<   2008年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

【中国製ギョーザで10人中毒 殺虫剤混入、女児一時重体】
http://www.excite.co.jp/News/society/20080131075142/Kyodo_OT_CO2008013001000895.html


昨日、インターネット系のニュースで中国製餃子による中毒の記事を目にしたが、最初はそれほど気にも留めなかった。
が、しかし。

家に帰ってTVのニュースを見てビックリ!

冷凍餃子売ってたコープって、ウチの近所じゃん\(°o°;)/

場所はだいたい車で5分くらいのところショッピングセンター。
そこより近くて安いスーパーがあるのでコープは利用したことないが、そのショッピングセンターに入っているその他の店は、よく利用している。
ただしコープブランドの製品だけに限らず、そのほかのジェイティフーズ製品に加え、加ト吉、味の素など大手メーカーの冷凍食品にまで疑いが広がっており、我が家が被害にあっていてもなんの不思議もなかった。

でも冷凍食品で食中毒って、ちょっと考えないよなぁ・・・。
そもそも冷凍されているし、調理で火も通すし。
ただ原因が細菌ではなく化学物質だから、そうなると火を通しても壊れない物質なんて、いくらでもあるだろうからなぁ・・・。

今までは中国製でも加工してあれば大丈夫だろう、と思ってたが、しばらく中国産のものは口に入れないように気をつけないと・・・。
[PR]
昨日も昨日で会社の前にある「ぼくらのラッキー」で飲んでしまった・・・。
そして今日は胃痛に見舞われている・・・。

飲むこと自体はそれほど悪くないが、飲み方がいけなかった。
最近は最初にビールを少々、その後は焼酎のお湯割り(韓国料理の場合はマッコリ)で通すのだが、昨日はまず最初のビールをやや飲みすぎた。
そしてその後、隣のテーブルで頼んでいたサワーのジャンボジョッキに目が行ってしまい、調子に乗って梅サワーのジャンボジョッキを頼んでしまう。

酔っていたうちはいいのだが、電車を降りて家まで歩く間に体が冷え始め、同時に胃が痛み始めた。
家に付く頃にはかなりの胃痛だったが、疲れてもいたし「寝たら治るか」とそのまま寝てしまう。
もちろん、朝起きたときに痛みは引いていない。

子供が夏場に冷たいものを食べ過ぎて腹痛に見舞われる話はよく聞くが、冷たい酒を飲みすぎて腹痛になる大人の話は聞いたことがない。

やっぱり胃も悪いのかな。
大腸じゃなくて、胃の検査をするべきだったか・・・。
[PR]
前にも「こういう系」の人いたけど、今度は氷の中の人だ。

【【自称「タントラのマスター」、氷漬け72分間で世界記録を更新】
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081201590980.html


きちんと氷の中に入っているのをいろんな人が見ているので、インチキではないだろう。

でも、これって単なる「ガマン強い人」だったりしない?(^_^;;
[PR]
今日は八戸観光協会の方が来社されて、八戸せんべい汁と〆サバの試食会が開かれた。

夕方のちょうどお腹がすいた自分に、ぷ~んといい匂いが漂ってくる。
「準備できましたー!」の声とともに会議室に。

早速試食したが、「激ウマっ!」
鶏肉の出汁がよく出ていて、意外と歯ごたえのあるせんべいにとても合う。
このせんべい、以前は市販の南部せんべいを入れていたのだが、最近はあまり柔らかくならない汁用のせんべいが使われているとか
地元では鍋の最後におじやの代わりに、この汁用せんべいが使われることもあるらしい。

久しぶりに会社来て良かったと思えた。
最後はお土産までもらっちゃったしね。

人生たまにはいい事もあるってもんだ。a0003588_1993633.jpg
a0003588_1994561.jpg
[PR]
【横綱白鵬が3連覇 朝青龍を破り6度目】
http://www.excite.co.jp/News/sports/20080127182916/Kyodo_SP_CO2008012701000275.html



久しぶりに熱のこもった一番だった。
本日千秋楽の結びの一番、白鵬-朝青龍の対戦だ。

小手先の技に頼らず、どちらも力で勝負する。
拮抗した勝負は、朝青龍がいったん白鵬を吊ったところで動く。
吊ったものの、動かすことができずにそのまま朝青龍が下ろした瞬間、白鵬の上手投げが見事に決まった。

白鵬は先日の琴光喜戦も、本人が「いいタイミングで入った」と自画自賛するほど見事な上手投げを決めている。
今場所はよっぽどこの上手投げに自信を持っていたのだろう。

ヒール朝青龍の2場所出場停止明けで話題になった、今場所。
これまでさしたる話題がなかった大相撲にとっては、逆にいい話題作りになった感がある。

これまでの戦績を見ると、正義の味方白鵬よりヒール朝青龍の方が実力はやや上のように思える。
しかし序盤でその朝青龍が先に負け、10日目に白鵬にも土がつく。
判官びいきの日本人には、非常に白鵬に肩入れしやすい展開だった。

今週オリンピック予選のやり直しがあるハンドボールもそうだが、スポーツにとって一番重要なのは注目が集まることだ。
プロスポーツで言えば、人気がなければその存在意義すら問われてしまう。
特に、ジュニア世代の子供たちに感動を与えられなければ、そのスポーツは衰退を逃れることはできない。

ここ数年どの場所も、平日は満員御礼が出ることが珍しかった大相撲において、この両雄の対峙で人気回復する事は喜ばしい。
それを維持するためにも、一時期の北の湖がそうであったように、朝青龍には引退までふてぶてしい横綱であってほしいものだ。
ちなみに北の湖も元横綱千代の富士(現九重親方)も、本当は明るくて饒舌な人らしい。
しかし「横綱たるものベラベラしゃべるもんじゃない」という教育を受け、二人とも引退までは寡黙な人柄で通していた。

それはそうと、問題は大関陣。
4人もいるのに二桁勝利はゼロ。
千代大海に至っては、カド番の記録をさらに更新している。
魁皇と二人で盛り上がっている、このカド番の記録争いは、このあと誰にも破られることはないだろう。

本当は横綱同士がぶつかるまで、途中でクセモノが足元をすくって番狂わせという展開が望ましい。
そうすれば千秋楽まで、どちらも負けていないかと目が離せない状況になる。

現状の大関陣にはあまり期待できないので、体は小さいが白鵬に強い安馬、若い稀勢の里あたりに期待するしかないのかな。
[PR]
明日はいよいよ、大阪国際女子マラソンだ。
一般にはあまりニュースになっていないが、スポーツ関連のメディアではかなりクローズアップされている。
なぜかというと、北京オリンピック女子マラソン代表選考を考える上で、重要なレースとなるからだ。

代表枠3枠のうち、すでに「ほぼ確定」と言われているのが、ディフェンディング・チャンピオンの野口みずきと、昨夏の世界陸上で銅メダルの土佐礼子。

残る1枠に対し、選考レースは2つ。
明日の大阪国際女子と、3月の名古屋国際女子だ。
ちなみに名古屋国際には高橋尚子がエントリーしている。

大阪国際にエントリーしている有力選手は、原裕美子と福士加代子。
原裕美子は体調を崩して強引に参加した昨年の世界陸上(大阪)を除けば、先着を許した日本人はいない。
マラソンは通算で4戦しているが、昨年の大阪国際の覇者で、ほかにも名古屋国際を勝っている。
残りはヘルシンキの世界陸上で、日本人最高で6位だった。
福士加代子はご存じトラックの女王だが、今回はあえて一般参加でエントリーしており、その意気込みが窺える。

そして明日の大阪を原が勝ち、3月の名古屋を順当に高橋尚子が勝った場合、代表枠はどうなるのか?

野口は昨年、厳しいコースと言われている東京国際女子マラソンも勝っており、誰も文句はつけられないだろう。
土佐は銅メダルだが、陸連は前年の世界陸上メダリストを最重要視するので、よっぽどの事がない限り代表に選ばれるはずだ。

そうなると、大阪と名古屋のレースの内容と言うことになる。

こういう場合たいてい、「3つの枠に4つのレースはおかしい」という話が出てくる。

しかし私はそうは思わない。

例えばもし名古屋をはずして、選考レースを世界陸上、東京、大阪の3つにする。
その場合、どこか一つのレースが低レベルの場合、それでも優勝者を代表に選考するのだろうか?
そして低レベルのレースが一つだけとは限らない。
世界陸上なんて、海外のレースだから日本人勢全滅だって考えられる。

だったら、やはり4つのレースから3人選んだ方がいい。

レースによっては、当然独走になることもある。
その場合どうしてもタイムが落ちることになるが、今、自分が走っているレース以外にもライバルがいると考えれば、極端にタイムが遅くはならないと思うし、その上できちんとレースを比較した方がいいだろう。
外国招待選手も、比較の対象になるだろう。

ちなみに明日の大阪は、過去3連覇があるとはいえ、近年やや衰えを見せるリディア・シモンが持ちタイム2位。
今のところ名古屋の外国人招待選手はわからず、東京も外国人はあまりパッとしなかった。
しかし東京の野口は、渋井を破っての優勝なので印象はいい。

原も福士とシモンをぶっち切っての優勝なら印象はいいだろうが、接戦だと高橋のネームバリューに負けてしまうかもしれない。

いずれにしろ、注目のレースになるはずだ。
[PR]
今日ちょっと気になったのは、このニュース。

【江原啓之の「霊視」に矛盾 霊視した父はご存命だった】
http://netallica.yahoo.co.jp/news/22877


個人的にはあんまり信用してないんだけど、江原啓之は女性に絶大な人気を誇っている。
同じ位置づけの細木数子の場合は、辛口なところが嫌いな人もいるようだけど、江原啓之はその反対で柔らかな語り口が女性にウケているようだ。

ただ記事を読む限り、今回の件で言えば、たしかにちょっといい加減かな・・・。
どう抗弁するか対策ができていないんだろうけど、「貴誌の編集方針に疑問があります。つきましては、貴誌の取材協力依頼は応じかねます」という返答は、いくらなんでも「自爆ボン」って感じだ!

ちなみに「週刊文春」は、以前も江原啓之の過去の金銭問題を取り上げていた記憶がある。
江原側としては、その時の事も含めて「貴誌の編集方針に疑問があります」とし、最初から文春の取材は受け付けないという姿勢なんだろうけど、誰にでもわかりやすい物理的(なのか?)な矛盾を指摘されているのに返答をしないというのは、自分の立場を悪くするだけだ。
「事実関係を調べた上で返答します」で逃げる手もあったと思うけどね。
「週刊文春」も次のネタを掴むまでは、「あの件、その後どうなりましたか?」と問い合わせて来ることはないだろうし(何週にも渡って特集組む予定でもあれば別だけど)。

ちょっと前にも、昨夏の「27時間テレビ」の内容が不適切と、放送倫理検証委員会からフジテレビに意見書が送られており、これで一気にスピリチュアルブームも終焉を迎えるような気がする。

細木数子も「本業の占いに専念したい」という個人的理由で、テレビ局が番組終了を発表しているしね。
[PR]
昨日、近所を歩いている時の事だった。

歩いていたのは、きちんと車道と歩行者専用道が分けて造られた大きめの道で、交通量もやや多い。
ただし街灯は少なく、あたりはすでに真っ暗。
交差点に差し掛かったので左右の確認をしたのだが、その際、足元付近にある黄色い物体が目に入った。

あっぶねーっ!
ウンコだよーっ!
しかもかなり大き目のものが3本!
黒い三連星ならぬ、黄色い三連星のごとく並んでいる!

暗かったし、車が来るかどうかに気を取られていたためまったく気づかず、かなり際どい位置に足を着地していた。

黒い三連星なら一人目のガイアを切り捨てた後二人目のマッシュを踏んづけるのだが、この黄色い三連星はどれを踏んでも地獄だ。
もちろんマチルダさんがミデアで突っ込んで、助けてくれる事などあり得ない。
しかも一週間くらいは踏んだ瞬間の感触が忘れられず、かなり落ち込んでいただろう。

いやー、本当に危なかった。

かなりの大きさだったので猫ではなく犬のウンコだと思われるが、最近は近所で野良犬を見ることはないので、きっと散歩中の飼い犬のウンコだろう。

おいっ!飼い主!
マナー悪すぎだ!
よりによって、道のど真ん中だぞ!

今日なんて雪降っちゃって、おそらく歩道には積もってないだろうからいいけど、もしあの上にうっすら雪なんて積もっちゃったら本当に「地雷」だぜ、まったく。
[PR]
【<湯たんぽ>原油高で大人気 昭和レトロに「省エネ」効果も】

私の右足には火傷の跡がある。
この火傷はそう、湯たんぽでできた火傷の跡だ!

ちょっと前に日記で「バブルでGO!」について書いたが、バブルの頃に、まさかまた湯たんぽが人気になるなんて思わなかったなぁ・・・。

でももちろん、個人的には湯たんぽは大好きだ。
火傷を負っても、冬場の湯たんぽは手放せなかった。
結構保温力があって、朝まであんまり冷たくならないんだよね。
今の湯たんぽは、さらに保温力が上がってるんじゃないかな。

余ったお湯は洗顔や洗濯にも使えるし、これこそ日本が世界に誇るエコロジー製品だ!

今朝の寒さはかなり堪えたし、今週末に時間があったらホームセンターで、湯たんぽ探してみようかな。
[PR]

♪雨は夜更け過ぎぃ~にぃ~、雪へと変わるだろうぉ~

山下達郎の「クリスマス・イブ」が有名になったとき、「東京では雨が夜更け過ぎに雪になることはないんですねぇ~」と知ったかぶりこいていたのは、気象予報士の森田正光だ。
気象予報士なんて言葉も資格もなかったころから、お天気専門のキャスターとしてTVに出演していたためお天気キャスターの代名詞のようになっているが、この人かなりいい加減な事言ってたりする。

ちなみに、東京で雪が降るのは移動性低気圧が発生しやすい2月か3月が多いので、クリスマスに雪が降りにくいという事情はわかる。
しかし今夜のように日本列島を低気圧が西→東に通過し、かつ低気圧の中心が三浦半島の先端と房総半島の先端を結ぶあたりを通過すれば、12月でも十分に「雨が夜更け過ぎに雪に変わる」事だってありうるのだ(温暖前線が陸地を通過しないため)。

あんまり他人の粗探しをしても仕方ないのだが・・・。

いやー、それにしても本気で寒い・・・。
今夜から雪になるそうだが、明日、午前中に重要な会議がなければ、本当は休んじゃいたいところだ。
しかも明日の朝まで降雪が残りそうだし・・・。


【<天気予報>関東甲信で雪のおそれ 20日夜から21日昼】
http://www.excite.co.jp/News/society/20080120103400/20080120E40.004.html



金曜日は、昨年末の健康診断で出た血便→再検査の申込のため、会社休んで病院に行くつもりだったのだが、諸般の都合で休めず。
本当に明日は、休みてぇ~よぉ~(>o<)
まあ、私は大人だから出社するけどね。

なお、「なんちゃって気象予報士」の私の予想では、今年は2月、3月に何度か東京は大雪に見舞われる可能性がありそうだ。
理由は、上空に寒気団が残ったまま、移動性低気圧が発生しそうな雰囲気だから。

この後あんまり大雪降るようだったら、そしたら本当に会社休んじゃお~っと!
[PR]