<   2007年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今年観た映画は、ロードショー40本、ギンレイ28本、TV録画46本、試写会1本で、計115本だった。
年内にまだTV録画を2-3本観るかもしれないが、一応これまで観た作品でオレ的2007年ベスト10を発表すると、以下の通り。

1.ダイ・ハード4.0
2.フラガール
3.ホテル・ルワンダ
4.キサラギ
5.腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
6.天然コケッコー
7.ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
8.ロッキー・ザ・ファイナル
9.ゆれる
10.アヒルと鴨のコインロッカー
次点.東京タワー オカンとボクと、時々、オトン


1-3位までは不動。
4位から次点までは、明日考えたら順位が入れ替わるかもしれないほど僅差だ。

1位の「ダイ・ハード4.0」は、ブルース・ウィリスがどんどん窮地に追い込まれる「ムチャ度合い」が最高だった。
万人ウケする作品だし、1位でいいと思う。
2位と3位は、今年公開された作品ではない。
両方ともギンレイで観たのだが、どちらも死ぬまでに一度は観ておきたい作品で、深く感動した。

4位以下の作品の中でも、「天然コケッコー」にはかなりハマった。
元々夏帆は好きだったが、この作品を観てからデスクトップの壁紙を彼女に替えた。
すでに報知映画賞の新人賞を受賞しているが、この他にもいくつかの新人賞を受賞するに違いない。
来年は2月公開の「東京少女」を皮切りに、「うた魂(たま)♪」、「砂時計」と公開作品が控えているので楽しみだ。

特に邦画が好きというわけではないのだが、よく見ると、11本のうち洋画は3本だけだ。
ギンレイで観る機会が多いからかもしれないけど・・・。

今年も春先の入院や、後半かなり忙しかった事もあった中、まあまあの本数だと思う。
来年は無事に過ごして、もうちょっと本数を増やしたいところだ。
[PR]
11月に行なった、社内の健康診断の結果が返ってきた。

「大便に潜血が見られますので、大腸の精密検査を受けてください」

どっひゃーっ!
マジ?

まあ、この検査を受ける3日前に腸炎で点滴受けてたから、その影響が少し残ってたのかもしれないけどね。

そもそもウチの会社の健康診断、チェック項目のハードルが高くて、すべての項目がオールA判定の人ってまずいないんだけど、まさか自分が再検査になるとは・・・。

大丈夫だとは思うけど、やっぱりちょっと凹んだ・・・。
[PR]
有馬の興奮も冷めやらぬままクリスマスイヴ。
でも、昨日の結果に関係なく、今日は最初から大掃除のつもりだった。

で、午前中に切れた蛍光灯その他を買いに行き、午後から洗面所、浴室、トイレの換気扇掃除。
昼御飯を挟んで浴室の大掃除。
かなり頑張ったが、洗剤でもカビキラーでも、湯垢と石鹸垢がなかなか落ちない・・・。

夕方、毎年恒例中山競馬場のクリスマスツリーを見に行き、家族で記念撮影。
その後、回転寿司で夕食。
クリスマスイブなのに寿司だよ、しかも回転寿司。
家族は喜んでいたけどね、特にカミサンが。
もちろん私の奢りだから(-_-;;

帰宅して、作りかけの年賀状を仕上げる。
後はプレゼントを枕元に置いてお終い。

なんだかんだで忙しいクリスマスイブだった・・・。
[PR]
ここ数年、有馬の当日は中京と阪神の全レースが買える。
現場で他場の予想をするとエラくせわしないので、例年、中京と阪神の予想はあらかじめ前夜に行っておくのが常だ。
と言っても全部買う余裕はないので、後半5レースずつなのだが、昨夜も11時過ぎくらいから予想を始めた。

各スポーツ番組では有馬の予想が行われており、そのうち昨日最終回の「うまなで」が始まった。
「うまなで」以前の番組だった頃から、有馬の予想はかなり参考になるので、この日だけは必ず見ることにしている。
そこで目に留まったのが、おぎやはぎ推奨のマツリダゴッホ。
エイト紙の評価では、調教で滅多につかない8点が付いていたとの事。
うーんたしかに説得力がある。
スーパー競馬の福原アナ、井崎センセイも推奨しているようだ。
一応チェックしておくか。


さて、今日はやや家を出るのが遅れ、ギリギリで中山4Rの新馬戦から馬券を買った。
新馬戦なんてほとんどカンだが、たまたま本命にした馬が1着で駆け抜け、50倍弱の馬連中穴を的中した。
この馬の鞍上が蛯名。
しかしこの時も気に留めなかったのだが、有馬と同距離で走る午後のグッドラックHで、たまたま本命にした蛯名の馬がまた勝った。
そして今回も50倍弱の馬連中穴。

おおっ、そう言えば今日はマツリダゴッホがアヤシイんだっけ。
3着あたりに食い込んでくるかもしれない。
昨日の予想に加えて、急遽マツリダゴッホから自分が選んでいた5強への3連複10点を買い足す。

で、結果は!

a0003588_23372299.jpg


なんとマツリダゴッホが先頭で駆け抜け、見事7万3320円を仕留めました♪\(^o^)/♪
いやー、嬉しい!

飛び込みで買った4Rも含めて、一生懸命予想するよりも勘で買った方が当たるという皮肉な結果だったけど、まあそれでもやっぱり嬉しい。
結果的に、馬単の6万9020円より配当が高いしね。
そう言う意味では、いい買い方ができたとも思う。

この秋のG1は、菊花賞と二つの万馬券を取ったので、まずまずの成績だ。

さあ、また来年に向けてがんばろー!
[PR]
明日はいよいよ有馬記念だ。
今年も1年無事に過ごせ、この日を迎えられることを感謝したい。

毎年の有馬参加メンバーのうち、長崎に転勤になったKは、次々と起こった世間を騒然とさせる事件に忙殺され不参加。
まあ、仕方ないだろう。
しかしよりにもよって、今年は長崎の事件が多かったなぁ・・・。

教員のFは、4月からシドニーの日本人学校に勤務しているのでこちらも不参加。
久しぶりに教員Gが、長野から参戦する予定だったが、こちらも奥方の体調が悪いという事で不参加。
結果、いつもの仲間Wと二人だけの有馬になってしまった。

ちょっと気合いが抜けたが、予想はしっかり行う。

今週1週間いろいろと考えたが、やっぱり5強の勝負となるだろう。
メンバーが充実しているだけに、3着あたりにはねじ込んでくるかもしれないが、伏兵の一発はちょっと考えづらい。

メイショウサムソン
ダイワメジャー
ポップロック
ダイワスカーレット
ウオッカ

後は、5頭の順位付けだ。

本命はメイショウサムソン。

天皇賞は他馬に不利があったとはいえ王道で勝ち、JCも負けてなお強しの印象。
前を捕らえきれない可能性はあっても、後ろから差されるイメージはない。
馬場も荒れていないようだし、内々を上手く進んだ武豊が、早めに抜け出し前の馬をきっちり捕らえる。

対抗はポップロック。
名手ペリエをして、「ディープなき後この馬が日本最強馬」と言わしめた。
まあ、ペリエがまだダイワスカーレットとウオッカの本当の強さを知らないだけかもしれないが、天皇賞、JCとも安定したレースをしており、堅実さではメイショウサムソンに勝るとも劣らない。

三番手はダイワメジャー。
マイルのG1を3勝しているので、ここは距離が長いと思われているが、昨年はこのレースを3着。
今年は不利があって惨敗したが、昨年秋の天皇賞を勝っている。
府中の2000mは、単なるマイラーに勝てるほど甘いレースではない。
中間も猛調教をこなしているところを見ると、マイルチャンピオンシップから5週間空いたので疲れもほとんど残っていないだろう。
昨年よりもフレッシュな状態と見る。

ダイワスカーレットとウオッカは、歴史に残る名牝だ。
すでに伝説は始まっていて、この後順調であれば、この2頭は何度も名勝負を見せてくれるに違いない。
来年に向けての話題と言う点では、JRA的にはこの2頭でワンツーを決めてもらいたいくらいだろう。
しかしいかんせん3歳牝馬。
ヒシアマゾンはナリタブライアン以外に先着を許さなかったが、あのときとはやはりレースのレベルが違う。
頑張っての2着はあっても頭はないだろう。


◎メイショウサムソン
○ポップロック
▲ダイワメジャー
△ダイワスカーレット
△ウオッカ

一応5頭の順位は付けたものの、馬券は手広く。
◎○▲を1着固定、2着と3着は全馬に流して3連単36点。
それと外国人騎手4人の運連ボックスを少々。
[PR]
有馬まですでに2日しかないので、今日はまとめてぶった切り。

・年内未勝利馬

ドリームパスポート
コスモバルク(中央で勝ち星なし)

・前走二桁着順

インティライミ
サンツェッペリン
マツリダゴッホ

・G1で連帯なし

レゴラス

さあ、これで大分絞れてきたぞ。

明日以降に続く。
[PR]
有馬記念まで後3日。
1頭を除いて昨日追い切られたが、有力馬はそれぞれ順調に、いや究極に仕上げられているようだ。
ますますもって難解な有馬記念・・・。

さて、唯一本日追い切られたのがロックドゥカンブ。

この馬、南半球生まれという事で、牡馬なのにダイワスカーレットやウオッカと同じ53kgで出走できる。
メイショウサムソンとの差は4kgもある。

菊花賞では敗れたとは言え3着。
わずか4戦のキャリアと、出走馬中最速の上がりを記録していた事を考えれば、負けて尚強しと言えるだろう。
上位2頭が回避したので、この馬が菊花賞最先着馬となるのだが、過去、菊花賞を勝って有馬に直行した馬の成績は、過去20年で以下の通り。

2005年ディープインパクト1着
2002年ヒシミラクル11着
2001年マンハッタンカフェ1着
1999年ナリタトップロード7着
1998年セイウンスカイ4着
1995年マヤノトップガン1着
1994年ナリタブライアン1着
1993年ビワハヤヒデ2着
1992年ライスシャワー8着
1991年レオダーバン13着
1988年スーパークリーク失格(3位入線)

失格のスーパークリークを除く10頭中、4頭が勝ち2着が1回。
勝った馬のうち2頭は三冠馬だが、残りの2頭は春のG1未出走で、夏以降に力を付けた上がり馬だ。
しかも今回の鞍上は、世界のマイケル・キネーンだ。

では今回のロックドゥカンブも結構可能性アリ?

デルタブルースと違ってこの馬はスッパリ切りづらいが、そもそも菊花賞を勝てなかったという時点で、まだこのメンバーで勝ちきる力はないと見る。
同じ上がり馬→直行で負けたヒシミラクルは、有馬で最速の末脚を記録しているが、位置取りが後ろ過ぎて惨敗した。
キネーンならうまく中段に取り付けそうだが、ここで勝てるなら菊花賞も難なく勝てていたのではないだろうか。

そう、そもそもこの馬、菊花賞馬じゃないんだよね。
ちょっと怖いが、ロックドゥカンブも、はい、消えたっ!

さらに続きは明日以降。
[PR]
体調が悪いが天気も悪い、そして日曜の天気も悪そうだ。
今のところ、降水確率は50%。
雨となると、また予想も難しくなる。
もちろん有馬記念の事だ。

今年の有馬は、いくつか気になる点がある。
まずはデルタブルース。

今年はダイワメジャー、スカーレットの2頭が活躍したが、過去20年間で、兄妹馬が活躍した年が2年ある。
87年のニッポーテイオー&タレンティドガールと、88年のタマモクロス&ミヤマポピーだ。

88年はタマモクロスvsオグリキャップの2強対決だったが、87年は天皇賞(秋)→MCSを連覇したニッポーテイオーが早々と休みに入ってしまい、主役不在の有馬記念となった。
しかも桜花賞、オークスの春2冠を制し、エ女王杯で2着になるまで3歳(当時4歳)になってから8連勝していたマックスビューティー、そのマックスビューティーを破ったタレンティドガール、JCで3着と日本馬で最先着したダイナアクトレスなど、有馬には珍しく有力牝馬が多数登録。
おお、JCを勝ったアドマイヤムーンが早々と引退しちゃった今年の有馬に、どこか似ている。

では、この87年の混戦有馬を制したのは・・・、伏兵のメジロデュレンだ。

その図式で言うと、去年の菊花賞馬という事になるが・・・。
ソングオブウインドはいない、その前の年のディープも去年引退した。

いたいた、3年前の菊花賞馬、デルタブルースが!
パワー型で雨にも強そうだし、人気も落として10番人気くらいになりそうだ!

・・・いやしかし、いくらなんでもそれはないだろう。
当時は主役不在の混戦で、今年は出走馬のG1タイトル合わせて17冠の混戦。
レベルがあまりにも違いすぎる。

という事で、デルタブルースは、はいっ、消えたっ!

続きは明日以降。
[PR]
朝起きたら体がだいぶ楽になっていた。
が、入れ替わるように、下の娘が高熱発症。

私自身は症状が軽くなったが、インフルエンザを背負ったまま出社し、周りに撒き散らす可能性があるので、念のため会社を休んで病院に行く。
結果。

「インフルエンザは陰性でした。気管支炎が悪化しているようですので、咳と熱はそれが原因と思われます」

え゛っ?
インフルエンザじゃないの?

週末、体の節々があれだけ痛かったのは、単なる年のせい?
それはそれでショック・・・。

午後から会社に行こうかとも思ったが、まだ咳も酷いし、午後からカミサンが子供の面談で小学校に行くというので、インフルエンザ二人の様子を見ながら自宅待機することにした。

その間、先週末録ってままだった「美の巨人たち」と「風林火山」を見る。

おお、「泰西王候騎馬屏風図」って、こんな歴史の中で生まれたんだ。
面白い!

うーん、「風林火山」は川中島の合戦シーンでいい画が撮れたんで、削るのがもったいなくて1週放送を延長したらしいけど、たしかに迫力があった。
でも1時間の最終回は、これまでの回想シーンが20分くらいあったけどね(^_^;
そう言えば昨日、帰宅途中に立ち寄った本屋でGackt政虎の写真集売ってたけど、Gacktもハマり役だったなぁ。本物の上杉謙信像とは、だいぶかけ離れているんだろうけど(^_^;;

今日1日ゆっくり過ごせた。
さあ、明日からはまた仕事、仕事。
年末で忙しいし、気合入れないと。

と思って会社のメールアドレス覗いたら、なんか鬱陶しいメールばっかり来ている・・・。
1日休んだだけでこれかよ・・・。
[PR]
朝起きると、次男が高熱で学校を欠席し、下の娘もゲホゲホしていた。
嫌な予感がして体もかなりダルかったが、午前中、打ち合わせとMTGがあったので頑張って出社。
なんやかやで13時過ぎまでかかり、帰宅。

家に帰ると、入れ替わりでカミサンが子どもを二人を連れて病院に連れいていく。
診断結果はやっぱりインフルエンザ。
私は回復傾向だったので病院に行かずに家で寝ていたが、間違いなく私もインフルエンザだろう。

ちなみに一番症状の重い次男が、熱が38度台。
私は37度後半くらいだが、平熱が36度を切るので、通常時より2度近く熱が高い。
ただ、家族全員12月の初めに予防接種を受けていたので、この程度の症状で済んでいるようだ。
今のところ、カミサン、長男は無事で、下の娘も咳は出るが熱はない。

今回の家庭内蔓延の原因は、間違いなく私。

先週の金曜日から胃が焼けるように痛く、翌土曜日から寝込んだ事を考えると、うつったのは忘年会があった木曜日で、おそらくは帰りの満員電車の中だろう。

次男は熱が下がるまで登校停止。
私も無理すれば会社に行けるが、本日すでに隣の大食君(仮名)と、彼の前に座っている人が休んでいた。
年末の忙しいときに、これ以上部内に蔓延させる訳にもいかないので、明日は病院に行って薬をもらい休むことにした。

週末の有馬記念までに、体調万全にしておかなきゃならないしね。
[PR]