」のツートップだろう。
それを堂々と商品化しちゃうなんて。
まあ、個人的にエガちゃんが好きだからあまり気にならないが、フツーの人から見たら「えが茶ん」も同じ分類に括られちゃうのかもしれないけど。

ところでエスパー伊東って、結構簡単にパーティとか2次会に呼べるんだよね。

http://www.anet-web.com/ei/

とくとくプランって言うのもあるみたい。

http://www.anet-web.com/plan/tokutoku.htm

結婚式を計画中の方は、検討してみてはいかがでしょうか(^_^;;
[PR]

by ksato1 | 2008-02-20 17:20 | 日記 | Comments(0)

一昨日観た映画3本。

一昨日観た映画3本。

まず「リアル鬼ごっこ」
王様が支配するパラレルワールドでは、1週間「佐藤」さんを追いかける鬼ごっこが行われており、捕まった「佐藤」さんはすべて処刑される。

おそらく原作もこのシチュエーションが「まずありき」で、そこから話をふくらませたのではないかと思う。
コートと仮面姿の鬼の出で立ちもなかなか雰囲気がありそれほど悪くはないのだが、やはり「鬼ごっこありき」なので、ここそこで強引なストーリー展開が出てくる。
またエンドロールを見ても放送局や出版社が出資している様子はなく(原作は幻冬社、また制作に電通の名前はあった)、かなりの低予算で制作されたようでほとんどが屋外ロケだったり、作品全体に「手作りっぽい」チープ感が漂っている。

しかしまったくダメかと言うと、そうではない。
限られた予算内で、いろいろと工夫して作っている。
続編が観たいとは思わないが、このスタッフが予算をかけた作品を、観てみたいとは思う。


続いて「チーム・バチスタの栄光」

「バチスタ」とは特殊な心臓手術の事だ。
「チーム・バチスタの栄光」とは、成功率60%前後のこの手術を26回連続で成功させたチームを称える呼称なのだが、27回目以降は3回連続で失敗してしまう。
その失敗に原因があるのか、ないのか。
心療内科医師と厚生省の捜査官が究明に乗りだす。

原作の作者は現役医師。
したがって、ミステリーの形態をとりながらも、医療現場の問題点をきっちり取り上げた作品になっている。

とにかく役者陣が豪華だ。
竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎、野際陽子、國村隼。
この中で言うとやはり吉川晃司がやや落ちる感もあるが、寡黙な天才外科医を熱演しおり、決して下手には見えない。
もちろんその他の役者も、それぞれが見事にキャラを確立している。

そしてやはり秀逸なのは阿部寛。
「トリック」シリーズの上田にやや近いキャラかと思ったが、トボけながらも見事に推理を働かせ、事件を解決する。
阿部寛はちょうど映画の折り返しあたりで登場するのだが、その瞬間からストーリーが一気に引き締まり、加速する。

監督は、昨年「アヒルと鴨のコインロッカー」でその名を世に広めた中村義洋。
昨年「新藤兼人賞・金賞」を受賞したようだが、この監督にはまだまだ期待ができる。


ラストは「L change the WorLd」

作品単体の完成度から言えば、「チーム・バチスタの栄光」の方が上だろう。
しかし原作からの「DEATH NOTE」ファンならば、「L change the WorLd」の方が面白く思えるに違いない。

この作品の制作スタッフは、とにかく「L」を愛している。
たとえば作品中、逃亡シーンで「L」は自転車を漕いでいる。
「L」が自転車を漕ぐこと自体、ファンの間では賛否両論分かれそうだが、真夏に子どもを乗せて走っているのに、「L」は汗一つかかずに涼しい顔でペダルを踏んでいる。

それこそが「L」だ。

実際の撮影時は松山ケンイチの額は汗びっしょりで、すぐにシャツも汗で濡れたのだろうが、「L」のイメージを損なわぬよう細かい点に気を配って撮影を行っている。

カミサンと子供が観に行ったとき、観終わった後、後ろに座っていた原作からのファンとおぼしき女子高生グループが号泣だったそうだが、最後まで冷静沈着かつ熱き正義感を持つ「L」の姿を見せつけられると、それもうなづける。

それと真希を演じた福田麻由子もよかった。
見た目が知的だし、父への復讐心で敵を睨みつける姿は迫真の演技だった。
同じ子役でも、志田未来にこの演技はできまい。

題材は細菌兵器で、ラストのクライマックスシーンは空港が舞台だ。
「DEATH NOTE」のハリウッド・リメイクが決定したらしいが、この「L change the WorLd」こそハリウッドでリメイクしてほしい。

その場合、他の役者はアメリカ人でもいいけど、やっぱり「L」は松山ケンイチに演じてもらいたいものだ。



17.リアル鬼ごっこ
18.チーム・バチスタの栄光
19.L change the WorLd


今回の3本はどれもハズレなしだった。
[PR]

by ksato1 | 2008-02-17 00:08 | 映画 | Comments(0)

TOHOシネマズデイ

今日はTOHOシネマズデイで、近所のシネコンが1000円になる。
なのでそろそろ会社をFLEXで抜け出し、3本観る予定。
「リアル鬼ごっこ」「チーム・バチスタの栄光」「L change the WorLd」の順番。

ちょうど今観たいと思ってる3本が、うまい時間帯でつながるなんて、きっと神様の思し召しだー\(^o^)/
神様はいつも頑張っているいい子には、ご褒美をくれるのさ。

という事で行って来まーす!
[PR]

by ksato1 | 2008-02-14 14:37 | 映画 | Comments(0)

「主婦の友」休刊

【<主婦の友>6月号で休刊へ 1917年創刊も部数低】
http://www.excite.co.jp/News/society/20080213103400/20080213E40.020.html



たしか「主婦の友」は、家計簿が付いている新年号が一番売れるはず。
なのでひょっとすると、昨年末の新年号の売り上げを確認したうえで、最終決断がなされたのかもしれない。
社名になっている、フラグシップとも言える雑誌を休刊するのは、社員にとっては断腸の思いだろう。

現在の主婦の友社の刊行物を見てみると、パッとするものがない。
最近、主婦向けの雑誌で言えば「すて奥」と「おは奥」が2大巨頭らしいが、専業主婦だと逆にネットを見る時間もあるので、雑誌はあまり売れないのかもしれない。
雑誌を見るのは、どちらかと言えば家の中よりも電車の中とか、会社でお昼ご飯食べているときとかで、仕事をしている人の方が雑誌を読む時間が多そうだし。

ただ主婦の友社は、「健康」があるからきっとしばらくは安泰なのだろう。
この雑誌の読者層は、しばらくネットに移行することもなさそうだしね。
[PR]

by ksato1 | 2008-02-13 20:16 | 日記 | Comments(0)

マックのコーヒー

【マクドナルドの100円コーヒー、味が変わったってホント?】
http://www.excite.co.jp/News/economy/20080212060000/Itmedia_makoto_20080212013.html



実はマックのコーヒーはよく利用する。

以前、15年位前のマックのコーヒーは、本当にとんでもなく不味かった。
インスタントコーヒー以下で、ドリップ用のコーヒーの粉をそのままお湯で溶いたんじゃないかってくらい不味かった。
それが10年位前から、やっと飲める程度になった。
少なくともインスタントコーヒーより上だったので、かなりランクアップだ(元が低かったから)。

そして一番いい点は、お代わりができること。

チェーンスモーカーではないが、ほぼ途切れなく何かを飲んでいるので(オフィスではお茶かコーヒー)、マックのお代わり自由のサービスに気付いたときは嬉しかった。
特に寒いの時期は。

で、さらに美味しくなったというのでちょっと期待。
でも、さすがに美味しくなったらお代わりはなくなるかな。

まあ1杯100円だから、お代わりなくなってもいいっちゃー、いいんだけど。
[PR]

by ksato1 | 2008-02-12 18:36 | 日記 | Comments(0)